あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

タグ:WGIP ( 63 ) タグの人気記事

村上春樹と私とは個人主義的生き方が逆である

 有名な作家である村上春樹の人間性について疑問を感じていたのですが、文芸春秋に寄稿した彼の手記を読んで、「あぁ、やっぱりそうだったのか」と腑に落ちる気がしました。

 村上春樹は、父との関係がうまくいっていなかったのでは無いかと云う感じがしていたのですが、やはりそうだったという訳です。外国で長く暮らしていたり、彼の日本社会に対する関わりのなさは、父親との関係に原因が在ったと云えると思います。

 実は、私も父親との関係は決して良い方ではありませんでした。しかしそれは、村上春樹と真逆で、私の父の方が西洋かぶれしていて、息子の私はというと、祖父の影響もあってか戦前の日本人の生き方、つまり大和魂に共感していた為と考えています。

 近年の村上春樹は、日本社会との関わりを大分意識するようになったようですが、残念ながら、今回の手記を読む限り、彼の両親が生きてきた時代に対する理解が不十分で、歴史となった昭和の時代を日本文明の系譜として観る能力にいささか欠けていると感じました。

 しかしながら、これは村上春樹だけに限ったことでは無く、都会で育った、同じ団塊の世代に共通して云えることでは無いかと思っています。
文芸春秋 六月特別号より
d0001610_22330364.jpg



[ 和歌や俳句は自然との対話。自然との対話は祈りのことである。]
by antsuan | 2019-05-12 01:34 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

令和を白秋の時代として生きてゆきたいと思う

 我が国には四季があってそれぞれに色がつけられ、青春、朱夏、白秋、玄冬と表現していました。また、日本文明は言霊(ことだま)によって二千年以上も伝承されてきましたが、支那の表音文字である漢字を表意文字として使用することにより、人のこころを表現する術を飛躍的に高めて今日に至っております。

 このことにより、日本人は情緒豊かな民族として栄えてきました。それを殊更自慢する必要は在りませんが、誇りに思うことは大切です。何故ならば、それを伝承してきた父母を敬い、祖父母を敬い、祖先を敬い、そのまた先の神代の時代の祖先を敬うことに繋がるからです。
寿福寺の墓
d0001610_11545421.jpeg
 我々日本人は己の生きて来た時代を元号で表します。西暦1950年生まれの私は昭和の時代の人間です。しかし今に思うと、人生を四季に例えれば、昭和の時が青春で平成の代は朱夏で在った気がするのです。

 老年の今が果たして白秋の時代かと云うと、正直云って自信が無いのですが、少なくとも、日本文明を伝承する為の言霊を発し続けて行きたいと思っています。

 この世は陰謀に充ち満ちています。しかし、騙す人間と騙される人間だけでは在りません。騙されない人間が居てこそ、平和な人間社会を築けるのではないでしょうか。
d0001610_11544564.jpeg



           *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-05-02 12:10 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(2)

誰かがやらなければならないこと

 科学的な発見とか発明というものは、何時かは、誰かの手によってそれを実現されるものであるけれども、改革というのは誰かが命懸けでやらなければ実現しないものなのです。
 
d0001610_11103285.jpg

 統一地方選挙が終わりましたが、投票率の低さだけが目立った他人事の出来事でした。政治に無関心でいられる。これが平和と云うものなのでしょうか。

d0001610_20411135.jpg

 唯一の救いと云うか希望は、大阪維新の党が大阪都構想を再度掲げて市民の支持を勝ち取ったことです。国家を改革する烽火が上がったといって好いと思います。地方自治無くして民主主義はあり得ないのです。

過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2019-04-25 20:54 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

今も昔も陰謀は政治の常套手段

 陰謀は今も昔も政治を動かす常套手段です。しかし、中々その陰謀と云うのは表に出てこないので、現在進行形の謀略を指摘しても信じてもらえませんが、「陰謀」に無関心でいることは社会の平和を否定することでも在ります。

 幸いにして、情報通信技術革命の御陰で、陰謀が暴露されると、直ぐにその情報が一般市民にも手に入るようになりました。

 カルロス・ゴーン日産元会長の逮捕劇についても様々な見方が在りますが、ルノーの株主であるフランス国家が、電気自動車の先進技術を持っている日産と三菱自動車を乗っ取ろうと企んでいたことが事件の発端と云われています。いまや、産業スパイと政治的謀略は一体となっていると云っても過言ではないでしょう。

 下の藤井厳喜の報告にも在るように、トランプ大統領のロシア・ゲート疑惑も中共と手を組んだアメリカの政治家による謀略でした。

 
d0001610_11314987.jpg

d0001610_11315461.jpg

 このことから、平成と云う時代を振り返ってみると、自由貿易とは裏腹の、日本企業を揺さぶり日本国経済を破壊する謀略が幅を利かせていた時代だったのです。

           *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-04-16 18:44 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

日本人の日本人による日本人の為の憲法

 エイブラハム・リンカーンは、南北戦争最中のゲティスバークにおいて、次のような演説をしました。
 
80と7年の昔、我々の父祖は、自由を本義とし、すべての人間が平等に作られているという信念に捧げる新しい国をこの大陸に作り上げました。
今、我々は大きな内戦の中にいます。この国が、ひいては同じ本義と信念をもった国が、末永く続いていけるかが試される戦いです。我々はこの戦争のすさまじい戦場に集まりました。国が生き延びるため命をかけた人々の永眠の地としてこの戦場の一部を捧げるために来たのです。適切で、礼儀にもかなった行いです。
しかし、より大きな目で見れば、我々はこの地を聖なるものとして捧げることはできません。生者であれ死者であれ、ここで戦った勇敢な人々がすでにこの地を聖なるものとしており、我々の取るに足らない力はそれにとても及ばないのです。世界は、いま我々が話していることを記録にも記憶にもとどめないでしょう。しかし彼らの行動を忘れることはありません。生者としての我々の使命は、むしろ自らを、ここで戦った人々が堂々と前進させた未完の仕事に捧げることなのです。我々はむしろ、残された大きな使命にここで自らを捧げましょう。我々は、誉れ高き死者が最大限の熱意を捧げた大儀により一層の熱意を向けましょう。彼らの死を無駄しないと固く決心しなければなりません。この国は神の元で新しい自由を生み出さなければなりません。そして人民の、人民による、人民のための政治が地球上から消えてはならないのです。
1863年11月19日
d0001610_08361710.jpg


 実は、戦艦ミズーリ号上のマッカーサー元帥によるラジオ演説の方が遥かに格調高い演説なのですが、それはさておき、大東亜戦争の日本においても、このリンカーンの言葉に在るように、天照大神の元に、人種差別のない、新しい自由を生み出されなければならなかったと云えるでしょう。

 そして、今日その「新しい自由」を日本において実現するには、アメリカ産の日本国憲法ではなく、日本人の日本人による日本人の為の日本国憲法を制定しなければならないのです。


 過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ

by antsuan | 2019-04-05 17:26 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

これは COMINTERN 「日本再興戦略」ー新しい日本を再定義するー の広告です

 還暦を過ぎると、自分の生きて来た時代を、歴史として、冷静に振り返ることが出来ます。

 幸いなことに、私は、戦前に教育を受けた、両親や祖父母に育てられましたので、大和魂をしっかりと身に付けることが出来ました。

 そういう意識を下に、日本から「正義」の概念が消えていくのを残念に思っていましたが、このような危惧を抱いていたのは私だけでなかったことを知って、私自身も日本再興の為に微力を尽したいと考えています。




d0001610_14150631.jpg

d0001610_14310862.jpg

d0001610_14314233.jpg

d0001610_14315522.jpg

d0001610_14321260.jpg

d0001610_14322961.jpg

d0001610_14333577.jpg
d0001610_09105965.jpg








d0001610_19122858.jpg


[ 和歌や俳句は自然との対話。自然との対話は祈りのことである。]
by antsuan | 2019-03-26 23:34 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

ゴキブリは殺すしかない? ヒットラーは熱心なキリスト教信者だった事を声高に言わねばなるまい。

 「ゴキブリが出たら殺すしかない」という前提で議論を進めたら、「ユダヤ人がいたら殺すしかない」とか「日本人は殺すしかない」という、キリスト教信者や優生学を信じる白人の考えも正しいことになる。

 少なくとも仏教ではそのようなことを教えない。神道でもそのような考えに基づいたしきたりは無い。


東京新聞から抜粋
d0001610_08572270.jpg


 争いは力のある者が始めるものと相場は決まっている。何故ならば、負けると分かっている戦いをする権力者はいないからだ。

 そのことを考えると、ニュージーランドの銃撃事件には裏があるとしか思えない。銃撃の直前、襲撃犯の1人のものとみられるソーシャルメディア上のアカウントには87ページに及ぶ声明文が投稿されていたという。87頁に及ぶ声明文を書くには相当な知性を持っていなければ無理だろう。銃には他国でイスラムテロリストに殺された人々の名前が書かれていたとも云う。

 これはどうみても、トランプ大統領を貶めるディープステイツの仕業だと考えるのが自然では無いだろうか。

 過去を振り返ってみれば、古くは十字軍、ルーズベルト大統領による太平洋戦争、そして、ブッシュジュニアによるイラク戦争など、「ゴキブリが出たら殺すしかない」と云う思想の持ち主が用意周到に戦争を始めた例は山ほど在る。

 ディープステイツが次に狙っているのは経済大国の日本であると考えておいた方が良い。つまり、「暗黒の東京オリンピック」のシナリオは出来ているのだ。

d0001610_09060389.jpg

            *  *  *

   正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-03-23 11:34 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

我々祖先は敗戦利得者の為に命を投げ出して戦ったのではない

 日本弁護士連合会(日弁連)の副会長に外国籍の弁護士が就任すると云う。それ自体に問題はない。しかし、日本を侵略する意図を露にしている団体の代表を務めていた、つまり、日本に忠誠を誓うつもりの無い者が、日本の法曹界の要職につくことに違和感を覚えるのは私だけではないだろう。

d0001610_10152269.jpg
d0001610_10153656.jpg
d0001610_10155838.jpg

            *  *  *

     正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-03-12 08:08 | 司法 | Trackback | Comments(3)

今日から「東京大空襲」改め「東京空襲大虐殺」と呼びましょう。

 戦時国際法というものが在って、非戦闘員を殺してはならない決まりになっているのですが、どういうわけか東京新聞の編集長はそんなことにも無関心のようです。
d0001610_12573163.jpg
 母は秋田の実家に疎開していましたので難を逃れましたが、この時の空襲で世田谷の家は焼けてしまいました。また、昔、職場で働いていた女性事務長は、この空襲で逃げ惑い、トンネルの中で押しつぶされて死にそうになったそうです。そのせいかどうか判りませんが、この事務長の背骨は大きく曲がっていました。


 それを声高に叫ばないで、積極的に印象操作をしている東京新聞は悪魔に魂を売った敗戦利得者と言うべきでありましょう。


       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-03-10 09:26 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)

国連が解体されれば、必然的に、日米安保条約は解消されます。


 今の日本人は日米安保条約に無関心ですが、国際連合については国際平和の為に必要な組織だと思っているのではないでしょうか。

 東京新聞より抜粋 ノーベル平和賞を受賞したマララさんは、頭に銃撃を受けたのにも係わらず、髪の毛を剃らないで頭の手術に成功した世界最初の人と云われています。
d0001610_11470990.jpg

 ところが、国際連合がまやかしのものである事は朝鮮戦争の勃発によってハッキリしています。

 マッカーサー元帥がトルーマン大統領との会談で東京裁判などやるべきではなかったと批判し、アメリカ議会の公聴会では日本が戦争をした理由は自衛の為だったと明言した理由は、正にそのことを言っているのです。

 国際連合はUN,つまり、連合国の事を云います。この連合国をよりどころにして、サンフランシスコ講和条約が結ばれると同時に日米安保条約が結ばれたのです。

 ですから、国際連合が解体されれば日米安保条約もその効力を失うのです。

 国際連合の中には様々な平和維持のための機関が存在していますが、はっきりいって、そのどれもが機能していません。先進国だけのサミットが開催されるのは国連が機能して居ない証拠です。

 日本の国会が機能不全に陥り政治が腐敗した理由は、この国際連合にたぶらかされているからではないかと思うのであります。とすれば、この国際連合を解体する事により、日本の政治は健全なものになると考えています。

 それを言い出す国会議員がいないと云う事は、戦争を始めた当時の日本人よりも今の日本人の方が無能だと云う事になります。
 

           *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-03-02 12:13 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)