あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

タグ:情報 ( 49 ) タグの人気記事

景気が良くなっている?? そんなことが嘘だってことはとっくに肌で感じていますよ。

今頃、何を言ってるんですか!

 早いもので、渡部昇一上智大学名誉教授が亡くなられてから二年が経とうとしています。報道関係者は、その渡部昇一が使い始めた敗戦利得者という言葉の範疇に入ります。ですから、国民に真実を教えない事を生業としていると考えておかねばなりません。
d0001610_14350845.jpg

    数年前とは格段に小さくなった次男の誕生日祝いのケーキ
d0001610_14352184.jpg

 景気が悪くても、ケーキが小さくなっても、卑怯者が蔓延る社会にしてはなりません。日本人は、損得で生きる文化人ではなく、善悪で生きる文明人で在るべきだと思っています。なぜなら、祖先がそのように生きてきましたから。

 以前、出光佐三のアポロ石油が新聞広告に載せた「日本人にかえれ」とはそういう意味です。

           *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-02-10 20:27 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

未来を悲観している日本人に言いたい。情報戦に勝つ為に自己変革をしよう!

 情報戦争が始まっているということは、既に侵略が始まっていると云う認識を持たねば成りません。

 情報戦の重要性を認識するに相応しい冊子として、西暦一九六九年にスイスの国民保護庁が国民に配布した『民間防衛』(civil defense)があります。それによれば、敵からの侵略には次のような段階を踏んで攻めて来ると説明されています。

第一段階 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳。
第二段階 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導。
第三段階 教育の掌握。国家意識の破壊。
第四段階 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用。
第五段階 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う。
最終段階 国民が無抵抗で腑抜けになったら、大量移住して侵略完了!


 スイスは「国民皆兵」だけあって、防衛に関する意識がこれだけ高いのです。翻って我が国民の意識を見てみるとゾッとしてしまいます。

 しかし悲観することは在りません。日本人は外圧に弱いと云うか、外圧をうまく利用する文化が在ります。

 米国に征服されて、「日米安保体制」と云う強制的枠組み(フレームワーク)の中で、軍事力を捨てて民間の力で経済的発展を遂げ、平和を維持してきました。その戦後レジームを日本が後生大事に守っている間に、かつての連合国は相変わらず紛争に明け暮れてどんどん衰退しています。

 ザマー見ろと云いたいところですが、こんどは歴史的覇権主義民族の中華人民共和国が日本に情報戦を仕掛けて侵略を図っています。

 ならば、この外圧を利用しない手は在りません。新しい侵略が始まっているのですから、古くなったフレームワークを積極的に壊して、新しいフレームワーク作りに着手する必要が在ります。

 そこで、国際連合(UN)という古いフレームワークを自分の頭の中から解体してみましょう。

 明治維新は、無血で、新しいフレームワーク作りに成功した例です。ですから、日本の首相が現代の坂本龍馬になり、ロシアのプーチン大統領(西郷隆盛)と米国のトランプ大統領(勝海舟)に、新しいフレームワーク作りの働きかけをするのです。

 国際連合(UN)が消滅すれば、憲法前文に掲げられているような「平和を愛する諸国民」は居なかったことに日本国民は気付きます。

 必然的に、日本人は独立自存の必要性を理解し、新しい国家体制をどうしたら良いか真剣に考えることになるでしょう

 

d0001610_20253879.jpg
d0001610_20255718.jpg




       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-01-17 12:54 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

「南京虐殺事件」を信じる人は「黄河決壊事件」を知らない人である。

 解禁されたアメリカの超機密文書によって大東亜戦争の真実がどんどん明らかになっています。しかし、最近ではインターネットによる情報においても、情報通信技術を悪用して真実の伝承を妨害する手段が一般的に使われるようになり、本当の歴史を知ることが難しくなってきました。

 特に南京事件では城壁で囲まれた都市が戦場になったこともあり、市民が巻き添えになることは戦争を知らない今の人たちにも容易に想像がつくので、嘘が未だにまかり通っています。

 しかしながら、「黄河決壊事件」という本当に庶民を巻き添えにした作戦を国民党軍が実行したことを知れば、南京虐殺事件が全くの嘘であることは、直ちに納得できるはずです。

 

            *  *  *

     正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して
d0001610_01372453.jpg


by antsuan | 2019-01-14 16:41 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

温暖化すれば地球生命は繁栄する。大恐竜時代の温暖化は今の10倍以上だった !

 産業革命以後、工業化が進み、それに伴って自然環境の破壊が著しく目立つようになってきました。しかし、自然環境の破壊は今に始まったものではなく、ピラミッドを造ったエジプト文明や奈良時代の日本においても都市化することによって自然が破壊されています。

 そういう意味では、文明化と自然破壊は対を為すものと云えます。しかし、何時の時代からはハッキリしませんが、日本では林業が産業として栄えて来ました。その事を考えると、日本人は自然の恩恵を大切にして来たように思います。
d0001610_13412632.jpg

 エネルギーについても同様です。木材を薪ではなく炭にして使い、火力として有効に使用していました。そして現代は、核エネルギーをどのように有効に使うかがこれからの人類に課せられた課題といえます。
d0001610_09353931.jpg
d0001610_09355333.jpg

 ところで、地球規模あるいは宇宙規模で考えれば、火山の爆発、地震や嵐、それに隕石の衝突など、自然破壊は日常茶飯事のこととも云えます。そういった観点からとらえれば、人類が犯している自然破壊などかわいいものと云えなくも在りません。

 ですから、フクイチの原発事故は多いに反省しなければいけませんが、それによって核エネルギー研究開発を止めるのは、理学士の学位を持つものとして、自然の恵みを無視することになると考えます。


       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-01-09 19:34 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

今年一年を振り返ってみると、「フェイク」だらけの世の中から真実の光が射して来たように思います

 いままでの三十年間は、明らかに貧富の差が激しくなり、善悪がないがしろにされてきた時代だった。ようやく、世界の価値観が「損得」から「善悪」に変わって来るような気配がするけれども、同時に、そのことによって戦争の烽火が燻り始めているようにも思う。

 平和裏に貧富の差が解消される手だてはないだろうか。
d0001610_11495089.png
d0001610_11462033.jpg
d0001610_11463502.jpg
d0001610_11464240.jpg
d0001610_11464904.jpg
d0001610_11465545.jpg
d0001610_11470328.jpg



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-12-30 23:26 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)

「中国共産党」は国際謀略組織「コミンテルン」の末裔で在ることがはっきりした

「中国人を見たらスパイと思え」 そう断言出来る事件がカナダでのファーウェイCFO逮捕なのです。


MAG2 NEWS より抜粋
d0001610_10561162.jpg

 チャイナとアメリカの経済戦争はこれで決着がつきました。同時に、トランプ大統領を攻撃していた民主党も矛を収めざるを得なくなるでしょう。

 お人よしのリベラルを主張する日本人も、この事件で中共の脅威に目が覚めてほしいものです。


 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2018-12-15 11:30 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(2)

武力による戦争がいやならば、情報戦争に勝つしかない。

 今の日本人はアメリカの、いや、ディープステイツを形成している巨大金融資本家たちの家畜のようなものなのです。ですから、「活かさず殺さず」的に財産を搾取されているのです。

 本来、生まれながらの日本人は日本国株式会社の永久株主なので在ります。しかし、もしこの国が外国人資本家に乗っ取られたら、我々日本人は日本国株式会社の永久労働者に成り下がってしまうのです。

 それでいいんですか。

 「それでいい」という日本人を敗戦利得者といい、真の愛国心を持った日本人と区別しなければなりません。彼らは、巨大金融資本家たちの片棒を担ぎ、情報戦争のテロリストとして活躍しているからです。

d0001610_11435018.jpg




       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2018-11-04 11:54 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)

足を骨折した選手、這って襷を渡す。これを美談と言わずして何が美談か。

 女子駅伝の予選で、足を骨折した19歳の選手が残り二百メートルを這って行き、襷を渡してリレーを繋いだという報道に思わず感動してしまいました。

d0001610_11165747.jpg

 ところが、これを美談とすべきではないという意見が在ると知り、がく然としてしまいました。これを美談とすべきでないと主張する人々は、いったい何を持って美談とするのでしょうか。

 マラソンとかリレー競技の由来を知れば、この選手の精神こそがマラソンの意味で在ることが解るはずです。

 しかし、日本人は、WGIPに洗脳されており、歴史における日本人の美談の数々を知らされていないので、このようなトンチンカンな意見が出てくるので在りましょう。


      【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2018-10-24 12:30 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(0)

プラゴミ分別の理由はここにあったのか。チャイナはプラゴミを欲しがっていた。

 チャイナがプラスティックゴミを輸入していたなんて全く知りませんでした。

 中部大学総合工学研究所特任教授の武田邦彦先生が常々述べているように、ゴミの分別は全く無意味なのに、何故、行政がそれを推進しているのかがどうしても理解出来ませんでした。

 しかし、チャイナがプラスティックゴミを欲しがっていたというのならば話は別です。日本政府はチャイナの意向に沿ってプラスティックゴミを集めるように画策していたのでしょう。

 
 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]

by antsuan | 2018-10-20 07:43 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)

米国はクーデターがお好き

 今回、米国でクーデター未遂事件が起きていたことが明らかになりました。トランプ大統領は就任以前からさまざまな形で妨害を受けていましたので、そういう危険は十分予想していたと思います。

 また、米国と云う国においては、途中で副大統領に職務が変わった時は、クーデターが在ったと断言していいと思います。具体的に言えば、ルーズベルトから副大統領のトルーマンに代わった時、ケネディからジョンソン副大統領になった時、さらにニクソンからフォード副大統領になった時は、いずれもクーデターによるものと考えられます。

 これほど頻繁にクーデターが起きるのは何故でしょうか。それは米国が超巨大金融資本家によって牛耳られているためでありましょう。トランプ大統領のいうディープステイツが存在しているのです。
            東京新聞より抜粋
d0001610_16033811.jpg


           *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-09-28 16:59 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)