あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

タグ:平和 ( 51 ) タグの人気記事

五箇条の御誓文だけでなかった天皇の大御心を表した文(明治維新の真実)

 天皇の譲位により元号が変わる事で、日本国における天皇の意味について広く議論される事になりました。この事は、日本の将来だけでなく、文明とは何かを考える良い機会になると確信しています。

 その古い歴史をひも解けば、外国からの侵略を防ぐために、既に日本は国家として一つに纏まっていたことが分かります。その国家として纏まっていた証が元首、即ち天皇なのです。

 近代の日本が西洋からの侵略を防ぐ事が出来たのも、天皇の地位が、国家の元首として、揺るぎないものであったからです。その明治天皇が神に誓った五箇条の御誓文は良く知られていますが、その時に、国民に対して明治天皇が約束された御言葉については、今まで全く知りませんでした。

 こちらのブログから拝借して、その御言葉を掲載します。

億兆安撫国威宣揚の御宸翰(おくちょうあんぶこくいせんようのごしんかん)
朕幼弱を以て猝(には)かに大統を紹き爾来何を以て万国に対立し列祖に事へ奉らんかと朝夕恐懼に堪えざるなり。蜜かに考ふに中葉朝政衰へてより、武家権を専らにし、表には朝廷を推尊して実は敬して是を遠ざけり、億兆の父母として絶えて赤子の情を知ること能はざるやう計りなし、遂に億兆の君たるも唯名のみに成り果て、其が為に今日朝廷の尊重は古に倍せしが如くして朝威は倍(ますます)衰へ上下相離るること霄壌(しょうじょう)の如し。斯る形勢にて何を以て天下に君臨せんや。今般朝政一新の時膺(あた)りて天下億兆一人も其所を得ざるときは、皆朕が罪なれば、今日の事朕躬(みずか)ら身骨を労し、心志を苦しめ、艱難の先に立ち、古列祖の尽させ給ひし蹤(あと)を践(ふ)み、治績を勤めてこそ、始めて天職を奉じて億兆の君たる所に背(そむ)かざるべし。往昔列祖万機をみずからし不臣の者あれば自(みずか)ら将として之れを征し給ひ、朝廷の政、総(すべ)て簡易にして此の如く尊重ならざる故、君臣相親(したし)みて上下相愛し、徳沢天下に普(あまね)く、国威海外に輝きしなり。然るに近来宇内大いに開け、各国四方に相雄飛するの時に当り、独り我国のみ世界の形勢に疎(うと)く、旧習を固守し、一新の効を計らず。朕徒(いたず)らに九重の中に安居し、一回の安きを偸(ぬす)み、百年の憂を忘るる時は遂に各国の凌悔を受け、上は列祖を辱しめ奉り、下は億兆を苦めんことを恐る。故に朕ここに百官諸侯と広く相誓ひ、列祖の御偉業を継述し、一身の艱難辛苦を問はず、親ら四方を経営し、汝億兆を安撫し、遂には万里の波涛を開拓し、国威を四方に宣布し、天下を富岳の安きに置かんことを欲す、汝億兆旧来の陋習に慣れ、尊重のみを朝廷の事と為し、神州の危急を知らず。朕一度(たび)足を挙げれば非常に驚き、種々の疑惑を生じ、万口紛紜(ふんうん)として、朕が志を為さざらしむ時は、是(これ)朕をして君たる道を失はしむるのみならず、従て列祖の天下を失はしむるなり。汝億兆能能(よくよく)朕が志を体認し、相率(ひき)ゐて私見を去り、公儀を採(と)り、朕が業を助けて神州を保全し、列祖の神霊を慰し奉らしめば生前の幸甚ならん。

現代語訳
私は幼く弱いので突然皇位を継承して以来、どうやって世界と渡り合い、御先祖様にお仕えしようか、そのことを毎日心配している。じっと考えていたことがある。中世に朝廷のまつりごとが衰えると武家が権力を握り、表向きは朝廷を崇めて、実際は敬して遠ざけ、万民の親として子がどうなっているかを知ることが出来ないように仕向け、ついには万民の君主と言っても名ばかりのものに成り果ててしまった。そのために今日、朝廷は昔よりずっと尊重され、その力はますます弱くなり、民との距離は天と地ほども離れてしまった。このような状態でどうして天下に君臨できようか。いま、朝廷の政治を一新する時にあたって、天下万民が力を奮えないようなら、それは私のせいである。自ら骨を折り、心を悩ませ、皆の先頭に立って困難にあたり、御先祖様が歩まれた道を歩んで統治に努めてこそ、はじめて万民の君主となれるのである。その昔、御先祖様は何ごとも自ら行動された。従わぬものがあれば自ら軍を率いて討伐し、朝廷のまつりごとは何ごとも簡素で今のように重々しいものではなかったので君主も臣下も仲が良く、互いに思いやりを持ち、その恩恵は天下にあまねく広がり、国威は外国にまで輝いたのだった。それなのに最近では、世界が大いに発展し、各国は世界で雄飛しているという時に、ただ我が国だけが世界情勢に疎く、古い習慣に固執し、改革が進まない。宮中で安穏としてその場その場で楽をして、長期的な問題を忘れたせいでついには各国に攻めこまれ、御先祖様を辱め、万民を苦しめることになることを、私は恐れている。それゆえ、私はここに、百官諸侯とお互いに約束する。御先祖様の御偉業を継ぎ、自らの艱難辛苦をものともせず、自ら国家を経営し、あなた方国民全体を幸せにし、最終的には遠く海外を開拓し、国威を世界中に広め、天下に揺ぎ無き平和をもたらしたいと思う。あなた方国民は、昔からの悪い習慣に慣れて、朝廷を敬うばかりで、神国日本の危機に気付いていない。私の一挙手一投足に驚いて、あれこれと疑って、皆で混乱して私の志を遂げさせないならば、私を君主として挫折させるばかりか御先祖様の国を滅ぼすことになる。あなた方国民がよくよく私の志を理解して、助けあって自分の利益ではなく公共を取って、私の仕事を助けて日本を保ち、御先祖様の霊を慰めてくれるならば、生涯の喜びとなるであろう。
 この時代に、国の君主や元首が国民に向かってこのような約束をした国が他に在ったでしょうか。そのことを考えただけでも、天皇が文明国家の証であり、日本の将来のためになくてはならない存在であることが理解出来ると思います。


           *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-04-14 22:30 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

堀口大學の碑を見詰めてきた春秋

朝の散歩道の途中に堀口大學の碑が在る。

  「花はいろ 人はこころ」

 人はこの詩を見て様々に解釈することだろう。その解釈はその人の生き様によって違ってくるはずである。しかし、私はこの「人のこころ」を「大和ごころ」と解釈したい。

 堀口大學は、私の祖父と同じに、帝国主義真っ只中の世界を見てきた洋行帰りの明治人である。そして、日本人ほど「美」の感性を豊かに持っている民族はいない。

 それ故に「花はいろ 人はこころ」のこころは「美しいこころ」の意味を表しているのだと、年を重ねるにつれ、想いが募ってくるのだ。

d0001610_18444032.jpg


       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-04-07 09:35 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

何で人は自分がいないかも知れない明日のことを心配するのだろうか。

 今、私が住んでいる葉山は極めて平和な町です。回りには貧乏な人は一人も見当たりません。もちろん、乞食も居ませんし浮浪者もいません。

 しかし、この平和は天の恵みだと思ったら大間違いです。平和のために命を懸ける人がいてくれるからこそ、平和が保たれていることを忘れてはならないのです。
d0001610_16353006.jpg
d0001610_18444032.jpg
d0001610_16362111.jpg
d0001610_16364198.jpg






 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2019-03-31 16:59 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

福祉経営学の学位を授与されました

 昨年の春に、社会福祉士の国家資格を取得する目的で日本福祉大学に編入学しましたが、秋までは何とか講義を聴いて勉強していたものの、実習前の演習講義でD判定をもらい、留年が決定していたと思っていました。

 なので、全くやる気がなくなり、大学の講座は勿論のこと大学事務室からのメールを見ないでいました。

 ところが、退学届けを出そうと思って、久しぶりに大学に連絡をとって分かったのですが、社会福祉士の国家資格を取得する必要がないのならば、卒業に必要な単位を取得しているので、卒業は可だったのです。

 という訳で、晴れて、福祉経営学士の学位を取得することが出来ました。正直なところ、社会福祉事業を経営している者として、この肩書きがあれば仕事がやり易くなります。

d0001610_14513724.jpg

          *  *  *

   正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-03-22 00:57 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)

あの時代、ヒットラーだけが悪者だったのでしょうか?

 あの第二次欧州大戦と大東亜戦争が終結してから、既に、七十有余年が経ちました。しかし、まだ世界のあちこちで紛争が絶えません。しかも、その紛争地域への武器提供は、なんと八割以上が国際連合の常任理事国からのものだそうです。

 もし、ヒットラーだけが悪者だったら、彼が死んだ後に悲惨な虐殺や粛清が起こるはずが在りません。

 今、歴史を振り返ってみれば、あの時代の悪者はヒットラーだけではなく、スターリンやルーズベルト、それに毛沢東も同様に極悪非道な悪者であったことがハッキリと判ります。もちろん、東條英機などは全く悪者なんかじゃなかったのです。

津波に遭った一年後の南三陸町の姿
d0001610_21205189.jpg
 また今年も三月十日がやって来ます。東京空襲大虐殺が遭った日です。三月十一日は天災に遭った日ですが、それ以上に戦争の悲劇を忘れてはなりません。

 旧約聖書で人殺しや強姦が許されている以上、この世から戦争はなくならないと思います。ですから、自衛の為に戦う心の備えは常にしておかねばならないのです。


            *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-03-04 07:24 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

自然への畏敬の念を理解した医者の卵の報告書

 北里大学医学部では自然の中での体験実習を授業の一環として取り入れています。「都市化が人の精神的肉体的免疫機能を弱めている」と解剖学者の養老孟司が云っている通り、人は自然の中で育つことが他の動物と同様に必要なのです。

北里大学医学部ニューズNo.389より抜粋

d0001610_14265355.jpg



       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-02-18 05:00 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

文明人は善悪で考え、文化人は損得で考える

 二千年以上も続いてきた日本文明は、人類の繁栄の為に寄与する、世界に誇れる思想なのです。
d0001610_15565218.jpg


 しかし、そのことを認識出来ない日本人が非常に多くなってきてしまいました。その理由は、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)に多くの日本人が洗脳されたままで居るからなのですが、それでも、敗戦利得者である教育関係者、司法関係者、報道関係者、政治家以外の人々は、戦後レジー厶のまやかしに気が付いてきました。

 戦後レジームというのは世界的規模で云えば国際連合の文化体制のことです。

 その国際連合は世界平和がうたい文句で、お人好しの日本人はそれを信じて疑わないのですが、実際は冷戦状態維持の為に存在しているのです。ですから、一旦はソ連の崩壊によって冷戦が終結したのにも係わらず、世界平和が実現すると国際連合の存在価値が消滅してしまうことを恐れた連中が、平和を享受しようとしていた中東で無垢な市民を巻き込んだ戦争を次々にしかけています。

 国際連合を作った国家は損得だけを考える民族集団です。しかし、人類の平和を求めるのならば、損得ではなく善悪で考える民族集団が国を治めるべきです。

 文化人は損得でしかものを考えません。我々日本人は善悪でものを考える文明人です。ですから、日本人が声を上げなければ人類に平和はやってきません。

       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-02-08 22:29 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

古事記の倭建命の歌は神風特攻隊の遺書と同じだった


 以前に、国の政治が乱れるのは外圧に因るもので、それは今も昔も変わっていないと書きましたが、「日本書紀」「古事記」が編纂されたのも外圧により国防を強く意識したからと云えます。

 そして、日本を平定した倭建命(ヤマトタケルノミコト)の歌は、神風特攻隊で散った兵士の遺書と代わらぬ、望郷と国の安寧の願いが込められているのです。

 従って、古事記は、単なる歴史書ではなく、安国を創った"英雄"がこの国にいた事を世界にまた後の世に伝える為のものであったのではないでしょうか。

 現代の平和な社会を享受している日本人は、果たして、この平和な国を守る為に散っていた名も無き英雄のことを後世に伝える努力をして居るでしょうか。それをせずに、安国を守ることが出来るのでしょうか。
d0001610_19351530.jpg
d0001610_19353185.jpg
d0001610_19354255.jpg
d0001610_19355811.jpg




           *  *  *

   正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-01-22 22:04 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

「南京虐殺事件」を信じる人は「黄河決壊事件」を知らない人である。

 解禁されたアメリカの超機密文書によって大東亜戦争の真実がどんどん明らかになっています。しかし、最近ではインターネットによる情報においても、情報通信技術を悪用して真実の伝承を妨害する手段が一般的に使われるようになり、本当の歴史を知ることが難しくなってきました。

 特に南京事件では城壁で囲まれた都市が戦場になったこともあり、市民が巻き添えになることは戦争を知らない今の人たちにも容易に想像がつくので、嘘が未だにまかり通っています。

 しかしながら、「黄河決壊事件」という本当に庶民を巻き添えにした作戦を国民党軍が実行したことを知れば、南京虐殺事件が全くの嘘であることは、直ちに納得できるはずです。

 

            *  *  *

     正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して
d0001610_01372453.jpg


by antsuan | 2019-01-14 16:41 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

温暖化すれば地球生命は繁栄する。大恐竜時代の温暖化は今の10倍以上だった !

 産業革命以後、工業化が進み、それに伴って自然環境の破壊が著しく目立つようになってきました。しかし、自然環境の破壊は今に始まったものではなく、ピラミッドを造ったエジプト文明や奈良時代の日本においても都市化することによって自然が破壊されています。

 そういう意味では、文明化と自然破壊は対を為すものと云えます。しかし、何時の時代からはハッキリしませんが、日本では林業が産業として栄えて来ました。その事を考えると、日本人は自然の恩恵を大切にして来たように思います。
d0001610_13412632.jpg

 エネルギーについても同様です。木材を薪ではなく炭にして使い、火力として有効に使用していました。そして現代は、核エネルギーをどのように有効に使うかがこれからの人類に課せられた課題といえます。
d0001610_09353931.jpg
d0001610_09355333.jpg

 ところで、地球規模あるいは宇宙規模で考えれば、火山の爆発、地震や嵐、それに隕石の衝突など、自然破壊は日常茶飯事のこととも云えます。そういった観点からとらえれば、人類が犯している自然破壊などかわいいものと云えなくも在りません。

 ですから、フクイチの原発事故は多いに反省しなければいけませんが、それによって核エネルギー研究開発を止めるのは、理学士の学位を持つものとして、自然の恵みを無視することになると考えます。


       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-01-09 19:34 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)