あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2011年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

我が国は"司法権の官民格差"が著しく広がっている。

 我が国の政治腐敗は留まるところを知らないかのように、ますます酷くなってきています。立派な平和憲法があるのに何故なのでしょう。実はいまの憲法は立派なものでも平和的なものでも全くないのです。

 国民はもう既にお気付きでしょうが、この憲法は、連合国軍最高司令官総司令部つまり占領軍の権力を温存させるために、司法の独立性を保証しておりません。しかしそれを占領軍のせいにするわけにもいかない理由は、これでも戦前の憲法に比べれば司法の独立性は高められているからです。

 しかしながら日米安保条約によって、占領国の権力の温存は我が国が正式に独立したあとにも残り、司法の独立性はますます形骸化して行きました。

 それでも戦後の復興が進んでいる間は、国民はそのことにあまり関心を寄せていませんでした。そして、日米安保条約が物言わぬ天皇のように常態化すると、司法権は戦前の統帥権と同じく文民官僚の意のままに操られ、明文化された法といえども官僚が恣意的に国民を貶めるために使われるようになってしまったのです。

 いまの政治腐敗を一掃させるためには、この安保条約を破棄するか、それとセットになった憲法を改め、司法権を国民の手に戻す以外に手はありません。

 ところで、安保条約を破棄する事はなかなか出来ないと思われがちですが、そのチャンスはあります。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を締結する替わりに、二国間の日米安保条約を廃棄するのです。かつて、米国は日英同盟を破棄させるために、日本、アメリカ、イギリス、フランスによる「太平洋に関する四ヶ国条約」を締結させました。その手を使うのです。

 逆に米国がこの手に乗ってこなかったら、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など締結する必要はありません。我が国民は粛々と不完全な平和憲法を改正し、司法権を国民の手に取り戻す事です。
by antsuan | 2011-10-18 18:12 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

秋晴れの港

 朝方降っていた雨も上がり、すっかり秋晴れの天気になった昨日の日曜日は、あちこちで運動会や競技大会が開かれていました。

 葉山新港も関東地区の大学のヨット部が集まり表彰式が行われていましたが、こちらの漁港も兼ねている旧港は、そういう喧騒も聞こえてくるもの、のんびりしています。
d0001610_13544051.jpg

by antsuan | 2011-10-17 13:54 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(0)

これからは、我が国も直接民主制の時代にしようではないか

 我が国の政治制度は、敗戦後にいや応なく、一神教国家で発展した間接民主制度を取り入れてきましたが、三権分立を疎かにしてしまったために、腐敗していた官僚制度が温存され、司法の民主制が失われてしまいました。

 その結果、情報通信技術が革命的に発達した現在においても、司法・立法・行政において、迅速性に欠け、弊害ばかりが目立ちます。内閣総理大臣や最高裁判所の判事については、三権分立を確定させるためにも、国民が直接選ぶべきです。

 国会は二院制のままにして、衆議院議員から内閣総理大臣を選び、参議院議員から最高裁判所の判事を選ぶようにすれば、三権分立が強固なものになると思います。

 そして、国会の議案は予算案といえども全て議員立法とするのです。そうすれば、行政府と国会は明確にわけることが出来ます。

 さらに最後に、年に一回は、議員および官僚の報酬についての認可を直接国民に問うことにより、直接民主制が担保されると考えます。
by antsuan | 2011-10-15 23:05 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

カワサキ エリミネーター250の整備完了

d0001610_15251858.jpg

 この、恰好良いアメリカンスタイルのカワサキエリミネーター250の整備を依頼したところは、ガレージ134タムラというカスタムバイクが何台も置いてある店です。仕事場から直ぐ近いので原チャリの中古を買ったり、普通に修理してもらっていたのですが、ホームページのギャラリーを見てビックリ。かなりマニアックな店でした。

 もちろん整備の仕上がりも上々。エンジン音もアイドリングが抑えられ、滑らかで落ち着いた感じがします。また、タコメーターを付けてもらったのも大正解でした。250㏄のエンジンですから回転数が高めになるのは当然のこと。それでも、機械式のタコメーターでは針がぴょんぴょん跳ねるのですが、電気信号をとり出す形式のものなのでメーターの動きが滑らかです。

 しかしラジエターの水垢の溜まり具合から、かなり長い間、エンジンを回していなかった可能性があるので、しばらくは余り回転数を上げないでエンジンを馴らす必要があるようです。

 よしよし、それこそ親父の出番というもの。通勤の足としてしばらく使うと致しましょう。
by antsuan | 2011-10-14 15:26 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(2)

韓流は亡国教育なり

歴史通十一月号(ワック出版)より
d0001610_18435056.jpg

  【レコードチャイナ】
ハングル一辺倒を反省?教育研究機関が小学校での漢字教育復活を提言―韓国
2010年2月2日、韓国教育課程評価院が教育科学技術部(日本の文科省に相当)に提出した報告書で、小学校のカリキュラムに漢字教育を再導入することが提言されたことがわかった。1948年のハングル専用法公布に続き、1970年以降の韓国では義務教育課程での漢字教育は撤廃されており、実現すれば40年ぶりの導入となる。韓国紙・朝鮮日報の1月30日付の報道を中国新聞網が伝えた。

報告書を提出した教育課程評価院とは、教科書の研究開発や検定・認定を目的に、韓国政府が出資して設立した非営利団体。教育科学技術部は、今後の新カリキュラムに同院の提言を一部反映することを認めている。報道によれば、教育科学技術部は体験学習の授業枠で漢字教育を行うことになっており、社会的な需要に照らし合わせて漢字教育をすすめていく方針だという。

昨年6~7月に父兄や教師5222人を対象として行われたアンケート調査では、83%(父兄89.1%、教師77.3%)が小学校での漢字教育復活に賛成しているという結果になっている。また、金鐘泌(キム・ジョンピル)元首相など歴代総理20人が連名で韓国大統領府に対し、小学校における漢字教育を促す意見書を提出して議論を呼んでいた。(翻訳・編集/岡田)
2010-02-04 12:44:26 配信


 韓国人は名前もハングル文字で書いているとばかり思っていたら、名前だけは漢字で書いていて、しかも、その漢字を学校では教わっていなかったんですね。知りませんでした。

 となると、韓流が日本にも浸透してくれば、日本人も名前だけは漢字にして、あとは平仮名ではなくローマ字で文章を書くっていう事が流行ってくるかもしれません。だって、日本の学校教育でもパソコンの文字入力は、わざわざローマ字入力を強制しているのですから。

 これはやはり亡国教育というべきではないでしょうか。
by antsuan | 2011-10-13 18:30 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(8)

報道の自由を手にした国民の勝利する日は近い。

d0001610_20204227.jpg

d0001610_20204723.jpg

 世界経済がガタガタになって、北アフリカでは革命が起こり、欧米でも政府批判のデモがあちこちで起きています。日本も例外ではありません。キッカケは3.11の東日本大震災とそれに続く福島第一原発の事故という不幸な出来事でしたが、国家が国民に対して嘘ばかりついてきたことに気が付き、目覚めたのです。

 悲しいことに、政治家や官僚、それに御用企業などは、まるで火事場泥棒のように復興財源や官房機密費を収奪しています。いままでも、国民の不幸をダシにして焼け太りしてきた彼らですから、その習性を正せるわけはありません。

 しかしながら情報通信技術のお陰で、いまや庶民は、まるで空気か水のように気軽に真実の情報を手に入れることが出来ます。そして、ずーっと騙されてきた国民は、もはや権力の横暴を恐れず、紙つぶてではありますが糾弾し始めています。

 世界は議会制民主主義の終焉を迎えているのです。我が国の政治家はそのことにいち早く気付かねばなりません。そして、国民が直接政治に関与する体制を確立し、人々が自由に且つ共存する社会を築くべきでありましょう。
by antsuan | 2011-10-12 20:22 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(4)

穏やかな体育の日のトローリング

d0001610_22222224.jpg

 今日、十月十日は正真正銘の体育の日です。晴れの特異日であるこの日、東京オリンピックが開催されたのでした。

 時は経って平成二十三年の十月十日は、ここ相模湾も同じように穏やかに晴れて、気持ちの良いセーリング日和となりました。
by antsuan | 2011-10-10 22:28 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(4)

コンピューターをパーソナルなものにした男

 本日は、地元のMacユーザーズクラブの会合において、アップル社を世界の一流企業にした創始者のスティーブ・ジョブズを追悼する会が催されました。

 大型コンピューターは既に世に出ていましたが、このコンピューターを市民の道具として使えるようにしたのが彼の業績なのです。マウスのボタンひとつで何でも出来てしまう便利さは、パソコンを文字や数字入力を主体とするタイプライターのイメージから引き離す、素晴らしい革命でした。

 彼の作ったコンピューターは、芸術品といっていいほど、外観や中身の画像の美しさに徹底してこだわっています。ウインドウズマシンと比較したとき、一目瞭然なのが文字の美しさです。彼は大学時代に洋式書道、カリグラフィーを学んだのでした。ですから、いまでも出版業界はマッキントッシュが市場を席捲しているのです。

 彼は日本でいえば本田宗一郎みたいな人物といって差し支えないでしょう。私が彼を尊敬する点は、アップル社に戻ってきた時、倒産しかかったこの会社のために、ライバルであったマイクロソフトのビル・ゲイツに頭を下げて、資金を用立ててもらったことです。これは彼が創業者だったから出来たことであり、それだけでなく私利私欲を捨て、良いものを創ろうと常に心がけていた証でもあると思います。

 彼は金もうけのために会社を作ったのではありませんでした。ですから、本当に偉大な人物と言えるのです。
                            合掌
by antsuan | 2011-10-09 21:49 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)

議会制民主主義が時代遅れの産物であることを証明した男、小泉純一郎

 
 上杉隆の本「小泉の勝利 メディアの敗北」を読むと、郵政民営化は目的ではなく手段だと小泉純一郎がいったと書いてあります。

 なるほど、小泉総理は天下統一だけが夢だったのか。かれは解散が目的だったのです。自民党をぶっ壊すという言い方は間違っていませんでした。自分に逆らう者は誰彼構わず追い落とすのが目的だったのです。

 しかし、彼のもう一つ凄いところは、天下統一して得た権力に執着しなかったことです。その理由はよく分かりませんが、多分、政治の汚らしさいやらしさに辟易としていたからでありましょう。

 だからこそ、解散という政局をわざわざ作り出し、自らその汚らしさいやらしさを駆使して、根底から議会制民主主義をぶち壊してしまったのです。

 もっとはっきり言えば、幕末の志士が自ら髷を切り刀を捨てたように、かれは総理大臣の座を捨てることによって、議会制民主主義がもはや時代遅れの産物であることを証明してくれたのでした。
by antsuan | 2011-10-08 22:45 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

小沢一郎の憂国論は視野が狭い

リンク: 大マスコミが伝えない小沢一郎 憂国論 - 速報:@niftyニュース.
 リンク先の記事が消えてしまうといけないので下に転記しますが、世界経済を考えると、巨大債権国の日本は、いまこそ指導力を発揮し、平和的経済発展の道筋をつけなければなりません。しかし、相変わらず重箱の隅をつつくような政治と金の問題で騒いでいます。
大マスコミが伝えない小沢一郎 憂国論
2011年10月7日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ

<「日本はゆでガエル」だ。中国の経済混乱に強い危機感>

 10月3日、民主党の小沢一郎元代表が、自ら塾長を務める「政治塾」で講演した。大マスコミは、小沢が「今のまま総選挙をしたら、どの政党も過半数を取れない」と発言したと、まるで“談合”したかのように揃って同じ内容を報じていたが、40分間の講演で、そんな選挙予想みたいな話は一瞬のこと。メーンテーマでも何でもない。むしろ小沢が強調したのは、この国に対する強い危機感だった。

「未曽有の危機と誰もが言うが、しゃべっている本人も聞いている人も本当にそう思っているとは思えない。『ゆでガエル』の話、知ってます? カエルは徐々に温めるとそれに適応していくが、ある段階で耐えられなくなった時はすでにゆで上がっている。日本はどうも、それと同じような状況にある」

 特に懸念しているのは米景気後退とユーロ危機の影響だ。

「まだ民主主義が定着していない国や民主主義とは異なる政治体制の国は経済の破綻が政治的な混乱・動乱につながる可能性がある。日本も例外ではないが、日本以上に混乱と動乱が予想されるのは中国。高成長のバブルがはじけると、政治的な自由を求めた大衆の不満に加えて、ただでさえ存在する貧富の格差に不況が追い打ちをかけ、共産党一党独裁は不可能になると私は思っている。以前から中国の指導者にも伝えているが、共産党一党独裁の政治体制と市場経済は絶対両立しない。必ず矛盾をきたす。そういう動乱の時代は私が死んでからにして欲しいと思っていたが、ここ数年なのか分からないが、それほど遠くない将来にそういう結果が出てくるのではないか。日本がまずしっかりして、中国のソフトランディングをはからなければならない」

<リーダーシップと政策に、実は関心がないのがマスコミだとズバリ>

 危機下の政治については、こんな認識だ。

「マスコミは口を開くと『リーダーシップだ』『政策だ』と言うが、それに一番関心がないのはマスコミ。少しでもリーダーシップを発揮しようとする人物が現れると、それを叩いて足を引っ張って潰す。日本はリーダーを好まない歴史的社会だった。日本的なやり方は波風立てず、和気あいあい。政治の大事なテーマがなんとなく決まる。しかしいったん危機的な状況の時には、誰も責任を取らず、思い切った決断ができない。事なかれ主義になる」

 これじゃあ、大マスコミが重箱の隅の報道しかしなかったのも当然だ。

 閉会中にもかかわらず、講演には40人前後の衆参の小沢グループ議員も駆けつけた。小沢周辺がこう言う。

「小沢さんは最近特に、『何としても』とか『強烈に』という強調語をよく使う。野田政権は民主党の原点からどんどん遠ざかっていくし、ますます危機感が高まっているのでしょう」

 マスコミシャットアウトの質疑応答では、ざっくばらんなやりとりもあったという。最近、野田政権にスリ寄っている経団連については、こう皮肉った。

「結局、最後はお上頼み。昔、経済が右肩上がりの時は『政治は三流、経済は一流』と言っていたのに、ひとたび経済がダメになると『何とかしてくれ』と言ってきた。それで私は『あんたたち、政治は三流なんだから、政治に頼むな』と言った。だから嫌われたんだ」

 国民に伝えるべき面白い話がたくさんあるのに、こと小沢となると、大マスコミはいつも“ステレオタイプ”なのだ。

(日刊ゲンダイ2011年10月4日掲載)


 米国では、次期大統領にオバマではなくヒラリー・クリントンを期待する空気が高まっているようです。ヒラリーならば、どこかで戦争を仕掛けて、経済を活性化させてくれるに違いないと思っているようです。しかしそれこそが、大英帝国が歩んできた没落への道なのです。

 現在の世界的社会不安は富の偏在にあります。つまり貧富の差が高まったことが原因です。資産家が高貴なる義務を果たさなくなってしまったのです。法律や規則は金の力関係で決まりますが、道徳や倫理はそうではありません。そういう意味では、宗教的問題を大いにはらんでいます。

 日本は世界で一番貧富の差の少ない国です。その理由は、「富」よりも「心の豊かさ」に価値を見いだしている民族だからです。いま、その価値を世界に発信する時が来ているのです。

 翻って、日米安保条約は不平等条約そのものであり、日米関係の健全性を著しく損なう原因になっています。我が国は、第一次世界大戦で同盟国の大英帝国を援助したように、米国に対して経済支援をするべきです。そのためには、安保条約を対等なものにしなければなりません。つまり、東京裁判史観の清算が必要なのです。

 米国大統領が靖国神社に参拝し、あの戦争は日本にとって自衛のための戦争であったと認めることにより、日米同盟は対等なものになります。

 我が国は名を取り、替わりに、我が国が保有している米国債を放棄するのです。また、日本の資金で米国にたくさんの原子力発電所を造り、それを無償貸与すれば米国の産業は活気づきます。日米が共に原子力産業を育成して行けば、化石燃料の高騰に悩むことなく、経済発展を成し遂げられるのです。

 こと原子力問題に関するかぎり、米国以外に共同して研究開発出来る国はありません。したがって、チャイナや韓国の経済が崩壊する危機にあっても、我が国はまず第一に米国を支援するのが筋なのです。

 ここでボタンのかけ間違いがあると、場合によっては、第三次世界大戦を引き起こすことになるでしょう。充分注意が必要です。
 

 
by antsuan | 2011-10-07 17:32 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)