あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:政治・経済( 660 )

令和になった今こそ、インテリジェンスを働かせて、地球規模で世界情勢を理解しておかねばなりません。

 参議院議員選挙真っ最中の日本ですが、安倍政権はトランプ米国大統領の戦略を忠実に守り、中華人民共和国を潰す為に、韓国を見捨てる動きを始めました。

 これは私の感ですが、韓国の経済を北朝鮮と同じ規模まで下落させることにより、平和裏に朝鮮半島を統一させようと云う作戦を、トランプ大統領は立てているのだと思います。平和裏に朝鮮戦争が終結すれば、中共の革命解放軍の出番は無くなりますので、アメリカ軍は朝鮮半島にそのまま居座って統治することが可能になるのです。

 ところが、中共の経済が悪化すると困るのは欧州です。英国はタックスヘイブンの香港を見捨てて上海金融市場と提携しましたが、それが裏目に出ることになります。さらに、ドイツは中共との貿易依存度が高いので、中共の経済が減速するとドイツ銀行が破綻して第二のリーマンショックを起こしてしまう可能性が在ります。

 つまり、今迄の欧州経済は中共バブルだったと云うわけです。

 ユーロが下落すれば相対的にドルの価値が上がりますので、米国はメデタシメデタシなのですが、果たして、ディープステイトはそれで黙っているでしょうか。

 
d0001610_16413494.jpg

 過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ

by antsuan | 2019-07-18 17:45 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

中共の「一帯一路」は「遠交近攻」戦略のことです。十分気をつけよう。

産経新聞から抜粋
d0001610_08060355.jpg

 二十世紀の世界は日本を中心に動いていました。それは二十一世紀の今も殆ど変わっていません。唯、あちこちに戦争が起こっても日本が泰然自若としているので、世界は気が付かないだけなのです。

 そういう眠れる獅子日本のしっぽを踏んだ大英帝国は今や爪の無い鷹になってしまいました。そして、金融資本だけで何とか生き延びようとしています。

 中共の「一帯一路」の意味は、「遠交近攻」戦略の事であって、支那の昔からの戦略です。英国は知ってか知らずか、その戦略に乗っかってタックスヘイブンの香港を手放し、上海の金融市場と手を組み始めました。

 米国のトランプ大統領としては極めて不満でありましょう。ですから、米国と英国の外交関係はギクシャクし始めています。

 翻って、日本はどうすべきか。

 福沢諭吉の云うように、また、平和な時代の日本がそうして来たように、シナや朝鮮半島と距離を置くのが最良の外交政策でありましょう。
 
           *  *  *

   正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-07-14 08:59 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

国民を侮るメディアに明日はない

 一昔、いや、もう二昔になってしまいましたが、テレビが全盛の頃に、『一億総白痴』と云う大衆を揶揄した言葉が流行りました。

 しかし、今になってみれば、あの時代はアニメ文化が花開いた時代だった事が分かります。

 そのアニメによって、識字率の低い国の大衆にも日本文化の素晴らしさが伝わり、更には、世界の若者に「正義と博愛」の精神が植え付けられて行ったのです。

 それに引き換え、社会の木鐸と云われた、新聞のていたらくはボケ老人とまるで同じです。

 真実を伝えない記者や、真実を明らかにしない弁護士は、社会を腐らす黴菌のようなものであって、駆除しないと社会の病気は治りません。
 
d0001610_16504001.jpg
d0001610_16504879.jpg



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-06-30 17:24 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

「誣告」は支那大陸や朝鮮半島の社会的伝統なのか (日本人を貶めた朝日新聞の作為的フェイクニュース「吉田調書」)

 歴史の真実をねじ曲げて報道するのが得意の朝日新聞を最初に糾弾したのは渡部昇一上智大学名誉教授でした。

 また、WGIPのプレスコードによって、日本の報道機関が"閉ざされた言語空間"を守っていることを指摘したのは文芸評論家の江藤淳です。

 両氏共に日本人としての矜持を大切にしていました。

 その他にも、「国家の品格」の著者、藤原正彦お茶の水大学名誉教授や、「バカの壁」の著者、養老孟司東京大学名誉教授も、日本人としての生き方を、学問的言論つまり"真実の追究"という形でによって明らかにしています。

 しかし、支那大陸では、中華文明と云う古い社会形態が在るのにも係わらず、国、つまり王朝が何度も変わっているのは、単に異民族に侵略されたと云うよりも、"誣告文化"により内部崩壊したことが原因であると云えるようです。

 ですから、日本にもそのような誣告文化が入ってくれば、日本民族の滅亡は免れないでしょう。

d0001610_18423866.jpg
d0001610_18424763.jpg
d0001610_18425510.jpg
d0001610_18430202.jpg
d0001610_18431004.jpg
d0001610_18432254.jpg



       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-06-29 18:40 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

人間は「情緒」を基本にして物事を判断する動物である

次の( )に当て嵌まる言葉を選びなさい。
問、 氷が溶けたら( )になる。
答、 1.春  2.水  3.水蒸気
d0001610_18095519.jpg
 もし、AIロボット教師が採点するとしたら正しい答えは何になるでしょうか。多分、AIロボット教師はこのような問題を作らないでしょう。では、現代の先生だったら、また、戦前の先生だったら、どれを正解にするでしょう。

 現代の先生は2の水を、戦前の先生だったらどれを選んでも正解とするのではないでしょうか。理由は、答えは一つとは限らないという教え方を今の教師はしないけれども、昔の教師はそういう教え方をしていたと云うことです。

 科学でも歴史でも、人間の生き方であっても、距離を置いて客観的に見ないと真実は見えてこないものなのです。

 人を大きく成長させる経験として「失業(浪人)」「大病(入院)」「逮捕(刑事施設経験)」の三つが挙げられていますが、これに加えて「海外生活(移住)」を入れるべきだと思っています。

 何故ならば、人間は「情緒」を基本にして物事を判断する動物だからです。

       【大和魂とは文明である】

by antsuan | 2019-06-21 01:00 | 政治・経済 | Trackback | Comments(4)

香港のデモに、9条護憲派は何故無関心なのだろうか



 一国二制度の香港が荒れている。天安門事件から30年が経ち、各国の機密文書の封が解かれて、共産党解放軍による国民弾圧の真相が明らかになった。死者は2,000人以上、行方不明者も含めると数万人の国民が抹殺された。

 そして、今、香港の自治が、同じ中華人民共和国によって脅かされている。この現在進行形の自由への弾圧について、左翼系の平和主義者は無言のままである。

 チベットやウイグル族の弾圧についても無関心だった改憲反対派の人たちよ、今、香港の平和に危機が迫っているのをみれば、日本の平和は、自衛隊とアメリカ軍によって守られていることがハッキリ分かっただろう。

       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-06-17 17:18 | 政治・経済 | Trackback | Comments(8)

安倍首相イラン訪問時のタンカーテロによって想起しなければならない事

 安倍首相がアメリカと対立しているイランを訪問している間に、ホルムズ海峡でタンカーテロが発生しました。

 このテロは、イランに向けたものではなく、日本に向けたものである事の認識が必要です。

 アメリカは、テロはイランの仕業だと非難していますが、95%以上、CIAの仕業でしょう。

 この事件はこれから起きる大事件の伏線であると考えておくべきだと思います。そうです。今度の東京オリンピックでの大規模テロ事件が計画されていると想定しておくべきなのです。

 その規模は、CIAの今迄の手口からして、9.11同時多発テロを超えるものとなる可能性が大きいと予想されます。
d0001610_12011002.jpg

 過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ

by antsuan | 2019-06-15 15:29 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

テロを企てるのは、ほとんど国家か権力者である

 これは、丸谷元の [「世界の裏を読むインテリジェンス養成講座vol13『国家とテロ編』」] の広告です。

 この目次を読んだだけでも判るように、テロは国家や権力者のお家芸なのです。

 考えてみると、赤穂浪士の討ち入りも政治体制を揺るがすテロであったわけですが、何故か、徳川幕府は赤穂浪士の動きを把握しておきながら何ら阻止しようとしませんでした。それどころか、騒動を理由に幕臣の吉良家を断絶していまいます。

 討ち入りの成功の裏に徳川家の思惑が在った事は間違い在りません。

 徳川家は三河の出ですが、実は、徳川の領地の水利権を吉良家が握っていたので吉良家には頭が上がらなかったのです。

 その他、本能寺の変も徳川家康が仕組んだテロと考えられています。

 いずれにせよ、権力者の陰謀によってテロは引き起こされるものであることを、この講座では明らかにしています。
d0001610_14095927.jpg
d0001610_14101452.jpg
d0001610_14104539.jpg
d0001610_14105340.jpg
d0001610_14103178.jpg
d0001610_14110096.jpg



 

       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-06-10 18:24 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

歴史隠蔽主義者は 中共の今起こっている弾圧にも 目を背けている

 チャイナ人による長野聖火リレー暴動を知らない人も数多いことでしょう。実は私もテレビ報道でしかその様子は知りません。しかし、その映像を見て、本当にここは日本なのか目を疑いました。

 今から考えると、中共による侵略はとっくの昔から始まっていたことがよく分かります。つまり、情報戦を仕掛けてきた時が戦争の始まりなのです。

 血を流す戦争が始まる前に、平和主義者の皆さんにはチベットの真実に目を向けて欲しいと願っています。
 
d0001610_09040763.jpg
d0001610_09041851.jpg
d0001610_09045466.jpg
d0001610_09051432.jpg
d0001610_09053410.jpg
d0001610_09054933.jpg
d0001610_09060279.jpg










 過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ

by antsuan | 2019-05-26 12:45 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

今も昔も陰謀は政治の常套手段

 陰謀は今も昔も政治を動かす常套手段です。しかし、中々その陰謀と云うのは表に出てこないので、現在進行形の謀略を指摘しても信じてもらえませんが、「陰謀」に無関心でいることは社会の平和を否定することでも在ります。

 幸いにして、情報通信技術革命の御陰で、陰謀が暴露されると、直ぐにその情報が一般市民にも手に入るようになりました。

 カルロス・ゴーン日産元会長の逮捕劇についても様々な見方が在りますが、ルノーの株主であるフランス国家が、電気自動車の先進技術を持っている日産と三菱自動車を乗っ取ろうと企んでいたことが事件の発端と云われています。いまや、産業スパイと政治的謀略は一体となっていると云っても過言ではないでしょう。

 下の藤井厳喜の報告にも在るように、トランプ大統領のロシア・ゲート疑惑も中共と手を組んだアメリカの政治家による謀略でした。

 
d0001610_11314987.jpg

d0001610_11315461.jpg

 このことから、平成と云う時代を振り返ってみると、自由貿易とは裏腹の、日本企業を揺さぶり日本国経済を破壊する謀略が幅を利かせていた時代だったのです。

           *  *  *

    正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2019-04-16 18:44 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)