あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:文学・教育・科学・医療( 465 )

「原発を鎮める」

 福島第一原発ダム湖化計画という、フクイチの放射能汚染問題に対する現実的な提案が在るのをご存知でしょうか。これは建築エコノミストの森山高至氏の提案なのですが、科学者ならば誰でも納得がいく提案だと思います。




 「都市鉱山」という言葉が在ります。生産された物が廃棄物となり、その廃棄物に含まれている鉱物を再利用しようというものです。この考えでいけば、将来技術開発が進んだ場合には、廃棄物となった福島第一原発施設の放射性物質が都市鉱山として見直される可能性が在るということになります。


           *  *  *

   正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-10-21 00:58 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

「まだあげ初めし前髪の・・」 「野菊の如き君なりき」  失敗は青春だ!


 このブログを始めて13年の歳月が過ぎた。良く続いていると思う。そして未だ止める気は無い。いや、止められないといった方が正しいかも知れない。なぜなら、ブログを続けていて自分がどんどん成長して来ているような気がするのだ。

 自分とは全く異質の性格を持った人の話を聞けるようになったのはブログのお陰だろう。逆に、相手を傷つけてしまうようなコメントを書いて炎上してしまうこともあったが、それも今は懐かしい思い出となった。

 何時だったか、お付き合いを始めた方のブログで「最高の恋愛」とは何かという話になった。即座に、他のブロガーからのコメントがあった。「失恋に決まっているじゃないか」と。

 残念ながら最高の恋愛をしたことはない。淡い恋をしたことはある。その想い出を大切にしてブログを続けていきたいと思う。

若菜集 「初恋」 (島崎藤村)

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな

林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

踏み初めし細道なき海なれど、波のしぶきに誰ぞと問いたまふ
d0001610_10254207.jpeg

[ 和歌や俳句は自然との対話。自然との対話は祈りのことである。]
by antsuan | 2018-10-17 07:25 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

世界最古の文明をもつ日本人はグローバリズム(覇権主義・共産主義)の侵略を何度も防いできた。

 『幕末の時代からは日本を世界史の中で見ないと真実が見えてこない』と、西鋭夫スタンフォード大学フーヴァー研究所教授は述べていますが、歴史だけでなく、神話の時代、いやそれ以前の考古学的時代においても、日本を地球規模で見ないと真実が見えてこないことが判ってきました。

 逆の見方をすれば、大陸の民族は常に日本民族を意識していたと云うことになります。

 しかし、現代と同様に大陸の民族は日本民族を対等の国とは認めようとはしませんでしたので、日本は侵略の危機に何度も遭っています。もちろん、その戦いは防衛的なものであったことは史実として残されています。

 ところが、大東亜戦争だけは日本による侵略戦争であったと今も喧伝されています。

 しかし世界史から見てみると、面白いことに、実際に日本軍と戦った蒋介石や毛沢東、それにマッカーサー元帥は、日本が侵略したなどとは云っていません。毛沢東などは日本軍が敵を包囲しても決して虐殺をしないことに驚きそれを利用しました。ですから、毛沢東は「日本軍が我々を助けてくれた」とまで言っていたのです。

 現代に生きる日本人は、世界史をもう一度学び直し、世界における日本の存在的価値を再認識しなければならないと思います。
d0001610_12171526.jpg
d0001610_12202304.jpg
d0001610_12203875.jpg
d0001610_12205797.jpg










【大和魂とは心の文明である】

by antsuan | 2018-10-08 10:15 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

ソーシャルワークの専門職について

設問 ソーシャルワーク専門職とは何かについて、あなたの理解したことを述べなさい。

 医療業界に四十年以上奉職してきた者としては、ソーシャルワークという外来語が今一つ馴染めないでいる。その理由を考えてみると、日本人は昔から博愛精神に溢れ、「私」よりも「公」を優先する社会であったからにほかならない。つまり、社会福祉に於いて援助技術などと大げさに言う必要もないほど、公のために尽くすのが日常的であった。
 しかし、敗戦後、個人主義が持て囃され、さもそれがもっとも先進的な人間的価値観であるかのように教育されてきた結果、公という社会意識が希薄になってしまった。つまり、ソーシャルワークを専門とする職業が必要になったのは、戦後教育が失敗だった証明でしかない。
 しかしながら、現実において「公」が軽視されてきてしまった以上、直面する社会福祉の課題を解決するには、「公」の意味を正確に理解する専門職を養成する必要に迫られている事も事実である。
 従って、日本の紳士淑女の在るべき姿を説いた、夏目漱石の「私の個人主義」的倫理については、再度、義務教育の場で学べるよう社会に働きかけるのがソーシャルワーク専門職の大きな目標であろう。
 次に、社会福祉については、「公」という言葉が古くから在る事を認識出来れば、グローバルな定義や倫理綱領、行動規範といったものは、戦前の女学校で教えていた「明治女大学」の焼き直しに過ぎない事を喝破出来るはずである。
 残念ながら、西洋思想は人類に平和をもたらさなかった。グローバルな社会正義などあり得ない。ナショナリズム(民族主義)的社会正義を互いに認め合うのが平和の基本であり、そのための活動を推進するのが社会福祉の専門職には求められていると思う。
 少なくとも、ソーシャルワークの専門職を目差す者として、個人や家族、社会共同体においては、地域の社会規範を重視し、グローバルな規範を押し付けないようにするのが専門職の使命であると、常に頭に入れておきたいと考えている。


          *  *  *

   正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-09-24 01:33 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

ヤッパリ起きた原発の外部電源喪失事態! だから安全とはいえないのだ。

d0001610_14271389.jpg

 北海道道南で震度5以上の地震が起きることは、地震科学探査機構において予想されていました。ですから、北海道電力泊原子力発電所が直接の地震の被害を受けなかった事は、不幸中の幸いでしか在りません。


 原子力発電装置の燃料棒と云うのは、常に熱を発しているので、常時何かしらの方法で冷却していなければなりませんが、その冷却に失敗すればフクイチとおんなじ事故に繋がるのです。

d0001610_15104068.jpg


【大和魂とは心の文明である】


by antsuan | 2018-09-07 12:29 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」も提唱している売春制度を復活させませんか

 かなり以前にも、遊廓の復活を提唱したことが在ります。しかし、こんどは医療衛生的見地から本気で叫びたいと思います。

 北九州でエイズが広がっているという情報を、今年になって、三面記事で読みました。そして今回は、バスケ選手の海外での売春報道が在りました。

 人の移動がグローバルになるということは、疫病を水際で防ぐことが出来なくなるということです。

 ならば、売春制度を復活した上で、インフルエンザと同じように、地域で疫病を防ぐ対策をとる方が効果があると考えます。

Yahoo! ニュース
買売春、なぜ違法なのか
前田恒彦 | 元特捜部主任検事
8/26(日) 5:30
 バスケ日本代表選手の買春騒動。ワイドショーやネット上などでは「相手も同意しており、別に構わないのではないか」といった意見も目立つ。しかし、わが国では買売春は違法だ。なぜか――
【売春防止法による規制】
 わが国には売春防止法があり、次のとおり買売春は違法とされている。
何人も、売春をし、又はその相手方となってはならない」(3条)
この法律で『売春』とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう」(2条)
 あくまで「不特定の相手方」でなければならず、夫婦や交際相手といった特定の者同士の間で金品のやり取りがあっても、買売春には当たらない。
 また、「性交すること」が要件となっているので、手淫や口淫といった性交類似行為は含まれないし、同性間では買売春とならない。
 ソープランドなどの性風俗も、実態はさておき、従業員と客との関係は性交類似行為にとどまり、性交には至っていないという“建前”に基づいているので、風俗営業法の下で合法化されている。
 それでも性交に及んでいれば違法であることは間違いなく、その実態を踏まえると、「従業員と客が自由恋愛のすえに性交に至ったにすぎない」といった店側の弁解は通りにくいだろう。
 最高裁も、同様の立場だ。
 もちろん、警察が本気で捜査をするか否かは別問題だし、性交に及んでいたという客観的な証拠を押さえるには確たる情報に基づいて現場に踏み込むほかなく、立件に難があるのは確かだ。
【買売春に罰則なし】
 ただし、売春防止法には買売春そのものに対する罰則規定がないから、単なる買売春だけだと、この法律の下では買春した者も売春した者も処罰されない。
 罰則によって規制されているのは、買売春を助長したり、そこから利益を得るような行為だけだ。
 代表例を挙げると、次のようなものだ。
勧誘(街頭での売春婦の立ちんぼなど):最高刑は懲役6月
周旋(売春婦派遣の仲介・あっせんなど):最高刑は懲役2年
契約(経営者が売春婦との間で客と売春することや取り分を決めるなど):最高刑は懲役3年
場所提供(情を知った上でホテルなど売春の場所を提供):最高刑は懲役3年、これを業としていれば懲役7年
管理売春(経営者が管理する売春宿などに売春婦を居住させ、売春業を経営するなど):最高刑は懲役10年
 1958年の施行直後、検察庁が1年間に受理した売春防止法違反の検挙者数は約2万4千人余りにも上っていたが、2016年の検挙件数はわずか570件にとどまっている。
 そのうち約36%が勧誘、約28%が周旋、約23%が契約、約10%が場所提供だった。
 起訴率は約47%だが、暴力団組員らが検挙者の約17%を占めており、暴力団の資金源になっているという問題がある。
【「赤線」「青線」】
 では、なぜ売春防止法には買売春そのものに対する罰則規定がなく、買春や売春した者が処罰されないのか。
 1956年に売春防止法が制定され、買売春が違法とされた理由にまでさかのぼる必要がある。
 すなわち、わが国には長らく遊郭など政府公認の公娼制度があったが、民主化の一環として、戦後の1946年にGHQの指令で廃止された。
 それでも、「赤線」と呼ばれる一部地域では、カフェーや料亭などに営業形態を変え、特殊飲食店として警察の営業許可を取った上で、売春婦が私的に売春を行うという“建前”の下、半ば買売春が黙認されていた。
 その周辺地域などでは、非合法に売春婦を置く飲食店も横行し、「青線」と呼ばれた。
 敗戦による道徳心の低下や劣悪な経済状態などもあり、売春婦の数も増加した。
 風紀の乱れを防ぐため、東京や大阪などの自治体が独自に売春取締条例を制定し、売春の勧誘や周旋などを禁じたものの、全国一律の規制ではなく、地方ごとにばらつきがあった。
 1948年から1955年までの間、女性議員の議員立法などにより、5度にわたって国会で買売春を規制する法案が審議されたが、黙認を是とする議員も多く、廃案や否決が繰り返された。
 その理由は、売春婦やその周辺関係者の生活を維持する、繁華街など地域経済に及ぼす影響を回避する、買売春を性欲のはけ口とすることで性犯罪を防ぐ、といったものだった。
【国連加盟に向けて】
 それでも、戦後の混乱期から時が経ち、1950年の朝鮮戦争特需を起爆剤として飛躍的な経済成長が進むに連れ、買売春を社会悪と見る風潮が高まっていった。
 転機となったのは、国際連合への加盟に向けた動きだった。
 国連は、人身売買や売春からの搾取、売春宿の経営などを禁じるとともに、売春婦を被害者と位置づけ、その保護や更生、職業紹介などを加盟国に求める条約を採択していた。
 この条約は1951年に発効しており、わが国が再び国際社会、特に売春や婚前交渉を不純と見るアメリカや西欧といったキリスト教諸国に認められ、その仲間入りを果たすためには、この条約を全面的に受け入れ、条約に沿った形で国内法を整備しなければならなかった。
 「赤線」「青線」を根絶し、諸外国から野蛮と見られるような風習をやめる必要があったわけだ。
 そこで、1956年の国会で、改めて売春防止法案が審議されることとなった。
 この時は、前年の保守合同で誕生していた最大与党の自由民主党も女性票を狙って賛成に回ったため、それまでと一転し、5月に可決成立するに至った。
 周知のとおり、この年の12月にはわが国も国連への加盟を果たしている。
 もちろん、死活問題となる売春業者らは、法案成立を阻止するため、水面下で熾烈な政界工作を行った。
 1957年から58年にかけ、東京地検特捜部が贈収賄の容疑で国会議員3名と業者5名を次々と逮捕、起訴したほどだった。
【売春防止法の目的】
 このように、売春防止法は、先ほど挙げた国連の条約が出発点となって制定に至ったものだ。
 国会審議でも、売春で生計を立てざるを得ない女性は劣悪な環境に置かれた社会的弱者にほかならず、刑罰で追い詰めるのではなく、むしろ国家が手を差し伸べ、保護や更生、職業指導による転職の対象にすべきだとされた。
 少年法が少年に対して刑罰ではなく保護を優先しているのと同様の考えだ。
 実際、当時の売春婦の中には、貧困や親の前借金の返済のためにやむを得ず売春を行う者や、暴力団やヒモの男に搾取されている者、虐待されて従順を強いられている者、薬物漬けにされている者なども多かった。
 そこで、売春防止法は、買売春を違法だと断言する一方で、買売春そのものには刑罰を科さず、もっぱら周辺関係者による行為を罰することで、間接的に買売春を規制しようとしたわけだ。
 併せて、予算措置を講じて都道府県に婦人相談所や保護施設を設置し、売春婦の相談に応じたり、指導をしたり、一時的な保護を行い、その更生を目指すこととした。
 こうした点は、売春防止法が定める法律の目的の中にも、次のとおり明確に示されている。
「この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照して売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする」(1条)
【時代錯誤との見方も】
 ただ、現在は売春防止法が制定された当時と様相を異にしており、貧困や搾取とは関係なく、出会い系サイトなどを介して小遣い稼ぎ的に一般女性が売春に及ぶケースも数多く出てきている。
 弱者の売春婦を救済しようといった考えは、もはや古典的で時代錯誤だという見方もできる。
 この点、売春防止法は、勧誘罪を犯して起訴され、執行猶予が付された20歳以上の売春婦について、6か月間、更生のために必要な補導を行う婦人補導院への収容を可能としている。
 当初は東京、大阪、福岡に設置され、1960年には収容者も最大の408名に上ったが、今や東京にあるのみだし、数年に1度のペースでわずか1名が収容される程度となっているのが現実だ。
 また、売春婦を保護すべきだからといって、買春した者まで処罰しないとする根拠は薄弱だ。
 むしろ、現在では、18歳未満の者を買春した場合、売春防止法以外の法律により、厳しく処罰される仕組みに変わっている。
 刑罰によって児童を性的搾取や性的虐待から保護すべきだという要請の方が遥かに上回るからだ。
【現状維持か、制度改革か】
 ただし、売春した児童はあくまで保護の対象であり、刑罰は科されない。
 環境や性格などからいずれ法を犯すおそれがあるということで、少年法の「ぐ犯」として立件され、家裁送致されることはあり得るものの、まれだ。
 売春防止法が成人の売春すら処罰していない以上、児童を処罰しないのは当然の帰結だからだ。
 ここから、性道徳や善良な性風俗を維持するため、買売春そのものに罰則を設けるべきではないか、といった見解が出てくるわけだ。
 他方、刑罰では売春を根絶することなどできないという現実を直視し、買売春を合法化するとともに登録制にし、性病検査などを義務付ける、といった考え方もある。
 さらには、そうした権力によるコントロールを排除し、勧誘や周旋、場所の提供、売春宿の経営などを含め、成人の自由意思の下での同意に基づく売春を思い切って非犯罪化すべきだ、といった立場もある。
 正当な労働形態として正面から認めることで、売春で日々の糧を得ている売春婦らの人権や安全を守ろうというものであり、世界最大の国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」も提唱している。
 買売春の規制を現状のまま維持すべきか、それとも何らかの制度改革を行うべきか。
 特に、“建前”では違法と言いつつ、実際には性交のサービスまで提供されている一部の性風俗をグレーゾーンとして放置し、黙認することが妥当であり、海外にも胸を張れるやり方なのか。
 東京五輪に向け、政府を挙げて人身取引の防止に向けた取組みを推進する中、そろそろ国民的な議論を行うべき時期に来ている。
 宗教観や歴史観、道徳観、人権意識などによって見解が分かれるテーマだが、皆さんはどう考えるだろうか。(了)


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-08-26 07:50 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)

秋田金足農業高校の甲子園での活躍は、台湾の嘉義農林学校の再来だ。

 甲子園での秋田の金足農業高校の活躍は、今の大人たちの腐った心根に喝を入れてくれたように思います。

 戦前にも同じようなことが在ったと聞いています。台湾の嘉義農林学校です。


 我々は、過去を知らないばかりに、自分の生きる時代を中傷する。人間はかれこれずっとこんな調子で来たのです。(ナイチンゲール)


[ 和歌や俳句は自然との対話。自然との対話は祈りのことである。]

by antsuan | 2018-08-21 08:08 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

大学って学問追求の場なんです。学風に合った若者を選ぶのは当然のことです。

 何でこんなことすら解らなくなってしまったんだろうと、日本の社会に嫌気が差してくる。

石原裕次郎の碑も泣いている
d0001610_07494140.jpg
 日本人が、日本の常識、つまり日本文化を忘れてしまわないうちに老人は声を上げなければならない。

 こんな世の中になってしまっては、黙って寝てはいられません。


【大和魂とは心の文明である】

by antsuan | 2018-08-13 07:58 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

自治意識を持たないと災害は防ぐことは出来ません

d0001610_07352474.jpg
d0001610_07352184.jpg
 西日本の集中豪雨の被害はエライことになってしまいました。堤防の決壊が直接の原因のようですが、冷静に見ると、氾濫した川の水を逃がす作業を怠ったことが被害を大きくしているように思えます。

 昔から、堤防の決壊はよくあることでした。火事になった時には家を壊してでも火を消すことを優先するように、川が氾濫したら押し寄せる水の捌け口を作るのが常道です。

 堤防を壊すのは勇気がいります。災害対策には被害を最小限に抑えるための手順を決めておかねばなりませんが、自立自存、自治意識を持たない、日本人の平和ボケがそれを妨げているようです。 



 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2018-07-15 07:36 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

自然災害なんて日本ではしょっちゅう在る事さ

 ここ神奈川県葉山町では、今年は異常な空梅雨になりました。半世紀前だったら、渇水による被害で大変だったことでしょう。しかし、神奈川県は昔から治水対策がしっかりと行なわれているので、水不足になることは在りません。

 ところが、関西や中国・四国地方では、今年は記録的な集中豪雨に見舞われているようです。地質上の問題があり、もともと土砂崩れの多い地域なのですが、その災害は無視出来ない規模になってしまったようです。

 経済の発展に伴い、この頃の日本人は科学技術の策に自惚れが在ったように思います。
d0001610_07055661.jpg
 自然災害こそが、人間を謙虚にさせる手段なのかも知れません。




            *  *  *

     正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-07-09 07:12 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)