あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

2018年 03月 04日 ( 1 )

入学願書の志望理由の下書きを書いてみました。


 この歳になって、社会福祉士の資格を取ろうと思い立ちました。しかし資格を取るためにはまた大学に入り直す必要が在ります。通信教育学部なのですが出願するには志望理由を書かねばなりません。そこで、その下書きのつもりでここに書いてみたいと思います。

1.本学で何を学ぼうとしているのか。過去の学習経験や職場における体験等をふまえ、本学の教育課程に関連させて述べなさい。
 「人の幸福とは何か」と問われれば、それは周りの人々を幸せにする事であると答えられる年齢になった。しかし、それを実践するにはまだまだ学ばねばならない事が在ると痛感している。特に、医療や介護の分野では専門性が重視されているが、本来はこの分野にこそ一般性が最も重視されるべきであると考える。その一般性を修得するためにここで学びたい。
 今までの人生経験から得た人道的感性を理論的に実証し、複雑化した人間社会の中で、悩める多くの人々の道案内人になれれば、それが自分の幸福に繋がると考えている。社会福祉士の資格取得が入学理由であるが、学士号を持つものとして、大学院で学ぶ気持ちで勉学に励みたいたいと思う。経験に高度な知識が加われば、社会の一隅を照らすに十分な仕事が出来ると信じている。
 世の中が不穏になっている現在において、老人が黙って寝てはいられないと云う心境である。

2.専門分野の4分野のうちで、関心を持つ分野を選択し(複数可)、その理由を述べなさい。
 医療・福祉マネジメント ✔️ヘルスケアとライフマネジメント  コミュニティマネジメント・国際協力  ビジネスマネジメント

 正しい人間生活を過ごす上で、肉体を救おうとするならば、まず精神を救わねばならない。近年、日本語の乱れが著しい。言葉が乱暴になれば精神も粗野なものになる。ライフマネジメントとは健全な肉体に健全な精神を宿らしめる作業だと考えている。

3.当課程での学習の成果を将来どのように生かしたいと思いますか。
 生活保護法や成年後見制度を理解し、介護する側と介護される側が共に安心して生活出来るように、医療・介護の枠に閉じこもる事なく、他の社会事業と連携して真の福祉を築き上げて行きたい。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-03-04 13:23 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(6)