あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

自然災害なんて日本ではしょっちゅう在る事さ

 ここ神奈川県葉山町では、今年は異常な空梅雨になりました。半世紀前だったら、渇水による被害で大変だったことでしょう。しかし、神奈川県は昔から治水対策がしっかりと行なわれているので、水不足になることは在りません。

 ところが、関西や中国・四国地方では、今年は記録的な集中豪雨に見舞われているようです。地質上の問題があり、もともと土砂崩れの多い地域なのですが、その災害は無視出来ない規模になってしまったようです。

 経済の発展に伴い、この頃の日本人は科学技術の策に自惚れが在ったように思います。
d0001610_07055661.jpg
 自然災害こそが、人間を謙虚にさせる手段なのかも知れません。




            *  *  *

     正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-07-09 07:12 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://antsuan.exblog.jp/tb/26973805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukiwaa at 2018-07-09 23:21
大変でしたよ  如何にか大事にはなりませんでした。
Commented by mimizu-clone at 2018-07-10 00:01
僕住む地の西部はまだ避難指示が継続中で、孤立集落もあります。
南海地震もそう遠くないでしょうし、自然災害は明日は我が身と実感します。
だから、もし自分が被災者になった時、誰も恨まないような人生を送りたいと日頃から思っています。
あくまで僕が被災した場合限定の話ですが、助けてもらうのは当然だというような、自分を弱者にしてしまう考え方は腐っていると思っています。
Commented by antsuan at 2018-07-10 06:20
・yukiwaaさん、大変でしたね。お見舞い申し上げます。
若い頃何度か暴風雨の被害に遭ったことがありますので、大変さはよく解ります。
Commented by antsuan at 2018-07-10 06:21
・mimizu-cloneさん、すべてが無情なんだとおもいます。
でも、逆に被災者の方に対して無関心ではいられませんよね。