あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

金正男暗殺と伊藤博文暗殺を仕掛けたのは同じあのディープステイツだ



 まず、金正男が居なくなると都合の良い国は何処でしょうか。北朝鮮は人質として中共に金正男を差し出したのですから、もちろん北朝鮮では在りません。また、人質がいなくなれば中共は困りますから、中共は黒幕ではありません。米国です。

 米国にとって、中共の後ろ盾を無くした北朝鮮など一ひねりです。トランプ大統領はこれでシリア問題に専念出来ます。

 伊藤博文はロシアと関係改善の為にハルピンを訪れ、そこで暗殺されました。ロシアと日本が親密になって困るのは何処の国だったでしょうか。それは、日露戦争で漁夫の利を得ようとした米国に他なりません。

 また、近年、日本で駐留アメリカ軍の不祥事が起こると決まって北朝鮮が核実験をしたり、ミサイルを発射したりして日本を挑発していますが、これは偶然ではありません。米国のヤラセです。

 日本の政治情勢はほとんど内乱といっていいほど混乱しています。しかし、もしアベ政権が倒れ、政治の空白が生じると、必ずや中共が手を出してきます。少なくとも尖閣は乗っ取られます。とすれば、日本の世論は黙っていないでしょう。当然の事として、自衛隊が出動して武力衝突が起きます。

 中共と日本の武力衝突で得する国は何処か、冷静に考えてみてください。

 では、日本はどうすれば良いか。

 今年の秋の自民党総裁選挙までアベ政権を維持する。次に、それまでに総理大臣にふさわしい国会議員を探し出す。いまのところ小泉進次郎しかいないでしょう。そして、正規の手順を踏んで政権交代を果たす。

 これが、日本が世界の渾沌とした情勢に巻き込まれない唯一の手段と思われます。

四方の海 みな同朋(はらから)と 思う世に など波風の 立ちさわぐらん
                  明治天皇
d0001610_10591669.jpg


【大和魂とは心の文明である】

by antsuan | 2018-04-15 11:02 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://antsuan.exblog.jp/tb/26664858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2018-04-15 21:33
リビアやイラクと違って日本には天皇がいますから、政権が崩壊したぐらいのことで存亡が左右されるようなことはないと思います。
自民党の次期総裁選までアベは持たないでしょう。
早ければGWを待たずしてというのも充分に考えられるんじゃないでしょうか。
そうなると予算審議がいつまでたっても始まらず、私ら建設業界はすごく困るんですけど。
Commented by antsuan at 2018-04-16 09:56
・sweetmitsukiのおっしゃるとおりです。ですが、内乱は敵国を利することになります。
米国と中共の代理戦争のなにものでもありません。