あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

迎春の風景

 梅が咲き、富士の嶺が白くなり、ようやく新年が始まったと感じるこの頃です。
d0001610_19010222.jpg
d0001610_19005533.jpg


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

by antsuan | 2018-01-21 19:01 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://antsuan.exblog.jp/tb/26372057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2018-01-21 22:47
私の住んでいる地域では今頃になるとダイヤモンド富士が見られるのですが、今日は雲があって見られませんでした。
以前から地球温暖化が懸念されてますけど本当に世界規模の気温上昇があれば富士山だって冠雪しなくなるでしょうから、酸性雨とか海水面の上昇とかはヨーロッパ限定の問題なのではないかと逆に疑ってしまいたくなります。
Commented by antsuan at 2018-01-22 09:36
・江戸時代は富士山信仰が流行ったそうですね。葛飾北斎はその自然信仰を絵にしていたと云えるそうです。その北斎の絵がフランスの画家たちに衝撃を与えるのですが、それは宗教画を描くことを生業にしていた画家たちが自然信仰に目覚めると云った文明の衝撃だったわけです。
幕末からの世界史は日本を抜きにしては語れないと云うのはやはり本当のことでした。