あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

偽メール事件を忘れたらしい。

前原国交相、津波予測は謝罪に当たらず=首相も「同感」
3月2日11時26分配信 時事通信

 前原誠司国土交通相は2日の閣議後記者会見で、チリ大地震に伴う津波への対応に関し、気象庁が「予測が過大だった」と謝罪したことについて、「果たして謝罪すべき問題なのか」と述べた。その上で、同庁に対し同日朝「謝罪するに当たらない」と伝えたことを明らかにした。
 前原国交相は「しっかり準備するには過小であるより過大であったほうがいい」と指摘。同相によると、同日の閣僚懇談会でも同様の発言をし、鳩山由紀夫首相から「同感だという趣旨の話があった」という。 

 前原君は偽メール事件を全然懲りていないようだね。困ったもんだ。

 遅くて不正確な情報なんてクソだ。そんなクソを垂れ流すために、国債を発行し税金を喰わすなんて、国民は何を考えてるンだろう。
by antsuan | 2010-03-02 16:12 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://antsuan.exblog.jp/tb/10823762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高麗山 at 2010-03-03 01:05 x
国交相の発言極めて正常じゃないですか。
偽メールの件とは、全く脈絡も無いし。。。
プレジャーボート、避難の件で頭に来たとしたら、
チョットばかり大人げないですぞ!  antsuan!!!
Commented by antsuan at 2010-03-03 08:24
・【過ぎたるは及ばざるがごとし】
猫がうろちょろしただけなのに狼が来たと騒いだことの何処がまともなのでしょうか。
狼少年を弁護する大人では、社会整備基盤もろくなものしか構築出来ないでしょう。
ダム建設が無駄であるならば、民間情報よりも劣る警報を発した気象庁は無駄の極みといえます。