あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

歴史のある文明はやっぱり凄いことなのだ。

d0001610_11064892.jpg
d0001610_11070131.jpg
 歴史書というのはその国の主体性の発露に他なりません。ですから、歴書に本当のことが書かれていると思ってはならないのです。






【大和魂とは子孫を愛する心のことである】


by antsuan | 2017-02-13 13:23 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(2)

高齢者の交通事故は他人事ではありませんでした。

 最近、高齢者の交通事故が多発していると、いろんなメディアで報道されるようになりましたが、それは事実であって、またある意味では事実ではありません。つまり、日本は高齢社会になりましたので、高齢者の人口に占める割合は多くなっています。当然、その比率に従って高齢者の交通事故が多くなっていると云うわけです。

 しかし、交通事故は人為的なものです。避けられるべきものならばメディアで警鐘を鳴らし、事故を少しでも無くす努力は惜しむべきではありません。

 と、そんなことを運転しながら考えていたわけではありませんが、慎重に運転していたつもりが、とうとう私も交通事故を起こしてしまいました。しかも、横断歩道を青信号で渡っている人をはねてしまう人身事故を起こしてしまいました。相手の怪我が命に関わるものでなかったことが何とか救いではあります。

事故を起こした車と現場の写真
d0001610_14302079.jpg
    
 本当はもう運転などしたくないという思いなのですが、まだまだ仕事を放り出すわけにも行かず、衝突防止の安全技術の進んだ車に換えることを考えています。




[「祈りとは自然との対話」 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2017-02-12 14:36 | 身の回り・思い出 | Comments(6)

忘れていましたよ! 『お客様は神様です』の本当の意味を。

 国民的歌手だった三波春夫の言葉が、独り歩きして、かなり意味がずれて使われるようになっています。かく言うわたしも、最初はちゃんと理解していたはずなのに、いつの間にか間違った方の解釈を頭の中に描いていました。

 本当の意味は、「三波春夫のオフィシャルブログ」に書いてあるように、神様に向かって歌を奉納するように、真心込めて演技をすることだったのです。

 およそ、手に職を持った仕事のプロは、この精神を忘れてはならないのだと思います。手抜きはもちろんのこと、邪念をもってお客様に接してはならないのです。

 わたしは、いま医療福祉業を営んでおりますが、今一度、この言葉の原点に返って仕事に取り組んでいこうと思います。




[「祈りとは自然との対話」 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]
by antsuan | 2017-02-05 13:34 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(0)

いよいよ立春! 今年はチャンスを掴みに行きます。

 約一ヶ月ぶりの投稿になります。

 何とか年を越えたとは言え、まだまだ予断を許さない事業運営が続いていましたが、ついに立春を迎えることが出来たので、ピンチを脱することが出来たと判断しています。

 これからは積極的にチャンスを掴みに行こうと思っていますので、ますます忙しくなり、ブログの更新もままならなくなると思いますが、今年も宜しくお願い申し上げます。

d0001610_11485672.jpg
d0001610_11490057.jpg

d0001610_11490484.jpg

d0001610_11490797.jpg

d0001610_11491133.jpg




【大和魂とは子孫を愛する心のことである】


by antsuan | 2017-02-04 11:52 | 身の回り・思い出 | Comments(0)