あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新潟の銭湯はゆったりしていて気持ちが良い。

 銭湯に行かなくなってかなりの年数が経ちます。長男がアパートを引き払うに当たって、大掃除をしましたが、風呂があるのにあまり使った様子がありません。どうやら、もっぱらスーパー銭湯を利用していたようです。

d0001610_1542985.jpg

 そこで、息子が行きつけだった、スーパー銭湯に連れて行ってもらいました。靴を脱いで食事をするなんてちょっとした旅館気分です。それだけでなく、食事がみそ汁付きで三百円。信じられなくて、みそ汁を別に注文してしまいました。


d0001610_154311.jpg






       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-28 00:10 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(6)

長男の第二の故里になった「俺達の新潟」

 新潟はわたしの父の故郷でもあり、また、祖父が戦前に教鞭をとっていた場所でも在り、親戚も居ります。この地に縁あって、長男は東日本大震災の遭った三月から四年間の学生生活を過ごしました。

d0001610_14564553.jpg

d0001610_14565783.jpg

 大学も下宿先も阿賀野川を渡ったところにあり、息子はこの川を何百回と渡ったに違い在りません。
d0001610_14576100.jpg

d0001610_14585934.jpg


 また、学業はそこそこにして、三年半の長い間、同じ場所でアルバイトにいそしみ、小遣いを稼いでいたのでした。そのアルバイト先というのが、この新潟空港内に在るレストランなのです。

d0001610_14565199.jpg

d0001610_15242999.jpg

 息子にとって、新潟という自然の溢れる街で、親元から離れて生活したことが、これから本格的に社会人になるに当たって、多いに役に立つことでしょう。


d0001610_11285433.jpg


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-27 07:30 | 身の回り・思い出 | Comments(0)

善良寺まで一走り

d0001610_1758198.jpg


 四年間の大学生活を、新潟で過ごした長男の引っ越しの手伝いに、春分の日の連休を使って、行ってきました。

 長男の下宿は、新潟空港の阿賀野川を隔てた、向かい側の北区にありましたので、荷物を一通り積んで、アパートの管理人が立ち会いに来るまでの間を使って、草仏教ブログを書かれているマーヒーさんのお寺まで、ひとっ走りしてきました。

 二十二日は好天気に恵まれたせいもあって、高速道路を気持ちよく走り抜け、予想していたより胎内市は直ぐ近くに感じられました。

d0001610_12404837.jpg

 善良寺の辺りは、わたしの故里の秋田県湯沢市にちょっと似た、長い歴史を感じさせる、街のたたずまいでした。


d0001610_12403598.jpg

d0001610_1240391.jpg

       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-26 17:46 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(2)

医療人の仏性

d0001610_2251625.jpg

d0001610_2252060.jpg


d0001610_2252227.jpg

d0001610_2252580.jpg


 「心の医療」を担うのはやはり信仰でありましょう。八百万の神々を信じ、神仏習合を会得していた日本人は、西洋のキリスト教文化圏の人々より、心の病に罹る人は多くなかったと推察出来ます。

 江戸時代までの日本人が和魂和才であったとすれば、明治時代の日本人は和魂洋才であり、敗戦後はついに洋魂洋才になってしまったがために、日本人は心を失ってしまったのでしょう。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-15 22:08 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(2)

人生は砂の芸術のように儚いものだ

 朝に、海岸を散歩すると、清々しい気持ちになります。

 昨日までの自分の人生を確かなものにし、また、新たに時を刻む息吹を確かなものにしてくれます。

d0001610_1725575.jpg

 しかし考えてみると、その一人の人生は、この地球の寿命からすればホンの一瞬の出来事です。

 とてつもなく儚いものですが、その人生における異変が、遺伝子という生物に備わった記録媒体によって永遠に受け継がれて行くのであれば、人生はやはり芸術そのものであると云えるのではないでしょうか。
d0001610_1725791.jpg




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-07 17:20 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(4)

我が国の司法権は米国が握っているのです。

 英国の皇太子が来日されて居られるようですが、是非、安倍総理大臣と共にこの道路を通ることによって、日本人を慰めていただきたいと思います。

            今日の東京新聞より抜粋
d0001610_781012.jpg


 毎時5.5マイクロシーベルトの放射線量を浴びる区域は、我が国の法律では、放射線管理区域として、放射線管理資格のある者の下に、放射線防護対策を施してから入らねばなりません。

 その法律を国家が無視するのであれば、我が国は法治国家ではないことを表明したことになります。

 何故このような違法行為が平然と実施され、マスメディアも国家の不正を何ら批判することなく、堂々と国民に表明しているかといえば、我が国は独立国家ではないからなのです。


 はっきり言えば、我が国の司法権は、米国が握っているのです。


 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2015-03-02 06:45 | 情報通信・パソコン | Comments(0)

鳩の日向ぼっこの散歩道

 ようやく春がやってきました。仕事のほうも何とか一息つける目処がつき、仕切り直しの算段を考える余裕ができました。

 そこでというわけではありませんが、しばらくサボっていた散歩を再開し、カミサンと葉山御用邸近くの公園まで歩いてきました。

 森戸神社の海岸を歩いていると、日向ぼっこをしているのでしょう、日差しで暖かくなっている石垣に、鳩が張り付いている光景に遭遇しました。

d0001610_1823179.jpg


 こちらは葉山御用邸近くの一色海岸へ向かう小径です。ちょっとスペイン風なので、シャッターを切りました。明るい日差しがこころをウキウキさせてくれます。


d0001610_1823980.jpg





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-01 18:23 | 身の回り・思い出 | Comments(0)