あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

悪法も法なり。道徳心を養うことが必要だ。


法令遵守の励行よりも 道徳心を養うことが先だ

 日本の指導者的政治家育成を念頭に置いた松下政経塾であったが、人間の基本的な「人格」というものは、なかなか簡単には身に付かないものなのだろう。松下政経塾出身の野田総理大臣が、これほどまでに軽々しく、嘘をいい続けていることに哀しみを禁じ得ない。

 その点、海軍兵学校は、海軍の五省を読むだけで、優れた人間形成育成の場であったと容易に想像出来る。それは、やはり死を覚悟しなければならない者の、人格とは何かを、はっきりと示しているのではないかと思う。

 いうまでもないことだが、道徳心が有るか無いかで、人格は大きく左右される。日本人は道徳心をキリスト教から学んだのではない。仏教や儒教、それに神道などが交じり合った精神として、社会通念上の人間交流の中で、会得してきたのである。

 今、その独特の文化が消滅しようとしている。何とかして古き良き伝統を後世の日本人に残して行きたいと思う。そのためには、この古き良き伝統を守り続けている老人こそが、声をあげ、立ち上がって、行動を起こさなければならないのだ。

 残された時間はあまりない。しかし、老人の熱意こそが、若者の道徳心を育むのである。そのことに希望を持とうではないか。


 スタンフォード大学フーバァー研究所の西鋭夫教授が明らかにしたように、国会議員の中には外国の工作員がうじゃうじゃいることは公然の秘密になっています。

 そういう国会議員は品格が無いのでだいたい見当がつきます。

 ところで、二人の老元首相が、先日の東京都知事選挙で脱原発を掲げて、日本を変えようと奔走しました。国を想う心に年齢は関係ありません。若き特攻隊であれ、年老いた首相であれ、情熱が道徳心を奮い立たせるのです。

 いま日本は右掛かっていると云われていますが、それは国を想う健全な情熱がある証拠です。その情熱が人と人とのつながりを強固なものにし、新しい未来を切り開く原動力になるのではないでしょうか。

 願わくば、それが破壊的なものではなく、融和するものになるように、道徳心が発揮されんことを望みます。

 


  過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2014-02-27 18:03 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

原作より良かった映画「永遠の0」 今ようやく語られる、生き残った者が背負った「永遠の愛」

d0001610_7225466.jpg


 昨日、映画「永遠の0」を観てきたが、とても良かった。

 原作では、太平洋戦史の真実などが随所に書かれていて、下手をすると現在の右翼思想に利用される恐れがあるが、映画では、その部分を綺麗に省いて、命を捨てた者が生き残った者へ託した『愛』が語られている。

 日本の今の政治体制は腐敗し崩壊寸前だが、日本人のこころは未だまだ荒んでいないと感じた映画だった。





 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2014-02-24 07:26 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

自然を管理出来ると思ったら大間違い。この雪の警告を謙虚に聴き給え。

d0001610_21522446.jpg


d0001610_21523718.jpg



 自然はなんと偉大なるものか、都会に住む人間どもは、この雪で思い知ったことだろう。

 そういう自分も目の病気が侭ならず、来月にまた手術をすることになりそうです。

 しばらくブログを休むことになると思いますので、ご了承下さい。




  過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2014-02-17 21:59 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(6)

ポーランドの孤児を救った日本が侵略国であるはずが無い

 日本は古来から共存主義の国でありました。その歴史を米国の占領政策によって焚書抹殺され、無条件民主主義を押し付けられた日本人は、本当の日本の歴史を知らないのです。

 是非、「歴史街道」3月号をお読みになり、占領政策による歪められた歴史の呪縛から解かれますことを、願って止みません。


d0001610_11382426.jpg


d0001610_11394121.jpg


 

  過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2014-02-13 11:47 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

「脱原発」を、二人の元首相が世論に訴えた意義は、けっして小さくない。

        今日の東京新聞朝刊より抜粋
d0001610_21453979.jpg



 東京都知事選挙で、「脱原発」を訴えた細川元首相が敗れたことに、落胆している国民は多いと思います。確かに残念なことではありますが、余り気にする必要はありません。

 何故ならば、この都知事選挙の動向を見ていたのは、東京都民だけでなく、また、日本国民だけではないからです。つまり、世界中の識者が固唾を呑んで、この二人の元首相の訴えに聞き入っていたのです。

 そしてこの世界の識者たちは、元々、日本が米国の属国であることを熟知していますから、この選挙結果について、驚きは示さないでしょう。

 しかし、二人の元首相が真剣になって「脱原発」を訴えたことには、驚きを隠さないと思います。

 結果として、世界の政治家が「脱原発」の意味をはっきりと理解し、軍事目的以外の原子力発電所建設に歯止めがかかることは、まず間違いありません。

 少なくとも、米国で原子力発電所が建設されることは、皆無になったといえると思います。




 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2014-02-11 21:48 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)

都知事選挙、恐らく本当の数字は逆だろう。しかし、これで第三次安保闘争の火ぶたは切って落とされた。

d0001610_09105150.jpg


 東京都知事選挙はシナリオ通りの結果に終わりました。権力側が露骨な報道統制や言論規制を仕掛けてきた今回の選挙は、過去の阿久根市長選挙と同じく、不正の匂いがぷんぷんしてきます。

 本来の平和の姿、自然の姿である、「脱原発」を否定する
圧力が権力を握っているということは、「平和憲法」が如何にまやかしであるかを象徴しています。

 つまり、米国の占領政策に洗脳された日本人が「護憲」を叫んでいる限り、また、命を捨てて祖国を守ってくれた「靖国」に眠る英霊を軽んじている限り、本当の平和を手に入れることは出来ないのであります。

 愛国心とか祖国愛とかに関係なく、「平和」と云うものは、勝ち取らねばならないものなのです。戦争が無くならない理由はそこにあるのです。

 しかし、この東京都知事選挙は決して無駄ではありませんでした。というのも、六十年安保闘争、七十年安保闘争に青春を捧げた、当時の若者が再び立ち上がり、その情熱の凄さを、今の若者は、目の当たりに見ることが出来たからです。

 本物の情熱、本物の青春、本物の真心、本物の信念とは何かを、この老人から学び取ったに違いないのです。

 これで、小泉純一郎は暫く表に出てくることはないでしょうが、日米同盟解消に向けて、政治は動いて行くと思われます。

 何故なら、「脱原発」を邪魔している張本人は、米国だからです。




  過ちては 改むるに 憚ることなかれ

by antsuan | 2014-02-10 07:23 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

満開の梅にも雪は降る 惻隠の情をもつ日本人に戻ろうではないか

 二月に入り、庭の梅もいつしか満開になりました。

d0001610_10255715.jpg


 しかし、その見事な白い花も、辺り一面に降り注ぐ、粉雪には敵いません。

d0001610_10255068.jpg


 葉山は久しぶりの吹雪になっています。

 この雪が解けて心が洗い清められれば、祖先から受け継いできた「惻隠の情」をもつ、本来の日本人に戻るのではないかと、老人として祈らずにはいられません。


d0001610_1126448.jpg




[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2014-02-08 10:32 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(0)

『号外!』 選挙戦の主戦場は今やネットだ。都知爺選を楽しむにはネットが一番。

           本日の東京新聞朝刊から抜粋
d0001610_10114135.jpg


 これだから東京新聞の購読はやめられないのです。この記事にあるように、記者クラブの東京新聞も、都知事選挙の熱気を全く伝えようとしません。物の見事な情報統制であります。しかし、日本放送協会(NHK)にみられるような、「言論規制」までには至っていないのが救いであります。






 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2014-02-05 10:23 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

フクイチ事変の真実 「東海村の原発はベントによる放射能大気汚染を170回も実施していた」

石渡としお後援会のブログより引用しました。
http://www5.hp-ez.com/hp/ooami/page4/bid-246076


2012年5月28日 9時16分18秒 (Mon)

■東海村原発、危機一髪!

■5月20日、長生村にて東海村村長村上氏の講演が行われました。
マスコミも政府もほとんど報道していませんが、東海村原発ですが実は爆発寸前でした。
ここからは、村上東海村村長のお話です。

「昨年3月の大震災で、東海村は震度6強で、5.4mの津波を受けました。原発の電源は断たれ、非常用電源3台のうち、1台が津波でダウン、原子炉内が高圧になり危険でしたのでベント(原子炉内の高圧ガスを抜く)を170回行いました。
幸い海辺に6.1mの防護壁を1日半前に完成していました。
70cmの差で津波を防ぐことができて2台の非常用電源が動き出しました。
防護壁の完成がなかったら福島原発同様に爆発したでしょう。
危機一髪でした。」

如何ですか!マスコミや政府はこういった事実を報道しましたでしょうか?
もし東海村原発が爆発したら、本町内の住民も避難を余儀なくされたかと思います。
それだけではなく、この故郷に2度と戻れなくなったかもしれません。

ところで今問題になっている福島第一原発の4号機の使用済み核燃料プールの状態は世界を脅かす究極の破局の原因となる問題です。
余震によって崩壊し、水漏れを起こして爆発すると、5時間後に東京は住めなくなります。
在日の米国人は2日で日本から避難する態勢を取るなど神経質になっています。
これは元スイス大使の平田光平さんのお話しです。
政府はこの危険な原発をベトナムに2期輸出が決定しています。
しかもベトナム政府の進める導入可能性調査にかかる20億円は日本政府の丸抱え。しかも総工費1兆円は日本側が低金利で融資も決定している。
日本でダメなら海外でてなことでしょうか。

東海村等々の上記の内容は、何ともショッキング的なお話しだと思いませんか。
特に福島第一原発はこれが現在進行形の話題だけに無気味なことです。


 福島第二原発も電源を消失し、一基だけ残った非常用発電機をつなぎ替えて、かろうじて格納容器の冷却機能を維持したことは聞いていましたが、もっと東京に近いところで、はっきり言えば関東圏内で、同様の事態に陥っていた原発があったとは知りませんでした。

 福島第二原発も危機一髪ならば、この東海村の原発はレベル5以上の大事故だったといえるでしょう。

 どおりで、横須賀にいた米海軍が、佐世保に逃げだすはずです。

 こういう非常事態を国民に知らせない国家が、原発の安全管理の意識を持ち合わせているはずがありません。

 原発の安全管理能力を人間は未だに保持出来ない以上、原発を即時廃止するのが、国家の安全保障というものであります。



 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2014-02-02 10:34 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

都知事候補の金曜恒例国会前「脱原発デモ」参加を報道しなかったマスメディアの大罪

  ツイッターより抜粋
【速報】細川都知事候補、きょう国会前「脱原発デモ」参加へ 小泉元総理も同行

https://twitter.com/konkurai/status/429213379010383872/photo/1

  細川護煕東京都知事候補 公式ホームページ http://tokyo-tonosama.com/index.html より抜粋

国会前抗議行動に表敬訪問
【1月31日(金)】

細川護熙氏、小泉純一郎氏、国会前抗議行動に表敬訪問いたします。

※法律に基づき、国会周辺及び空港周辺では街頭宣伝車は使用できないことになっています。
それを踏まえ、細川選挙事務所としては、国会前での選挙活動を控えさせていただく判断をさせていただきました。


 上記のように、宇都宮健児東京都知事候補、細川護熙東京都知事候補、小泉純一郎元首相が、金曜日の夜の恒例となっている国会前の脱原発デモの参加者へ、挨拶に伺ったのは事実です。

 しかし、わたしの知る限り、殆どのマスメディアがこのことを全く報道しませんでした。東京新聞には一行も載っていません。

 また、宇都宮健児東京都知事候補者は、壇上に上がりマイクを手にして、何かを訴えたのに対して、細川護熙東京都知事候補は壇上に挙がらず、マイクも手にせず、肉声のみで挨拶したために、参加者から罵声が浴びせられたとのことであります。

 このような候補者の際立った違いを都民に知らせるのが、報道機関の使命であるはずなのですが、それすらも拒否するという、報道界の末期的な症状が顕著にでています。

 最早、マスメディアは帝国主義時代の遺物となってしまいました。

 ですから、この脱原発の東京都知事選挙は、既存のマスメディアと新興のインタラクティブメディアとの、新しい時代を象徴する戦いであると、言い切って間違いありません。


 


 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2014-02-02 00:15 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)