あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2012年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

やっぱり司法界が腐り切っている

 まずは下の記事をお読み下さい。

   
          ブログ『一市民が斬る』より転載  


10月31日 最高裁は、何故予定を早めて「代表選投票日に小沢起訴議決」をしたのか?

 <2010年9月8日大手6紙が「議決は10月末になる」と一斉報道したのに、6日後の9月14日議決はありえない>

 2010年9月8日の6紙の一斉報道を見てもらおう。
 9月8日付大手6紙新聞報道.pdf  
 どの新聞も、「審査補助員がやっと決まった。これから審査が本格的に始まり、議決は10月末になる」と報道した。
 ところが、検察審査会は、10月4日「9月14日、代表選投票直前に起訴議決した」と発表した。
 「9月8日に審議が始まった」としながら、6日後に起訴議決したということなのだから、「起訴議決」発表そのものがインチキということは明白だ。
 検察審査員がいたら、こんなことは発表できない。
 どう考えても審査員はいないし、審査会議は開かれていない。議決書だけを作成し発表したとしか考えられない。架空議決というやつだ。
 「検察が捏造報告書を提出したため、検察審査員がそれに誘導されて起訴議決の判断をした」という司法専門家がいるが、6日間で、素人11人に事件の全貌を理解させ、誘導したとするのは到底無理な話だ。
 検察審査員がいたとしたら、どんなに手なずけてもいつかばらしてしまうだろう。最高裁はそのような危険な手は選ばない。

 最高裁は、当初から「10月末に架空議決をすること」に決めていた。
 ところが、9月8日~14日の間で急遽議決時期を早めることにした。
 民主党幹部から「9月14日までに起訴議決しておいてほしい」と頼まれたのだろう。

 通常なら断るであろうが、最高裁には断れない事情があった。


 <最高裁は、「香川事件」もみ消しで、仙谷元官房長官ら民主党幹部に借りがあった>

 「香川事件」と「民主党幹部による香川事件もみ消し」のあらまし

 2008年3月、社団法人民事法情報センター(法務省所管)が、理事会での承認も取らずに無利子・無担保・無期限で1500万円を理事長である香川保一に貸し付けた。また同時に理事長に対する報酬をも理事会に無承認で改定し、月額50万円から月額100万円に増額した。
 
 香川保一理事長は、法務省の官房長や民事局の局長、札幌高裁、名古屋高裁の裁判所長官など歴任し、最高裁判事となる。1993年勲一等瑞宝賞。退任後、弁護士事務所を開設しながら、民事法情報センター理事長を務めていた。

 2010年4月13日、民主党による「事業仕分け」の事前調査で、この事実が発覚。
 さらに、民事法情報センター敷地内に、香川の弁護士事務所が設置されている点も明らかにされた。
 2010年4月15日、問題が明るみになったことから、香川は全額を返金した。
 2010年4月16日、衆議院法務委員会の審議ではこれらの点が問題視され、法務大臣千葉景子は「民事法情報センターの存続について検討する」と答弁した。
 2010年5月8日、社員総会を開き、社団法人「民事法情報センター」の解散を決定。
 香川の同法人の私物化はこれに止まらなかった。自分の弁護士事務所経費、人件費のつけ回しなど、帳簿を精査されないように慌てて法人解散を決定したといわれる。
 この事件が、民主党の事業仕分けの事前審査で明るみに出てから、法人の解散決定まで24日しか掛かっていない。しかもこの間にゴールデンウイークを挟んでいるので、実質10日あまりで解散決定をしたことになる。

 多数の有料会員や利用者を無視して突如事業を中止して解散したのは、かなりの暴挙と言われた。この解散以降、記者クラブメディアはまるで箝口令が敷かれたようにこの事件から手を引いた。

 当時の千葉景子法務大臣はこの事件を不問に付したのみならず、この事件が明るみに出た途端に、なぜかこの法人を解散させた。ここで仙谷、千葉は法務省、最高裁に大きな貸しを作った。


 <2010年9月8日~9月14日、民主党幹部が"代表選挙前の小沢起訴議決"を依頼し、最高裁が了承した?>

 依頼ルートは、仙谷元官房長官→江田五月議員→竹崎博充最高裁長官→最高裁事務総局→検察審査会事務局か? 

 なお、江田五月議員と竹崎博充最高裁長官とは、小中高そして東大法学部の同窓、そして2人とも裁判官の道に進んだ。二人は昵懇の仲だ。
 2人が民主党と最高裁事務総局との仲介をしたということだろう。

 最高裁事務総局は、民主党幹部に借りがあるため断れなかったのだろう。
 どうせ起訴議決するのだから、それを早くしてもばれるとは思っていなかったのだろう。
 
 最高裁事務総局の判断は甘かった。

 審査会議を開いていないのに開いたとするのは、無理がある。

 架空議決はいずればれる。


2012年10月31日


 私は、司法官僚のほうが、民主党国会議員の弱みを握っているのだとばかり思っていました。ここまで持ちつ持たれつの悪事だったとは想像出来ませんでした。しかし、充分あり得ることです。





 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2012-10-31 17:20 | 司法 | Trackback | Comments(0)

満月の朝

  朝焼けに、満月が沈むのも、風情があります。

d0001610_15394233.jpg


d0001610_15394553.jpg


[ あなたが生まれたとき周りの人は笑って、あなたが泣いたでしょう だから、あなたが死ぬときはあなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい ]
by antsuan | 2012-10-31 15:40 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

主権在官を糾弾すべし

 主権在官である原因は、他力本願の刷り込みを計った、日本国憲法にある。また、現憲法が、日米安保条約と対を為すものであることも原因の一つである。

 よって、日本国憲法を改正するか、日米安保条約を解消するかの、どちらかを実行しなければ、国民に、主権は戻らないことを、認識するべきである。

 しかしながら、そういう認識を持つ、国会議員や、国会議員候補者がいないことも、歯がゆいものである。


文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』より転載
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20121029/1351478122


「最高裁事務総局」が日本を支配する!!!という現実を直視せよ。 『最高裁の罠』問題追求の過程で明らかになった重大な事実がある。それは、「最高裁事務総局」が最高裁、高裁、地裁という司法組織全体の司令塔であり、黒幕(司法権力の総本山)であるという事実である。「最高裁事務総局」は、裁判官などの「人事権」を掌握しており、裁判官たちは、「最高裁事務総局」の支配下にある。言い換えれば、「最高裁事務総局」が日本を支配しているということである。ー「小沢裁判」と「最高裁スキャンダル」再考(11)
10月25日、「ホテル・ニューオータニ」の大宴会場「鶴の間」で、4200人以上の客を迎えて、小沢新党『国民の生活が第一』の結党大会が開かれた。「4200人」という人数が、どういう政治的意味を持つかは、僕には分からないが、おそらく分かる人には分かるだろう。それ故に、この小沢新党『国民の生活が第一』の結党大会の盛況を、一般国民の眼から、逸らす必要があったのだろう。同じ日の午後三時、石原慎太郎が都知事辞職と新党結成の記者会見を行い、その後、マスコミは、これ幸いと、「石原新党」一色の報道に終始することによって、小沢新党『国民の生活が第一』の結党大会の盛況ぶりを無視・黙殺ことが出来たというわけだ。しかし、「石原新党」報道や「第三局」報道も、いつまでもは続かない。「小沢隠し」「小沢抜き」の政界再編や第三局の話など、テレビ局や新聞社に雇われた御用評論家や御用コメンテーターたちの与太話に過ぎない。つまり、政界再編、第三局・・・にとって「石原新党」や「日本維新の会」など、「ニセの問題」にすぎないからだ。政界で、民主党でも自民党でもない「第三局」が成功するかどうかは、小沢新党『国民の生活が第一』の動向にかかわっているからだ。小沢一郎の「お」の字も出さない「第三局話」を聞いていて、笑いが止まらない。日本国民は、みんな知っているだろう。何故、彼ら御用政治評論家や御用政治ジャーナリストが、「小沢一郎」について沈黙するのか。
テレビや大手新聞・・・などマスコミは、「小沢事件」「小沢裁判」報道を通じて一貫して、「検察の暴走」や「最高裁事務総局の暴走」という、戦後日本の政治システムにかかわる国家的根本問題に消極的であった。「小沢事件」「小沢裁判」報道を通じて一貫して、「小沢裁判」が次々と暴露してきた国家の根本問題を隠蔽し、且つ無視・黙殺して、検察や最高裁の「リーク」をそのままに垂れ流し、単なる小沢一郎の個人犯罪に矮小化、歪曲化してきた。裏どりも取材もせずに、リーク情報を垂れ流すだけのマスコミの蛮行と体質のツケが、読売新聞の「iPS細胞ニセ手術誤報事件」や朝日新聞の「佐々木俊尚『陰謀論書評』削除事件」、週刊朝日の「ハシシタ特集連載中止事件」、古くはTBSの「石川秘書ホテル捏造映像放映事件」・・・などの珍事件をもたらしたと言っていい。自業自得である。テレビや新聞が無視・黙殺したとしても、今、書店では、「小沢事件」「小沢裁判」に触発されたと思われる日米問題、検察問題・・・に関連する本が並び、ベストセラーとなっている。
テレビや新聞が、検察スキャンダルや最高裁スキャンダル報道から逃げ、むしろそれらを隠蔽、無視、黙殺しようとするのは、何故か。言うまでもなく、新聞やテレビ・・・などのマスコミ権力も、「小沢一郎デッチアゲ事件」「小沢一郎抹殺事件」の共犯だからである。つまり、マスコミは、検察スキャンダルや最高裁スキャンダルというような、それこそマスコミが先頭に立って追求すべき問題を隠蔽、無視、黙殺することによって、江藤淳が『閉ざされた言語空間』で先鞭をつけ、有馬哲夫らが追撃してきた「戦後日米関係におけるマスコミの役割」、換言すれば、マスコミこそ、米国のポスト植民地主義的な日本支配の「手先」であったという現実を、みずから暴露しているようなものだろう。(続く)








 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2012-10-30 06:45 | 司法 | Trackback | Comments(4)

秋の日の朝の陽射し

d0001610_19362788.jpg

 秋の陽射しは、朝から縁側を抜けて部屋の中まで注いでいます。

d0001610_19365835.jpg

 空にはうろこ雲が。
 東京では木枯らし一号が吹いたとか。
 今年の冬は足早にやって来そうです。


訂正 木枯らし一号が吹いたのは、近畿地方の誤りです。
   また、縁側の写真は昼過ぎに撮ったもので、朝のものではありません。



[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2012-10-29 19:43 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(8)

石原慎太郎は平成の鈴木貫太郎なり かくして第三の敗戦は収束する

 どうやら、平成の坂本龍馬は必要なかったようです。日本国民は、この二十年来のデフレ経済と福島第一原発の大事故を、第三の敗戦と捕らえており、その収束を模索している最中といえます。

 ならば、平成の維新の戦いを始めるというよりも、泥沼にはまったこの戦争を、これ以上の傷を深くしないように力を注ぐべきでなのであります。


d0001610_14494225.jpg

d0001610_14334297.jpg

 石原慎太郎という老人政治家について、多くの批評がありますが、あの敗戦が明らかであった大東亜戦争を終結に導いたのは、非国会議員で七十八歳の鈴木貫太郎海軍大将であったように、覚悟を決めることは老人のほうが適しているといえます。

 ウィキペディアによると、鈴木海軍大将は総理大臣就任にあたり、次のような声明を出したということです。《今日(こんにち)、私に大命が降下いたしました以上、私は私の最後のご奉公と考えますると同時に、まず私が一億国民諸君の真っ先に立って、死に花を咲かす。国民諸君は、私の屍を踏み越えて、国運の打開に邁進されることを確信いたしまして、謹んで拝受いたしたのであります。》


d0001610_14501972.jpg

 歴史の逆説によって繁栄した国は、大英帝国と日本であると、渡部昇一は「かくて歴史は始まる」で、述べています。

 まだまだ、世界における、日本の歴史は始まったばかりなのです。この敗戦を我々が乗り越えることにより、世界は日本を本当に見習うことになるでしょう。









  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-10-27 15:38 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

雨上がりの葉山の朝は 放射線量値が高い

 雨上がりの昨日の朝、海岸を散歩すると、富士山の頂上は冠雪して白くなっていました。そして、空気も澄んでいるので、放射線量は少ないと思いきや、毎時0.14マイクロシーベルトを記録していました。

 これでは、チャイナやロシアで放射能汚染事故が起きても、分からないどころか、逆に福島第一原発のせいにされてしまう事でしょう。
d0001610_10561316.jpg




[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2012-10-25 08:58 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

【フクイチ四号基の燃料保管プール崩壊の恐れが予想される】

 相変わらず、福島県近辺では震度四以上の地震が起きています。そのような状況の中で、建屋直下の地盤を、メルトダウンした放射性のウランやプルトニウムが、熱でどんどん溶かし続けているとしたら、必ずや建物は倒壊する事でしょう。

 全く恐ろしい事です。
         
           ガイガーニュースより転載
ガイガーニュース
2012年10月23日火曜日
元スイス大使村田光平氏より「4号機建屋傾きが激しい」との連絡-ガンダーセン氏 - ENENEWS
アメリカ原子力技術者のアーニー・ガンダーセン氏は、元スイス大使村田光平氏より「4号機の建屋の傾きが最近になり激しくなってきている」と連絡があったと公表した。信頼できる情報源かどうか確かめるため、村田氏にEメールを出した。

d0001610_19351867.jpg

           元スイス大使 村田光平氏

村田氏によると

「4号機の建屋の一部が80cm沈んでいる、と菅直人元政策秘書の松田光世氏から連絡があった。松田氏に電話連絡すると、松田氏はこの情報を原子力機関の高官から得たと言い、メルトダウンの可能性を示唆したという。4号機は地震直後に90cmほど沈んだが、最近になって傾きが悪化し、 建屋の一部だけ80cm沈下している」

建屋が水平に沈下するのではなく、一部だけ沈下しているのは深刻な状況である。建屋が傾いているというのは、事態の悪化を招きかねない。

元記事:ENENEWS Gundersen: Japan ambassador confirms Fukushima Unit 4 is sinking unevenly — Building “may begin to be tilting” (AUDIO)





  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-10-24 20:22 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

白いツヱ代わりの放射線量測定器

 緑内障で右目が不自由になってからは、目がよく見えないことを知らせるために、何か良い方法を探していました。

 この写真は昨日の朝の森戸神社でのものですが、この棒状の放射線量測定器は、色が白なので良く目立ち、周りのひとに関心を持ってもらうのには、もってこいの道具ではないかと、考えるに至りました。

 ちなみに、その日の線量測定結果は約五割方の地域で反応がありました。

d0001610_22284495.jpg


d0001610_2228366.jpg


[ あなたが生まれたとき周りの人は笑って、あなたが泣いたでしょう だから、あなたが死ぬときはあなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい ]
by antsuan | 2012-10-23 22:37 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

日本の報道業界はとっくの昔に地に落ちているのだが、それが再生不可能であることが分かった。

           ヤフージャパンニュースより転載
橋下氏VS朝日 「自身にルーツを暴いてもらいたい」おわび号に橋下氏反発
産経新聞 10月22日(月)21時15分配信
 日本維新の会代表の橋下徹大阪市長の出自をたどった週刊朝日の連載記事について、出版元の朝日新聞出版は22日、おわびが掲載された23日発売の最新号(11月2日号)を市職員を通じて橋下氏に渡した。橋下氏は「週刊誌だけボーンと送りつけてきた。謝り方を知らない」と批判した。

 朝日新聞社に対する取材拒否を撤回していたが、週刊朝日への批判を継続する姿勢を示した。執筆者の佐野真一氏が連載記事で「橋下家のルーツを調べる」などと書いたことを念頭に、「(週刊朝日は連載の経緯を)徹底検証するというが、佐野氏のルーツを佐野氏自身に暴いてもらいたい」と強烈に皮肉った。

 また橋下氏によると、週刊朝日は連載が問題化する前、橋下氏の母親に対して連載が掲載された号と取材依頼の文書を送付したという。橋下氏は「母親が怒り狂ったり、狼狽(ろうばい)したりする姿を記事にするつもりだったのか。こいつら人間じゃない、鬼畜。矯正不可能な鬼畜集団」と怒りをあらわにした。

 週刊朝日の最新号では河畠大四編集長名で2ページにわたるおわびを掲載。「同和地区を特定するなど極めて不適切な記述を複数掲載してしまいました」などとしている。


 朝日新聞社は、ツイッターというものが自身の所有する輪転機よりも優れていることに、未だ気が付いていないようです。

 しかし、文言が人間の品格を表すことを忘れてしまった新聞社は、その存続を否定されてもやむを得ないことです。




  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-10-22 23:49 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)

『歴史とは虹のごときものである』  虹は 距離と角度を置いて 初めてみることが出来る

『歴史というものは虹のようなものである。それは近くに寄って、くわしくみれば見えるというものではない。近くに寄れば、その正体は水玉にすぎない』
d0001610_22351622.jpg

 そして、歴史における水玉というのは、個々の歴史資料や個々の歴史的事実といったものであろう。だが、こういった歴史的事実を集めてみても、その観察者の立っている場所が悪ければ、歴史の実像はいっこうに見えてこないのである。

 見る側の人間がいなければ、虹と同様で「歴史」は存在しない。いわゆる客観的なものは個々の「史実」だけであり、それはあくまでも虹における水滴ごときものなのである。

 それはたとえば、この前の戦争、すなわち第二次世界大戦の歴史を考えてみれば分かるだろう。



 渡部昇一のこの本は、二十年前に書かれたものであるが、水玉のごとき「史実」すらも知らされなくなってきている、今の日本人には、第一章だけでも読む価値があると思う。

 かく云うわたしも、まだ第一章しか読んでいないのだが、、。





  過ちを見てそれを正そうとしなければ過ちを犯した者と同罪だ
by antsuan | 2012-10-21 22:53 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback(1) | Comments(0)