あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2010年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

春休みが欲しい

 三月は師走並に予定が立て込み、期末の今日は何だか大晦日の気分です。これで良いのでしょうか。良いわけありません。

 長男はとうとう二浪目に突入です。自宅学習をさせるかもう一度予備校に行かせるか悩みましたが、結局東京の予備校に通わせることにしました。そんなことで振り回された三月でもありました。

 ヨットの故障は直ったものの、挫いた足が完治せず、おまけに寒くて花見に浮かれる気分でもなく、心の晴れない三月でした。

 明日からは新規予定の仕事と、三月までに出来なかった仕事と二つを抱えて再出発です。もう今からため息が出てしまいます。
by antsuan | 2010-03-31 23:32 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(12)

代理戦争

  <毎日jp>
選挙:逗子市議選 顔ぶれ決定 投票率は過去最低 /神奈川
 任期満了に伴う逗子市議選(定数20)は28日投開票され、新議員の顔ぶれが決まった。投票率は51・46%で、前回の54・35%を2・89ポイント下回り過去最低を更新した。当日有権者数は4万9727人(男2万3283人、女2万6444人)。
 当選者の党派別は▽民主2▽自民2▽公明2▽共産2▽みんなの党2▽神奈川ネット1▽無所属9。衆院神奈川4区で議席を争った民主・長島一由、みんな・浅尾慶一郎両議員の代理戦争とも言われ、推薦を含めると、民主5人中3人、みんなは3人全員が当選した。女性は7人。
 女性7人を含む25人(現職16、新人9)が立候補、ごみ処理など直面する市政の課題を訴えた。米海軍池子住宅地区返還問題は、候補者の約半数が選挙公報でもほとんど触れず、主な争点とはならなかった。【吉野正浩】
==============
 ◇逗子市議選開票結果(定数20-25)
当 2371 高谷清彦  31 み現(2)← みんなの党公認
当 2206 毛呂武史  42 み現(3)← みんなの党公認
当 1462 菊池俊一  40 無現(3)
当 1359 高野典子  60 公現(3)
当 1341 真下政次  60 自現(5)
当 1316 松本寛   46 無新(1)
当 1260 高野毅   37 民現(3)
当 1245 丸山治章  45 自新(1)
当 1235 塔本正子  65 無現(5)
当 1123 田中英一郎 43 公現(2)
当  936 君島雄一郎 40 無現(2)← みんなの党支持
当  930 岩室年治  51 共現(6)
当  917 橋爪明子  52 共現(3)
当  907 匂坂祐二  40 無新(1)
当  901 横山美奈  47 無新(1)← みんなの党推薦
当  863 岡本勇   72 無現(6)
当  848 原口洋子  54 ネ現(3)
当  804 長島由里  31 民現(2) ☜ 民主党の長島一由夫人
当  762 奈須和男  75 無現(8)
当  650 加藤秀子  47 無新(1)
   516 関口正男  47 無現
   495 飯山圭一  42 無新
   389 竹山米一  59 無新
   362 上垣敬祐  39 無新
   203 堀江敏   55 無新
 =選管最終発表

 正真正銘のみんなの党対民主党の代理戦争でありました。民主党にわざわざ除名された、みんなの党の浅尾さんとしては、得票率もおおいに気になるところです。しかし、ごらんの通り、ダントツの得票率を獲得しました。

 この結果が全国の指標になると言うのは早計でしょうが、みんなの党としては、来るべき参議院選挙の弾みになることは間違いありません。
by antsuan | 2010-03-29 18:01 | 政治・経済 | Trackback | Comments(4)

拉致事件は外交能力の問題

2010年3月28日 20時31分
<拉致問題>被害者家族会が蓮池透さんの退会発表
                       毎日jp
 北朝鮮による拉致被害者の家族会は28日、蓮池薫さん(52)の兄、透さん(55)の退会を発表した。飯塚繁雄代表らが東京都内で会見し、明らかにした。

 透さんは、北朝鮮への制裁などを巡る家族会の方針に異論を唱えていた。増元照明事務局長は「家族会の総意を無視した(透さんの)発言が誤解を招いている。会とは無関係であることをはっきりさせた」と説明した。

 事実上の除名について、透さんは取材に「家族会の目的は被害者の救出であり、方法論が多少違ったとしても自由にものを言える多様性も必要ではないか。僕をやめさせることで拉致問題が少しでも進展すると判断されたのなら、甘んじて受けるしかない」と話した。【合田月美】

 考えてみれば、帰国した拉致被害者の方々に自立して生きていけと言うほうが無理というものでしょう。そして彼らが国の援助によって楽に生きている姿を見れば見るほど、被害者の家族はいたたまれない気持ちになるのもよく分かります。

 こんな内紛劇が起きるということは、国の外交力が弱すぎるからです。弱いというより外交能力がないのです。つまり、無能なのです。

 小泉元首相は平壌に飛んだ時、拉致問題が解決した場合には、復興援助費用として一兆円を約束したそうです。その額を聞いてちょっと多すぎるのではないかと思っていましたが、今の政権の赤字国債を垂れ流すバラマキ財政策を見るにつれ、それで解決出来るのならば安いものだと今は思っています。

 この問題も、財政危機の問題も、時間をかければかけるほど事態は悪化していくのです。
by antsuan | 2010-03-28 22:51 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

国家の死

東京新聞 TOKYO Web 【経済】
消費者物価1.2%下落 2月
                   2010年3月26日 夕刊
 総務省が二十六日発表した二月の全国消費者物価指数(二〇〇五年=一〇〇、生鮮食品を除く)は前年同月比で1・2%下落の九九・二となり、十二カ月連続のマイナスだった。下げ幅は前月の1・3%下落からやや縮小したが、デフレ傾向は依然として続いている。
 東京都区部の三月の消費者物価指数(中旬速報値、生鮮食品を除く)は前年同月比1・8%下落の九八・九。

 つまりですよ、一次、二次補正予算の効果は全くなかったというわけです。それならば、新年度の大型予算成立による子ども手当てなどのバラマキをしても、デフレが続く可能性は大です。右肩上がりの経済成長時代が終焉してから二十年以上も経ってしまいました。すなわち、失われた年月は十年どころではなく二十年ということになります。となると、経済の破綻という国家の死はもうすぐ目の前に来ているのかも知れません。
by antsuan | 2010-03-27 22:30 | 政治・経済 | Trackback | Comments(8)

拙速

河村市長の議会改革案否決、名古屋市議会委
 名古屋市議会の常任委員会は23日夜、河村たかし市長が提案した議会改革条例改正案を否決し、新規施策を一部削って組み替えた2010年度予算案を修正、可決した。
 また、民主、自民、公明の主要3会派は、昨年12月の臨時議会で成立した「市民税10%減税」の実施を2010年度だけに限定する改正条例案を可決する方針を決めた。24日の本会議で、議会改革の条例改正案は否決、修正予算案は可決される見通し。
 議会改革案は、議員の定数を75から38、報酬を1人あたり年間1633万円から同816万円にそれぞれ半減させ、政務調査費も廃止するもの。しかし、議会側は「半減させる根拠が不明だ」などと反発し、独自の改革案をまとめ、今月19日に全会一致で可決していた。
 一方、恒久的なものとして河村市長が公約し、昨年12月に成立した「市民税10%減税」についても、議会側は「減税のために市民サービスが低下する」として、とりあえず単年度だけに限定した上で、予算案も修正。名古屋に企業や住民を誘致するといった市長肝いりの新規施策を次々にカットすることを決めた。
 河村市長は本会議の採決後、審議をやり直す「再議」を申し立てるとみられるが、覆すのは困難な情勢だ。このため、市長の支援団体「河村サポーターズ」が、議会解散請求(リコール)に向けて署名運動の準備を本格化させるとみられている。
(2010年3月24日00時23分  読売新聞)

 東京都の山田杉並区長が、河村名古屋市長の行政改革について、やり方の順序を間違えていると批判していましたが、心配していた通りになってしまいました。
by antsuan | 2010-03-27 21:53 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

日本において人殺しが英雄扱いされた事件

2010年3月26日 10時12分   ( 2010年3月26日 11時50分更新 )
                 共同ニュース
金嬉老元受刑者が死去 立てこもりで民族差別訴え 

 【ソウル共同】68年2月の「金嬉老事件」で無期懲役が確定後、99年9月に仮釈放され韓国に渡った金嬉老元受刑者が26日午前死去した。81歳。静岡市出身。関係者が明らかにした。静岡県清水市(当時)で暴力団員2人を射殺した後、同県・寸又峡温泉の旅館に客や経営者家族ら13人を人質にして立てこもり、在日韓国・朝鮮人差別を訴え、大きな社会的反響を引き起こした。

 この事件、よーーく覚えています。しかし、毎日新聞はこの元受刑者を"さん"付けで報道しているように、在日韓国・朝鮮人の扱いに対して、不当な逆差別があることを知った事件でもありました。もし彼が、アメリカ人だったら、あるいはベトナム人だったら、沖縄問題やベトナム紛争を想起した別の意味の嫌悪感を持った社会的反響を引き起こしたことでしょう。

 ここにマスメディアの欺瞞に満ちた報道を垣間見ることが出来ます。
by antsuan | 2010-03-26 13:32 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(2)

自由を意味する言葉

d0001610_1416358.jpg

 この読売新聞の編集手帳はずいぶんと偉そうなことをいっているけれども、我が国の報道界の自主検閲もチャイナに劣らず酷いものだ。しかし、「人の振り見て我が振り直せ」ということわざもある。チャイナの目に余る報道の自由への弾圧を省みて、読売新聞は、「自由」という言葉の意味を尊重し、GHQの占領政策以来脈々と続いてきた、自己規制の不自由を自ら取り除いてみては如何だろう。
by antsuan | 2010-03-25 21:05 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

小泉元首相を参議院選挙の比例代表候補に


 麻生前首相のお坊ちゃまぶりはバカ丸出しで、官僚主導、財界依存の酷さを十分にさらけ出してくれましたが、今度の鳩山首相は東大出のお坊ちゃまです。しかしながら、頭でっかちの無能ぶりはバカよりも始末に負えないことを示してくれただけでなく、組合依存による道徳軽視の心の貧しさを遺憾なく見せつけてくれています。

 これで国民は、やっぱり憲法を変えなくてはいかんと、はっきり思い始めたことでしょう。政党政治はもう古いと国民が感じ始めれば、もう未来は拓けたも同然です。そろそろ新しい尊王攘夷の風が春の嵐のように吹き荒れるに違いありません。

 では、二十一世紀の尊王とは何でしょうか。それは日本語の再認識です。横文字だらけの日本語をきちっと翻訳することです。次に二十一世紀の攘夷とは何か。それは地方分権です。中央政権からの脱却です。

 はっきりいって、これらは自己責任を伴う荒療治です。しかしながら、それをやらないよりはやったほうがずっとマシだと、無責任な鳩山政権を見て、国民は気付いたことでしょう。

 幸いに、民主党はかつて首相公選及び国民投票制の憲法改正案を国民に提議していた時期がありました。今や、国民にとってその案に異論はないはずです。

 日本の政治の洗濯のためには、いっそのこと自民党は、小泉純一郎元総理大臣を今度の参議院選挙の比例代表に担ぎ上げて、憲法改正を全面に押し出すことがもっとも効果的だと思うのですが、いかがでしょう。
by antsuan | 2010-03-23 20:34 | 政治・経済 | Trackback | Comments(6)

オーロラツアーの同期会は延期

独立行政法人に交際費はない

事業仕分け 「官」に宣戦布告 第2弾ヒアリング
3月9日20時46分配信 毎日新聞

 政府は9日、独立行政法人、公益法人を対象とする「事業仕分け第2弾」の省庁ヒアリングを開始し、対象法人の選定作業が本格化した。仕分けのターゲットとなるのは、収入の半分以上を公費が占めるなど各省庁と密接な関係にある天下り法人。枝野幸男行政刷新担当相はヒアリング開始前、民主党の蓮舫参院議員ら「議員仕分け人」たちに「来年の今ごろはこういった法人は一つも許されないというようなことにしたい」と呼びかけ、「官」側に宣戦布告した。

 ヒアリングは「天下りを受け入れている」など7基準のうち複数に該当した290公益法人のほか、98独立行政法人について事業内容を聴取するもので、4月下旬の開始を想定している事業仕分けのいわば前哨戦。1週間程度続けたうえで一部は再ヒアリングし、4月上旬には仕分け対象の法人を決定する。

 これまで天下り法人が国から受注してきた事業や補助金、基金の中に、官僚OBの人件費など「無駄遣い」が多く含まれると見ており、こうした公費の支出を止めるのが仕分け第2弾の狙いだ。公費依存度が高い法人は、事業が「不要」と判定されただけで存続の危機に直面する。枝野氏は9日の記者会見で「『予算がついているんだから(事業のあり方を)変える必要はない』と思っているところはばっさりやられる」と強調した。

 枝野氏は同日、290法人のうち過去に国会審議や会計検査院に問題点を指摘された50法人を公表した。建設技術の調査などを行う国土交通省所管の「国土技術研究センター」は、民主党の川内博史衆院国土交通委員長が08年2月の衆院予算委員会で「常勤役員4人全員が国交省出身で、年間50億円ぐらい国交省から随意契約で仕事をもらっている」と批判。長妻昭厚生労働相も08年当時、同省との随意契約が多い法人の一つとして問題視していた。

 また、経済産業省所管の「新エネルギー財団」は09年10月、基金の額が上限を超えたとして1億3988万円を国庫に返納するよう会計検査院から指摘されている。

 枝野氏は「独法、公益法人という仕組みへの国民の不信を払しょくするところまでメスを入れる」と意気込んでおり、独法については6月、公益法人に関しては年内をめどに制度そのものの改革を求める提言をまとめる。【影山哲也】



 先日の温泉旅行で会った友人は、某国立大学のナンバーツーなのですが、研究機関であるはずの大学の悲惨な内情を吐露してくれました。それを聞くと役人批判の矛先が鈍ってしまうほどです。

 簡単にいうと、独立行政法人には接待交際費なるものが認められていないので、ナンバーツーはあらゆる行事の打ち合わせにかかる費用のうち、大学外での殆どにおいて自腹を切っているそうです。しかも、ナンバーツーといえども学者扱いから事務職扱いにされて、管轄省庁の部課長クラスの年俸なんだそうです。

 たとえば、海外の著名人が大学に表敬訪問に来たとします。講演とか会議については会議費を大学に請求出来るのですが、その前後の歓送迎会費については彼の自腹ということになるわけです。そういうわけで、ナンバーツーといえども出張の際は安ホテルに泊まって出張費を浮かせるようにしているそうです。ところが、ある時、某大学教授がカプセルホテルに泊まっていて具合が悪くなり、救急車で運ばれたことが話題になってしまい、みっともないから安ホテルに泊まってはならぬというお達しがあったそうで、泣きが入っています。

 しかも、部下が不祥事を起こした場合は、たいてい連帯して責任を取って給料を減俸するので、卒業生の結婚式に招かれても、包んでいく金がなくて、とても喜べないといっていました。そんなことをいっている最中に、彼の携帯電話が鳴り、文科省に相談なく研究発表してそれが新聞沙汰になっているという一報が入り、対応に追われていました。

 元々、大学とか研究機関は無駄だらけなのです。何十年という期間で研究し続けなければならないものが山ほどあるというのに、事業仕分けでその無駄を省いたら、本当の研究なぞ出来っこありません。

 これで、オーロラツアーの同期会は当分先のことになってしまいました。
by antsuan | 2010-03-22 21:42 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)

お彼岸

 ようやく春の嵐が過ぎ去って行楽日和の彼岸となりました。しかし、富士山が見えるので分かるように、肌寒く、桜はまだまだのようです。

 今回も家族みんなで墓参りをしてきましたが、この鎌倉までの国道一三四号線というのは暴走族あこがれの道路なんだと自慢する口うるさい次男のお蔭で兄弟げんかが始まり、そそくさと帰ってきました。
d0001610_10483190.jpg

by antsuan | 2010-03-22 10:48 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(4)