あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2009年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

「シルクロードの旅」は「死の灰の旅」

中国核実験 「ウイグル死者、数十万」 米有名科学誌が可能性指摘
2009年7月31日(金)8時0分配信 産経新聞

 米国で最も人気の高い科学雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」7月号が、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で中国当局が実施した四十数回の核爆発実験の放射能により、数十万ものウイグル住民が死亡した可能性があるとする記事を掲載した。(ワシントン 古森義久)
                   ◇

 記事は、ウイグル人医師のアニワル・トヒティ氏と札幌医科大教授で物理学者の高田純氏の合同調査結果を基礎に書かれたもの。

 高田教授は同自治区のシルクロード紀行番組を長年、放映したNHKの核実験無視の姿勢を非難している。

 「サイエンティフィック・アメリカン」7月号は、「中国の核実験は多数の人を殺し、次世代を運命づけたのか」「中国が40年にわたり核爆弾を爆発させたことで、放射能の雲は住民の上を覆った」という見出しの記事を掲載した。

 同記事はまず、トヒティ医師が新疆ウイグル自治区で1973年の子供時代、3日間、空が黒くなり、土砂のような雨が降ったのを目撃し、後年、それが核爆発の結果だったことを認識したと指摘。その上で、「シルクロード上のロプノル実験場における、1964年から96年までの四十数回の核爆発による放射能の結果、数十万の住民が死んだ可能性がある」と報じた。

 記事はさらに、現在、英国やトルコを拠点にウイグル人の放射能被害を研究するトヒティ医師が、高田教授と「ロプノル・プロジェクト」という共同研究を進めているとし、高田教授の「新疆ウイグル自治区で放射能汚染のために19万4千人が死亡し、120万人が白血病などを病んだ」という算定を伝えた。

 「サイエンティフィック・アメリカン」は米国だけでなく国際的な評価も高く、同誌が今回、事実として正面から伝えた「シルクロードの核汚染」は、それを否定してきた中国政府にも厳しい詰問となる。

 また、高田教授はNHKが長年、シルクロードの番組を放映し、多数の日本人観光客に核汚染が明白な地域を訪問させながら、核爆発についてはいっさい、沈黙してきたとして今年4月、公開質問状の形で抗議した。

 NHK側は「(放射能汚染についての)認識は放送当時も現在も持っていない」と回答したというが、今回の米国の科学雑誌の記事は、高田教授側の研究の成果や意見に国際的認知を与えたこととなる。

*下線はブログ管理者による

 国民から受信料を徴収している報道機関が、事実を隠ぺいあるいは捏造して報道したのなら、それは立派な犯罪です。

 日本の沈黙がチャイナの民族弾圧を助長しているのです。そういう意味からすると我々はチベットやウィグル民族抹殺の共謀者です。

 平和主義者よ、戦争反対論者よ、あなた方がこのことに目をつぶるのならば、偽善者であり、人殺しの共犯者と言わせてもらいます。
by antsuan | 2009-07-31 12:58 | 情報通信・パソコン | Comments(12)

正式なものではない!?

民主政権公約 バラバラ…意思の疎通大丈夫?
2009年7月31日(金)8時0分配信 産経新聞


 ■鳩山氏「正式なものでない」
 ■岡田氏「必要があれば訂正」
 ■小沢氏「追加の必要はない」

 民主党の鳩山由紀夫代表が、27日に発表したばかりの衆院選マニフェスト(政権公約)について「正式なマニフェストではない」と発言したことが波紋を広げている。

 与党側は、さきのマニフェストについて「政治的責任を負う」と断言した鳩山氏を批判。民主党の小沢一郎代表代行も鳩山氏にかみつくなど、党首脳間の意思疎通が十分でない実態が浮き彫りになった。

 鳩山氏は29日、遊説先の熊本県菊陽町で記者団に対し、「この間(27日)出したのは正式なマニフェストではない。正式なマニフェストは公示日からしか配れない」と述べた。大阪府の橋下徹知事が民主党のマニフェストを批判し、追加するよう求めていた「国と地方の協議機関の法制化」を明記するよう軌道修正を図ったものだ。マニフェスト作成を主導した岡田克也幹事長も30日の記者会見で「必要があれば(マニフェストを)訂正することは、やぶさかではない」と述べた。

 だが、小沢氏は同日、岐阜県可児(かに)市で記者団に対し、協議機関の法制化について「盛り込んで悪いわけではないが、わたしたちは今の行政の仕組みを根本的に変えようと言っている。今の仕組みを前提にした議論をする必要はない」と追加の必要はないとの考えを表明した。

 一方、公明党の北側一雄幹事長は30日、「(鳩山氏は)実現できなかったら辞めますと言った。本当にぶれている」と批判。政府筋も同日、「鳩山氏がそう言うのだから自民党もマニフェストを出してからどんどん修正していけばいい」と皮肉った。


 民主党の鳩山さんは何時もそうなのだが、浮き足立っていて地に足を付けていない感じがします。友愛だけでは石にかじりついても実行すると云う信念が見えてきません。こんな人に国の舵取りを任せていいとはとても思えません。

 没落した英国を見てもはっきりしていることですが、議院内閣制と云う政党政治はもう古くて使い物になっていないと云っていいでしょう。
by antsuan | 2009-07-31 09:45 | 政治・経済 | Comments(2)

裁判員制度はどうなった

 解散総選挙で吹っ飛んでしまった感がありますが、導入された裁判員制度の裁判にも目を逸らしてはならないと思います。この制度が欠陥だらけの目茶苦茶な法律であることは新聞雑誌などで指摘されています。しかし、どんなに酷い制度であろうと変えないよりは変えたほうがマシだと思っています。つまり、今はやりの言葉を使えば"チェンジ"です。
 
 法律が不備であればあるほど、人間は理性を働かそうとするものです。ですから、本当は法律なんてホンの少しで良いのだと思います。

ボイスプラス  
  人の痛みを知る
          高山正之(ジャーナリスト)

 米国では小学校から模擬法廷の授業がある。参観したクラスではグリム童話のヘンゼルとグレーテルの魔女殺害事件を検察団、弁護団に分かれて審理していた。ときたま裁判長役の教師が「飢饉で親が子供を森に捨てることもあった」と事件の背景を説明する。
 陪審員役の子供たちは魔女殺しについて無罪。ただ魔女の宝石を盗った件では有罪とした。結構、説得力があった。

 中学、高校になるとカリフォルニアなど12の州に法的な拘束力をもつ「Peers court」がある。ピアとは仲間、友達ほどの意味で、ちゃんとした判事の下で検事、弁護士は仲間の生徒が担当する。この法廷に掛かるのはいじめや落書き、器物損壊などの軽犯罪に限られる。

 同級生の前で自分の行為を尋問され、情状面では普段の行ないも採点される。もちろん本人の長所も弁護側から出され、自分の社会的評価も知ることになる。判決は社会奉仕、被害者への謝罪、賠償などで、それを果たすと犯罪記録は消滅する。

 しかしそうした現実面より、自分が他人にどんな痛みを与えていたかを知ることが大きいといわれる。

 広島少年院で、指導に当たる法務教官が少年たちにシャワーで水をかけ、顔を殴り、トイレに行かせずに失禁させたとして、地検が逮捕した。『朝日新聞』は「親代わりになって教育するはずなのに、これは教育から程遠い人間の尊厳を踏みにじる行為だ」と怒る。

 少年の親も出てきて「うちの息子も暴言を吐かれた」、別の親も「平気で暴力をふるうなんて許せない」とわが子に代わって怒る。

 しかしそのわが子は何をしたのか。失禁させたり、シャワーをかけたり、では少年院には行けない。「平気で殴る」「人の尊厳を踏みにじる」積み重ねがあってやっと入所できたはずだ。そして初めて教官によって人の痛みを知った。親もわが子が苛められるつらさを知った。子にも親にもいい勉強になった。むしろ、いい教官だったと考えるべきではないか。

by antsuan | 2009-07-29 12:56 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(4)

信念を貫く

d0001610_1522527.jpg

 ブレずに信念を貫く。大人の社会でもそう簡単に出来ることではありません。しかし、自分がこの政治家に関わってきた理由はまさにこの点にあると云っていいでしょう。ブレない信念があるからこそ支援したのです。わたしと同じ思いを持っている支援者はたくさんいます。そして、地元の有権者にもそれが伝わっていると信じています。
 
 信念を貫いて離党届を出した者をわざわざ除名するなんて民主党は了見の狭い党です。前原代表の時も百パーセント大連立はありえないなんて大上段に構えていましたっけ。

 八月は十五日の終戦記念日があります。選挙に避けて通れない、戦争責任とか靖国参拝などの外交問題が表に出てきます。わたしの考えではこの問題、つまり外交において民主党は足下をすくわれると見ています。
 
 友愛的外交に国民は懐疑的です。日米安保の地位協定だけを見直そうにも国民の理解が得られなければ、それだけで政権は立ち行かなくなります。それを知っているのは首相経験者だけなのでしょう。
 
 民主党は自民党よりも先に政策公約を発表しましたが、内政についてはよく出来ているほうだと思いますが、外交問題については、政権を取ったとしても今より悲惨な状況になると見ています。
 
 願わくば、内政に専念出来る国際情勢であって欲しいと思っています。
by antsuan | 2009-07-28 15:16 | 政治・経済 | Comments(2)

倒壊は建物だけか

d0001610_7173346.jpg

 ポッキリ倒壊第2弾!今度はテレビ塔が真っ二つに—河北省石家荘市
  2009年7月27日(月)9時1分 配信     @Record China

2009年7月23日、河北省石家荘市晋州市で、建設中のテレビ塔が高さ50メートルの地点で折れ、真っ二つとなる事故が起きた。写真は壊れたテレビ塔。あたりには破片が散乱している。

2009年7月23日、河北省石家荘市晋州市で、建設中のテレビ塔が高さ50メートルの地点で折れ、真っ二つとなる事故が起きた。26日、河北青年報が伝えた。

先日、上海市でマンションが根元からポッキリ折れたように倒壊する事故が起きたばかりだが、今度はテレビ塔がポッキリ真っ二つとなる異例の事故が起きた。現場となったのは晋州市で建設中のテレビ塔。高さ187メートルもある大型のもので、設計寿命は50年。320万元(約4440万円)を投じて建設されている。本来は昨年2月に完成予定だったが現在にいたるまで完成していなかった。

23日午後は大雨と強風という悪天候ではあったが、風速は20メートル超と十分にありうる範囲のもの。それでもテレビ塔は無残にも真っ二つとなってしまった。(翻訳・編集/KT)

 いやはやこれではちょっとした地震でも遭ったらどうなることやら。チャイナの発展はまさに砂上の楼閣なのでありましょう。来年の上海万博では、こういう倒壊物の展示がいっぱい出てくるような気がするのですが・・。
by antsuan | 2009-07-27 12:13 | 政治・経済 | Comments(4)

霧の海

梅雨明けしたはずなのに

d0001610_8145294.jpg

 視界は三百メートル足らず、突然に釣り船が現れたりします。
d0001610_815789.jpg

d0001610_8152030.jpg

d0001610_8153039.jpg

 GPSのおかげで、島に追突する前に航路変更することが出来ましたが、白い闇は本当にコワイです。霧が晴れてくると風が強まるとのアドバイスを受けて、昼には帰港し、そそくさと後片づけをして帰りました。
by antsuan | 2009-07-27 08:16 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(4)

おらがチームは葉桜ファイターズ

 去年の北京オリンピックで女子ソフトボールが金メダルを取って以来、我国でもソフトボールが見直されていますが、私の年代では女子プロゴルファーの岡本綾子がソフトボールで体を鍛えていたのを知っています。

 どんな競技でも同じことなのですが、子供たちがたくましく育っていくのを見るのは実に気持のいいものです。幸い息子の所属している 葉桜ファイターズは、総監督以下、監督コーチの愛のある優しく厳しい指導のもと、子供たちが力を出しあって自らを鍛えています。

 YouTubeをブログに貼付ける方法が分らなくなってしまいましたので、取り敢ずリンクしました。画面にうちの息子は出ていないのですが、「カッセ、カッセ、カッ飛ばせー」と一番大きい声で応援しています。

おまけも見る
by antsuan | 2009-07-26 06:19 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(4)

ソフトボールの反省会

 先週に引続いて三男のソフトボール大会の応援に、小田原市の酒匂川の河川敷に行ってきました。結果は一回戦で雨のためコールド負けです。
d0001610_23151538.jpg

d0001610_23153233.jpg

d0001610_23154512.jpg

d0001610_23162098.jpg

d0001610_23155725.jpg

d0001610_23161099.jpg

 おかげで、お父さんたちは一杯やりながら夜遅くまで反省会をすることができました。
by antsuan | 2009-07-25 23:20 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(0)

古い政治家よ さようなら

2009年7月23日 14時04分 ( 2009年7月23日 14時04分更新 )
                          共同ニュース
神奈川4区、民主党が分裂選挙 参院浅尾氏が衆院選出馬へ
 民主党の「次の内閣」防衛相浅尾慶一郎参院議員が、民主党を離党、衆院選で神奈川4区から立候補する意向を支援者に伝えたことが23日、関係者の話で分かった。24日にも離党届を提出し記者会見する予定。民主党は、同区で元神奈川県逗子市長長島一由氏の擁立を決めており、事実上の分裂選挙になる。浅尾氏は、新党結成を目指す渡辺喜美元行政改革担当相らとの連携も視野に入れているという。

 予定通り動き出しました。
by antsuan | 2009-07-23 17:41 | 政治・経済 | Comments(4)

国民は労働者なんかではない


 帝国時代の戦前は、我が国においても、ホワイトカラーとブルーカラーつまり管理事務職員と労働者は会社の入り口まではっきり分かれて差別されていました。いまでもそれは公務員に引き継がれていて、キャリア職員とかノンキャリアとか明確に差別しています。

 しかし戦争に負けたお陰で、この帝国主義的差別は我が国独特のものではなかったにも関わらず、社会主義的逆差別を受け入れて、管理職も労働者も一緒くたになり、つまりサラリーマンとしてひと括りになりました。

 ところが、これが労働者の愛社精神に火をつけ、現場職員として管理職員と一緒になって、労働環境の改善のみならず作業の改善に取り組み、品質向上に励み、会社の信用を高めて、見事な日本株式会社を築き上げたのです。

 はっきり言って、日本のサラリーマンはもう労働者じゃなんかありません。所得税と云うのは日本国に対する出資金ですから、正真正銘の資本家なのです。サラリーマンは、労働者としての権利を叫ぶのではなく、出資者としての正当な配当を要求するべきなのです。
by antsuan | 2009-07-22 14:11 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(4)