あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2009年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「昭和の日」でしたね

 庭の草刈りをして、くったびれてしまいました。でも、次男も手伝ってくれたので一遍に終わり、ホッとしているところです。
 
 四月二十九日は、昭和の日というよりも天皇誕生日といった方がピンとくる年代ですが、恐らく昭和初期に建てられたであろうこの建物も、この葉山の海風にさらされてだいぶ傷んで来ました。しかし、私の生きているうちは、まだまだこの姿でいて欲しいものです。
d0001610_18384915.jpg

d0001610_18383453.jpg

by antsuan | 2009-04-29 18:37 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(16)

健康管理

 今日のお昼は久しぶりにお弁当です。
d0001610_12543520.jpg

 今年の目標は六キロ減量と正月に決めたというのに、逆に一キロのオーバーで四苦八苦しています。そんなことを時々口にするので、カミさんが気を利かせてお弁当を作ってくれました。
 
 おーっ、コンニャクが入っている。これを食べただけで痩せた気分になってしまうのがいけないところ。本当はかかりつけの先生の指示通りに、毎日汗をかく程度の散歩をしなければいけないのですが、写真でもバレバレの通り、仕事場でもブログ漬けの毎日。

 今日の朝も、カミさんが子どもの友達のお母さんに、「御主人ブログやっているんですね。子煩悩ですね。」って言われておかんむりです。そんな暇があったら、子どもとキャッチボールでもして痩せたらといわんばかり。

 こりゃー、トバッチリが来ないうちに減量しなきゃ。
by antsuan | 2009-04-28 12:56 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(4)

寮歌集

 今は殆ど歌われなくなりましたが、昭和の時代までは、寮歌なるものをまだ懐かしく歌っていたものです。「嗚呼玉杯に花うけて」や、「春爛漫の花の色」の寮歌は有名ですが、実はこれ、毎年、学園祭というか紀念祭の時に創られ披露されていたようなのです。そして、寮は東西南北中の五寮在って、それぞれの寮生が寮歌を作っていたらしいのですが、祖父も一高時代に寮歌を作っていたことが、この寮歌集をめくってみてわかりました。
d0001610_19164263.jpg

d0001610_19165490.jpg


        祖父が作詞した寮歌
d0001610_1917611.jpg

        嗚呼玉杯に花うけて
d0001610_19171893.jpg

        春爛漫の花の色
d0001610_1921957.jpg



 この寮歌集、昭和十五年のものなのですが、もう著作権が消滅しているのならば複写して本ごとブログに保管してみようと思うのですが、どなたか著作権に詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
by antsuan | 2009-04-27 19:20 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)

気持ちの好い朝

 白い富士山がくっきり見える、とっても好い天気の朝。
ミキさんの鎌倉エフエム放送を聴きながら、ブログを書いています。

 何か良いことがありそうな予感通り、久しぶりにカソルラさんからコメントをいただきました。

 さーて、今週からゴールデンウィークがはじまります。いやな世の中ではありますが、ごちゃごちゃした日頃のわだかまりを、綺麗さっぱり海に流しに行きたいと思っています。

d0001610_7345992.jpg

d0001610_7351465.jpg

by antsuan | 2009-04-27 07:38 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(4)

出港見合わせの日

 東北地方で発達した低気圧の影響で、ここ葉山も季節外れのものすごい季節風が吹き、予定していた江ノ島までのクルージングは中止にしました。二十年ぶりにヨットに乗りに来られた、三人の女性の方にはお気の毒でしたが、三度目の正直をそのうちに実施したいと思います。

        朝方の森戸海岸
d0001610_1647143.jpg

d0001610_16464364.jpg

  あまりに風が強いので、葉山マリーナのレストランに入って食事をしました。
d0001610_16481049.jpg

d0001610_16482199.jpg

d0001610_16474279.jpg

by antsuan | 2009-04-26 16:53 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(4)

悪の社会の存在を教えよ

  外国人に地方参政権を与えることが、どうして度量の大きいことなのか。どうして愛のテーマなのか。平和ボケの危機意識に欠けた者の戯言としか思えません。

 海賊がいる、山賊もいる、盗賊がいる社会が、そこら中に普通に存在しています。世界は法治社会なんかではありません。無法地帯だらけなのです。そのことをしっかり子供たちに教えましょう。いや、日本国民みんなに知らせましょう。

 報道を見てください、聴いてください。自由を奪われる危険があちこちに発生しているではありませんか。他人事ではけっしてありません。身近にあるのです。自由を奪われるとは、殺されたり、虐待されたり、強姦されたり、奴隷にされることなんだよと、国民のみんなにはっきり教えましょう。

 虐めは良くないことだと教えても無意味です。虐めが存在するのが現実社会なのです。それから身を守る術を、国家は教えなければなりません。人は自分の身を守ることが出来ない時、死を選ぶか、社会に対して牙をむいて犯罪を犯します。

 国民を守る使命を履行してこそ国家といえるのです。政治家がそれを無視するのならば背任です。そういう輩を売国奴というのです。売国奴という言葉はけっして差別用語なんかではありません。売国奴という言葉を死語にしようとする連中こそ、売国奴に違いないでしょう。

 悪が蔓延り自由を奪う、危険な社会に国民を晒しておいて「愛のテーマ」とは。まず、拉致されている日本人の救出や、北方領土、竹島などの、国民の自由が奪われている領土問題を解決するのが先でありましょう。まったく、「ふざけんなっ!」と、叫びたくなります。
by antsuan | 2009-04-25 16:15 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

裁判員制度に一石を投じた和歌山毒物カレー事件


 最高裁判所が、和歌山毒物カレー事件で被告の上告を棄却し死刑を確定させたことは、今後の裁判員制度のあり方を暗黙に示唆したものと考えます。
 
 しかし、逆説的にいえば、このように状況証拠だけで死刑判決を下す裁判に対する不信が、裁判員制度の導入に踏み切らせたのであって、それに気が付かない最高裁判所は愚かだといえましょう。
 
 犯行時間も特定出来ず、直接的な証拠は何一つなく、被告は全面否認したまま完全黙秘しており、動機すら解明されていないばかりか、今なお"やらせ"などが横行しているテレビ映像を証拠採用するなど、事実の検証をすることなく、およそ裁判の基本から逸脱した審理によって、推定有罪の判決が下されたのです。
 
 この事件はいろいろ考えてみますと、子供が悪戯に入れたとか、偶発的なものとも推測されます。被告本人であったとしても、本当に殺意があったことを証明出来るだけの物的証拠か科学的根拠がなければ、殺人罪で起訴してはならないはずです。

 さらに、この事件は発生した当初、食中毒や青酸中毒と判断するなど、保健所や県警の失策があり、その結果、行政側のメンツを保つための強引な捜査があったと考えて差し支えないと思います。
 
 鈴木宗男やホリエモン、最近の小沢民主党代表の秘書の逮捕など、あきらかに国の体面を保つためと思われる、魔女狩り同様の裁判の一つとして、これからの裁判員になる人は、この事件も心に留めておくのではないでしょうか。
by antsuan | 2009-04-23 23:45 | 政治・経済 | Trackback | Comments(6)

民意を表すネットの威力

鳩山"ニコ動発言"で炎上中「民主党は終わった」 (夕刊フジ)

民主党の鳩山由紀夫幹事長がネット上で攻撃されている。鳩山氏は動画サイトで、永住外国人への地方参政権付与の問題に関連し、「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」などと発言。これに対し、「安っぽい同情論」「民主党を応援できない」と動画サイトのユーザーから批判が集中し、“大炎上”しているのだ。
 鳩山氏は17日、動画サイト「ニコニコ動画」に出演し、外国人の地方参政権に言及。「定住外国人は税金を納め、地域に根を生やし、一生懸命頑張っている。その人たちに参政権ぐらい当然付与されるべきだと思っている」と持論を披露。「日本列島は…もっと多くの方に喜んでもらえるような土壌にしなくてはだめだ」などと語った。

 この発言に、ネットユーザーらは即座に反応。「旅行者でも税金は滞在する国に支払う義務がある。納税と参政権を絡めた論議はまったく意味がない」「国家侵略者擁護ともとれるような発言をする議員は即刻辞任するべき」「民主党は終わった」など4万件もの怒りのコメントが殺到し、動画の再生回数も約7万件に達した。

 また、一連の発言を取り上げたネット掲示板にも、少なくとも6万5000件以上の批判が寄せられ、発言から5日たった22日朝の時点でも火の手は増す一方。動画の再生回数はさらに増え続けており、“鎮火”の気配はみられない。

 民主党と同サイトの関係は良好で、参院選を前にした2007年夏には代表の小沢一郎氏がいち早く出演し、ネット配信形式でマニフェストを発表。昨年秋には「小沢一郎チャンネル」を開設するなど、民主党が若者向けにPRする場として利用されている。今回の鳩山発言は、手痛い“オウンゴール”となってしまった。

[ 2009年4月22日17時00分 ]


 民主党の古株の皆さんはそろって党の要職から引退したほうが良さそうですね。麻生さん、解散するなら今のうちかも知れませんよ。

 国会では社会の空気しか読めない人と、空気も読めない人ばかりが幅を利かせているようです。

 最近、マスメディアは、市場原理主義の太鼓持ちをしたと小泉元総理の劇場型選挙や劇場型政治を非難していますが、それは間違っています。何をしたいか政治家がはっきり国民に表明してこそ、議会制民主主義が成り立つのです。小選挙区制を取り入れたのもそれが目的だったはずです。

 衆愚になることもありますが、国民はバカではありません。鳩山発言は政治家として主張を貫こうとしたのですから、それ自体は非難されるべきものではありません。しかし外国人に地方参政権を与えたら、韓国に対峙する対馬がどうなるか。チャイナに近い沖縄はどうなるか。それを知っていての発言としたら、非難されても仕方がないでしょう。
by antsuan | 2009-04-22 21:52 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(2)

論説委員の程度

d0001610_127189.jpg


 新聞の論説委員の程度が低くなってきたのを感じ始めたのは大分前のことになる。その中で頑張っているのが讀売新聞の"編集手帳"だ。月刊誌文藝春秋の"新聞エンマ帖"にも似たようなことが書いてあった。

 多様な作品を引ける幅広い教養と、人一倍すぐれた言語感覚。これこそがコラムを書くための絶対条件だと思い知らせてくれる。この差は一朝一夕では埋まらない。・・・

 私もだいぶ反省せねばと思う。

 
 ハイ、ここで漢字検定。
「一朝一夕」はなんと読みますか。
ちなみに、私も忘れていて間違った読み方をしていました。
「漢検」は儲かって宜しい。(笑)
by antsuan | 2009-04-21 12:08 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(7)

人を差別するべきではない

2009.04.20 Web posted at: 20:47 JST Updated - CNN
ワールド
「不参加」続出の人種差別撤廃会議、イスラエルは大使召還
ワシントン(CNN) 国連が主催する20日からの人種差別撤廃関連会議を米国がボイコットしたのに続き、オーストラリア、ドイツ、カナダなどが19日、相次いで不参加を表明した。イスラエルは20日、抗議のため開催地スイスに駐在する大使を召還した。

米国務省は18日、同会議で採択される文書にイスラエルを批判する内容が含まれているとの理由から、参加を見送る方針を明らかにしていた。20日には新たにポーランドも不参加を表明。イスラエルのネタニヤフ首相は同日、各国によるボイコットを歓迎すると述べた。

ネタニヤフ首相は同時に、会議の出席者に「人種差別主義者であり、ホロコースト(ナチスドイツによるユダヤ人虐殺)否定論者でもある人物がいる」と、アフマディネジャド・イラン大統領が招かれていることを指摘。駐スイス大使を本国での協議のため召還すると発表した。

オバマ米大統領は19日、米国が事前に、文書案が「十分に」修正されない場合は参加できないと警告していたことを強調。「人種差別の軽減には他国と協力し、世界規模で取り組みたい」との姿勢を示す一方、「(同会議は)その機会にならなかった」と述べた。

オーストラリアのスミス外相は、同会議が01年の前回会議と同様、「反ユダヤ主義などの攻撃的な思想を公言する場として利用されかねない」と懸念を示した。

一方、ピレイ国連人権高等弁務官は、米国などの不参加に「深い衝撃と失望」を表明し、「人種問題に取り組むうえで、ごく一部の側面だけを優先させている国があり、差別される人々への懸念が後回しにされている。人種問題はいかに困難であろうと、世界規模で討論する必要がある」と語った。


 イスラエルもアメリカも国連という場でこうした態度をとることは、世界中のあらゆる人種の人々の怒りを買うだけだということを忘れてはならないでしょう。

 強いものも弱いものも人民である以上、皆平等に生きる権利があり、そのために国連があるのではないでしょうか。

     [平成二十一年四月二十日の讀売新聞朝刊より]
     紙面をクリックすると読みやすくなります。
d0001610_8185328.jpg

    

 この頁、差別に絡めてこころ憎い編集をしているみたいです。逆にいえば、どれかを読み過ごす危険もありそうです。

 左上のコラムについては、あちらからか、こちらをたどって行って下さい。
by antsuan | 2009-04-21 08:14 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)