あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2008年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

海神を見た

 このところ宴あとの虚脱感で仕事に身が入らない。それほど楽しい充実したパーティーだったことは事実だが、この脱力感は多分それだけではないと思う。あのケンノスケカップレースのマークとなったブイ回航時の危機と、翌日の各艇それぞれのレース、即ち、母港へ戻る帰路の体験が、心を虚ろなものにしているのだ。

 宗教心についての世論調査を讀売新聞がやっていて、昨日の朝刊に、今年の結果と山折哲雄氏の論評が載っていた。その山折氏は論評の冒頭でこう言っている。「日本人の信仰は多くの神々を信じる多神教だ。日本の豊かな自然は人間をその懐に包み込んで、神や仏といった人間を超えた存在を感じさせる力を持っている。日本人は唯一の超越的な神を信じる一神教を求める必要はなかった。 多神教が『感ずる宗教』だとすれば、一神教は『信ずる宗教』だと言える。・・・」

 あの、コースが短縮された単調なはずのレースと、それぞれの艇の帰路の船旅は、実は海神との戦いであったのではないか。そう思わざるを得ないのだ。

 通称パヤオと呼ばれる巨大なブイを反時計回りで方向転換するとき、海神は我々を試したのだ。ブイを回ろうとすると、艇の速度はぐっと落ちてどんどんブイに吸い寄せられて行く。慌てて元の方向に戻る。なかなか離れない。どん尻にいた我が艇は、先行艇がブイの周りで右往左往しているのを遠目で見ていたのだが、この神の試練に気がつかなかった。それどころか先行艇に追いついて来たのを小躍りして喜んでいたのだ。

 ブイに泡立つ波を見ると、潮の流れはあたかも雨上がりの水嵩を増した急流のようだ。緊張が走った。躊躇は許されない。レースを放棄する覚悟で方向転換する。十分にブイから離れたところでもう一度方向転換を試みる。すーっと船と船がすれ違うようにブイは遠ざかって行った。

 あそこには海神がいたのだ。そして、人間を超える存在感を示した。翌日の帰路については前に書いたのでここでは省くが、波風の脅威を乗り切って我が港に戻ってきたとき、自分は海神に許されて生かされたのだと思った。私は「感ずる宗教」の信者なのだ。
by antsuan | 2008-05-31 14:29 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(2)

『婢』はいつの世も憧れの的

 今日の讀売新聞朝刊を読むと、中西進の書いている「古今をちこち」に、「恋の勝ち組 賎民の女」という題があった。古代日本では階級制度があって、賎民とか奴隷など名前も無いような身分の低い「非常民」の婢(ひ)と呼ばれた女たちが、貴族のそれも高い位に位置する男たちを魅了し、恋の虜にしていたと云うことが、『万葉集』などの歌の中にも読み取れると云う。

 しかし、これはもう少し深読みするともっと歴史が面白いと思う。つまり、当時の天皇家を含めた貴族は日本列島に渡って来た侵略者であり、先住民族を賎民とか奴隷にしていたと云うのが本当のところだろう。では、その先住民族が野蛮で本当に卑しかったかと云えば、実はその逆で、自然の中に神を感じる教養の高い民族だった。だからこそ、侵略者の男たちは先住民族の女たちに心を奪われ、『婢』たちを礼賛する歌を残したのではないだろうか。

 現代においてもそのことは全く同じで、今や、日本女性(婢)は世界中の男性の憧れの的になっている。男は奴隷のまんまなんですけれどね。

d0001610_10262140.jpg

by antsuan | 2008-05-30 10:20 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

それぞれの宴後

 海の女神の配慮なのか、ケンノスケカップヨットレースは天気予報を覆し、無事雨に見舞われることなく終了した。表彰パーティーの時に降ってきた雨を見て、誰もがホッとしたに違いない。しかし、華麗なるパーティのあとにもう一つのドラマが待っていた。それは、あたかも出場した船に課せられた終幕であり、このレースの本当のクライマックスだったのである。

[・レース艇がスタートするか否か、またレースを続行するか否かは全て各艇の責任のみで決定される。] 本競技の帆走指示書にはこのように書いてある。それは終わったあとも全く変わらない。つまり各艇の責任において決定されるものなのだ。参加艇の「福丸」は、林賢之輔設計の船を信頼し、家族を陸路にて帰宅させ、自己責任の下に嵐の闇夜を出港した。詳しくは「福丸」のブログを読んでいただければ分かるが、これが海の男の決断なのだ。

 我が「しおかぜ」はどうだったか。パーティー終了後は、近くの旅館に一泊してレースの疲れを癒した。翌朝、朝市のやっている広場を見たが、一向に天気の回復する兆しは見られない。桟橋に行ってみると、大型艇は殆ど母港へ帰港の途についたようで、数艇が舫っているのみである。天気が回復してくる確信はあったが、港の外を見てみると山のような波が岸壁をたたきつけているのが見える。仲間の助言に従って三男を陸路で帰すべく自宅に電話して迎えに来させた。正午を過ぎても未だ風が治まらないが、出港するかしないかは午後二時に判断することを皆に伝えた。

 昼食後、腰の強い風が治まってきたので出港を決意する。機走にするか帆走にするか迷うところだが帆走の準備をした。延長の停泊料を払い、いよいよ出港だ。港内は機走でなければならない。八馬力のエンジンを信頼して港外に出る。途端に波に突き上げられ波間にたたき落とされる。我慢して航路標識を過ぎるまで機走し、嵐用のストームジブを上げた。心なしか艇が安定したようだ。メインセールも上げようか迷ったが、陸から十分に離れるまでこのまま機帆走で行くことにした。一路、GPSに入力してある葉山を目差したいところだ。しかし、定置網に引っかかるのを恐れて沖だしのコースをとった。

 乗り組んでいるのは、海を知っている気心の知れた友人と十七歳の長男である。長男は相模湾を横切ったことも東京湾を渡ったこともある。「しおかぜ」にとってベストメンバーと言っていいだろう。舵は長男に取らせてスクリューに藻がからまないように気をつけながらそのまま機帆走を続けた。

 荒崎沖の亀城礁の灯台を過ぎた辺りから風も波も治まって来た。空が明るくなり、時おり雲の陰に白い太陽が見える。葉山までもう一息だ。しかし辺りには一艇の船も見えず、嵐の余韻が残っている。すっかり波風の鎮まった泊地に着いて、ブイに舫ってみると、繋いでおいた小舟が水船になっていた。

 着いたのが午後五時、たった十六キロの航海だったが、無事着いた安堵感は何とも言えないものがある。みんな顔をほころばせて見合った。また一つ海に学んだ。

 海よ「しおかぜ」よ、有り難う。
d0001610_843192.jpg

by antsuan | 2008-05-28 08:17 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(2)

日本の司法制度はとっくの昔に腐っている



 来年から始まろうとしている裁判員制度があまりに酷すぎるので、だんだんと騒ぎが大きくなってきているようだ。しかし、冷静によく考えてみて欲しい。今の司法制度、つまり裁判がいいかげんで酷すぎるから、何とかしなくてはと云う思いで、新しい制度を作ろうと動き出したのではなかったか。だから元に戻したところで、腐った制度がマシになるわけではないのである。
 
 今から三十五年前の朝日ジャーナルの切り抜きをもっている。千葉大チフス事件の弁護士の報告書だ。戦後の新憲法下の司法が良くなったかといえば、それは嘘だ。民主主義の基本である三権分立なんて端から守られていない。憲法を作った張本人からして守っていないのは、先の日米安保条約の密約から明らかなのだ。
 
 良心的な裁判官が責任ある判決を下すと思ったら間違いだ。良心的な者ほど両者の板挟みにあい、曖昧で無責任な判決を下すのである。有識者が無能化するのと全く同じなのだ。
 
 先の千葉大チフス事件の真相を訴えることこそ、このブログを始めたきっかけの一つだったのだが、根っこが腐っているのに葉っぱが腐っていると騒いでいてもしょうがない。ここはやはり、根っこの憲法を改正しなければ世の中は良くならないのだとあらためて訴えたい。

d0001610_23594248.jpg

    (画面をクリックすると大きくなって文字が読めます。)
by antsuan | 2008-05-26 23:57 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)

華麗なるヨットレース


 梅雨入り間近の、天気が何時崩れてもおかしくない五月下旬の週末、素晴らしいヨットレースが三崎の城ケ島沖で開催されました。参加者は、「後期船乗り」集団、海洋国家ではオールドソルトと呼ばれ敬意をもって丁重に扱われる面々であります。出場艇は六十フィートから二十六フィートまでの林賢之輔設計の艇とそのポリシーを愛する仲間の艇であります。

 波とうねりの強くなって来た城ケ島沖を全艇見事なスタートを切ってレースは始まりました。クルーザーレースとしてはきわめて短く単純なコースです。我が愛艇「しおかぜ」もスタートはトップグループに属していました。しかし、大型艇はスピードが付いてくるとするすると追い抜いて行きました。一艇、また一艇、だんだんと後ろにいる船はなくなり、スタートして三十分後、とうとう後ろには一艇も居なくなりました。

 ようやく折り返し点が見えてきた頃、先行艇は手を振りながら戻ってきます。次から次へと。折り返し点のブイを何とか乗り切って、先行艇に追いつくべく、スピンネーカーを上げましたが、ぶっつけ本番の悲しさでうまく上がらず、どうにか設定出来た時には、もう前に行く艇も見えなくなっていました。

 それでも、なんとか所定時間内にゴール。初出場で初完走を成し遂げたのであります。レース後のパーティでは、お誘い下さったマンボーさん「ひなの」の仲間の方々をはじめ、日本におけるヨット設計の第一人者の林賢之輔さんからも歓待を受けたのでありました。

d0001610_21513918.jpg


d0001610_21511281.jpg


d0001610_21523529.jpg

by antsuan | 2008-05-25 21:54 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(12)

バルカンの妖精

 世界中で日本女性が活躍していることは、このエキサイトブログを見ても分かることだが、世界のトップのファッションモデルや超一流バレー団のバレリーナにも日本女性の名前が載るようになって、凄い時代になったなあと感慨にふけっていたところへ、週刊新潮の写真を見て、今また溜め息をついてしまった。

 日本女性のモデルがそばに立っただけで、世界サッカーの英雄のひとり、バルカンの妖精といわれた、名古屋グランパスのストイコビッチ監督が照れているのだ。
 
 この佐々木希というモデルについては正直いって全然知らなくて、今調べてみて秋田県出身らしいがハーフでもなさそうだし普通の女の子みたいだ。こういうシャッターチャンスを逃さず取ったカメラマンも流石だけれども、本当にこのモデルのどうどうとしていること。時代は変わりましたなー。

 そして、ついでで失礼なのだが、バルカン半島に平安あれ!
d0001610_16422173.jpg

by antsuan | 2008-05-23 16:45 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(2)

週刊誌の実力

 この頃の新聞は全く読む価値が無くなったように思う。インターネットで配信されている報道を読めば十分だ。逆にスキャンダル記事をいっぱい載せるようになった週刊誌のほうがよっぽど読む価値がある。
 
 そういうことが分かったのは、「噂の眞相」の編集長だった岡留安則のおかげだろう。そして、これらの多くの本を読む気になったのは佐平次さんのブログのおかげなのだ。

 「噂の眞相」が休刊になったあとも、大衆週刊誌はよく頑張っていると思う。それは単なるスキャンダラスな出来事を報道するという枠を超えて「事実」を伝える使命を守っている。今週の週刊新潮の見出しに、"矢野(公明党)元委員長「創価学会提訴」を記事にできない「大新聞」"という言葉が踊っていた。
 
 情報通信技術革命の大波で、いずれはそうなるだろうとは思っていたけれども、自らの本分を放棄した新聞社はさっさと退陣するがよい。
 
d0001610_805423.jpg

 ここに並べた本は別に座右の書でもなんでもない。ただ一番左の一冊、高校一年生の頃に読んだ「マッカーサーの日本」は、私のへそ曲がり的人間形成に一役かっている。
by antsuan | 2008-05-23 08:04 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(2)

終末期国会料、後期無能者(長寿役人制度)???

終末期相談料、凍結へ 厚労相、保険料軽減も

 舛添要一厚生労働相は22日午後、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に伴い、4月の診療報酬改定で新設された「終末期相談支援料」について「一時凍結も含めて考えたい」と述べ、批判が多いことから報酬の支払い中止の方向で調整を進める考えを表明した。

 また、サラリーマンの子どもの扶養家族になっている75歳以上の人の保険料徴収が半年凍結されていることに触れ「国民健康保険についても、世帯主以外の家族はどうするのか議論したい」と、自営業者の被扶養者にも同様の凍結や負担軽減措置を前向きに検討する意向を示した。

 一方、高齢者の反発が強い年金からの保険料天引きについて、舛添氏は「やめたら(保険料が)ただになるわけではない。あまりメリットがあるとは思えない」と否定的な見解を示した。

 都内で記者団の質問に答えた。
                  2008/05/22 20:58 【共同通信】
      *      *      *

 健康保険がパンクするからといって年金から保険料を徴収し、こんな馬鹿馬鹿しい診察料の支払いに使われたんではたまったもんじゃない。しかし、こういう無神経な制度を無理やり運用させられる医療機関をどうか悪者にしないで欲しい。全ては無能化した税金を食い物にしている人の責任なのだ。
by antsuan | 2008-05-22 22:43 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

不平等条約って知ってますか

米兵裁判権大半を放棄 米側公文書 53年に日米政府が密約
2008年5月18日 朝刊
 日本に駐留する米兵らの事件をめぐり、日米両国政府が一九五三年に「重要な案件以外、日本側は裁判権を放棄する」との密約に合意し、日本側がその後約五年間に起きた事件の97%の第一次裁判権を放棄していたことが、機密解除された複数の米側公文書で分かった。
 日本の裁判が実施されても、米側は「刑罰が軽くなっている」と受け取っていたことも判明。後になって米側は密約の内容を公にするよう求めたが、当時の岸信介首相は「外部に漏れたら恥ずべき事態になる」と国内での反発を恐れ、応じなかったとされる。
 米兵らの犯罪については公務外などの場合、日米地位協定に基づき一次裁判権は日本側とされ、日本政府は現在も「裁判権の放棄はない」としているが、沖縄県などで相次いでいる事件は不起訴となるなどして日本の公判廷で裁かれないケースも多く、事実上の裁判権放棄が慣例化している。
 一連の米側公文書は五八年から六六年にかけて作成され、米国立公文書館で見つかった。
 このうち五八年十月二日のダレス国務長官の在日米大使館あて秘密公電などによると、「日米安全保障条約改定に応じるに際し、日本側から裁判権放棄について意思表示を取り付けるべきだ」と秘密合意を公的にするよう提案した。
 これを受け、二日後にマッカーサー大使が岸首相と会談。大使は「五三年の秘密議事録を明らかにせずに慣行として日本は裁判権を放棄してきたし将来も同様だと表明してほしい」と要請したが首相は応じなかった。
 また五七年六月に国務省が作成した文書によると、五三年以降、日本が一次裁判権を持つ約一万三千件の事件のうち97%の裁判権を放棄。実際に裁判が行われたのは約四百件だけだった。
 同月の別の文書には、日本の裁判が実施されたケースについて「米側の軍法会議で裁くより、刑罰が軽くなっている」との記述もあった。
 秘密合意は安保改定後も引き継がれ六〇年代、日本と同等の条件を求める韓国や台湾との地位協定交渉に際し、米側は日本の裁判権放棄の実態に言及しようとしたが日本側が拒否したという。
        東京新聞 TOKYO WEB

         *     *     *


 さぁさぁ、「戦後レジームから脱却」とか威勢のいい公約を宣っていたお坊ちゃんがおりましたが、本当の日米安全保障条約っていうものがどういうものかぜんぜん知らなかったんでしょうね。そういうお坊ちゃんが国会議員になり総理大臣になれるんですから、本当に平和な国なんでしょうなぁ、日本は。

 しかし、そういう平和を守りつづけるべきなんでしょうかね。我が国は明治維新以来、不平等条約解消の為に祖先の多くの命を捧げ、他国の人民がやらなかった、出来なかった、人種差別からの戦いを続けて来た訳ですが、それを否定してまでも、今の不平等な平和を守るべきなんでしょうか。いや、今を平和だと言っている日本人は、差別されて苦しんでいる他人を見て見ぬふりをしているだけじゃないんですか。ま、愛国心の無い人には当たり前のことなんでしょうけれど。

 そういう人達が、格差社会になったとか差別は良くないとか騒いでいるけれど、要するに、他人を差別している既得権益を守りたいだけなんじゃないですか。
by antsuan | 2008-05-20 07:13 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

消費者よ苦情をどんどん言おう

消費者の苦情、新法で国に集約義務化へ、、、被害拡大防止で
 政府は18日、消費者の苦情の迅速な処理と被害拡大防止を図る「消費者利益確保法」(仮称)を制定する方針を固めた。
 消費者庁の新設に合わせ、地方自治体が運営する消費生活センターが、集まった苦情や相談情報を国に報告するよう義務づけるなどの内容だ。有識者らによる消費者行政推進会議が6月上旬にまとめる最終報告に盛り込み、政府はこれを受けて今秋の臨時国会に法案を提出する方向で調整している。
  ・・・
  ・・・
  ・・・
 政府は臨時国会に、同法案のほか、〈1〉消費者庁を設置するための内閣府設置法改正案〈2〉消費者行政の関連法を他省庁から消費者庁に移管するための新法案——を提出する方針だ。移管法律は、特定商取引法など20本程度となる見通しだ。
(2008年5月19日03時06分 読売新聞)

           ★     ★     ★


 規制緩和などいつの話だったやら、どんどんと規制が強化されて中央集権化が進んでいる。国の動きを見ていると、まるで郵政民営化のしっぺ返しのようだ。

 おそらく、戦前の国家総動員法も似たようなものだったと想像出来る。この法律が制定されたことにより、官僚が産業を統制する過規制経済構造が構築されたのだ。当時の社会大衆党が同法案に賛成したことからも分かるように、社会主義的、全体主義的であり、統制の具体的内容が法律上には明示されず、勅令に委ねられるようになったのである。今では勅令は無くなったけれども、もっと酷くて無責任な行政指導措置がある。これを中央集権化と呼ばずして何がおかしいだろうか。

 しかし、どうぞやってみなさいと言ってやりたい。役人の無能ぶりが明らかになるだけだろう。建築基準法の強化によって、建築工事はストップしてしまった。国民年金の管理を市町村から取り上げたことによって、社会保険庁の年金手続きのいい加減さがはっきりした。老人の医療保険を市町村から取り上げ県に移管したことにより、老人医療の不公平が明らかになった。

 消費者の苦情にいちいち国が対応していたら、すべての産業が衰退する。生き残るのは御用商人だけかも知れない。格差社会を作っているのは中央集権化した国家なのだ。国の許認可が差別を生むのである。その時にこそ、国民は気がついて体制を変るに違いない。今は、そういう希望をもって生きるしかないのがちょっと悔しいけれども。
by antsuan | 2008-05-19 18:09 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)