あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

靖国問題を解決する方法

 靖国神社参拝は政教分離の問題だけではなく、A級戦犯つまり東京裁判の問題でもあるので少々複雑化していますが、やはり戦後六十年も経ち、当時を知っている人が少なくなっている中で、歴史が外圧によってだんだんと歪められて来ているように思えて仕方がありません。

 まず、東京裁判において処刑された人を靖国神社に合祀することは、独立した日本国議会において超党派で決議されたことであり、それを今更議論するのならばその国会決議に異議を唱えることからしなければならないのです。つまり日本国においては東京裁判が不当なものであったことをこの決議によって明確に表明しています。

 次に政教分離の問題ですが、これの解釈を間違えると聖徳太子以来日本において守られてきた政教分離思想がひっくり返ってしまうことになりかねないと思うのです。

 日本の文化が野生動物的なものから脱皮して人道的なものになった理由は、偏にこの政教分離思想が大和朝廷時代に確立したことにあると考えています。この政教分離思想というのは「宗教が政治に関与しない」という約束の確立といってもよいでしょう。なんと欧州がそれを確立する何百年も前に大和民族はそれを受け入れていたのです。

 その逆ではないのです。「政治が宗教に関与しない」という考えでは決してありません。これは欧米の政教分離の原則も全く同じです。それを理解すれば靖国神社参拝問題は解決します。政治家が神社や寺に参拝することはなんら問題ないわけです。

 しかし、政府はいつまで八月十五日に戦没者追悼記念式典をやる気でいるのでしょうか。天皇陛下が靖国神社へ参拝すればそれで事が済む問題だと思うのです。外国に配慮して陛下が靖国神社へ参拝出来なくしていることこそ、政教分離問題を複雑にしているのです。
 
 本来は靖国神社を政治問題化してはいけない訳で、陛下のみが参拝して政治家が参拝するのを止めてしまえばよいのです。もし総理大臣が靖国神社への参拝に拘るのならば、東京裁判の問題も解決する決意をも持っていただきたいものです。それを解決する一番好い方法は米国大統領が来日した際に靖国神社へ参拝してもらうことです。

 総理大臣は戦後処理のための総仕上げとして米国大統領を広島長崎の追悼記念式典へ招待するべきでしょう。その努力をせずしていくら総理が靖国神社へ参拝したとしても英霊達の鎮魂にはならないと思うのです。
by antsuan | 2005-10-31 23:23 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

中学の文化祭に行ってきました。

 どうにか仕事で使うパソコンを直すことが出来てホッとしています。本当に今ではパソコンが無いと仕事が出来ない時代になってしまいました。しかもマイクロソフトのものでなければ何も出来ないなんて、これはやっぱり世の中おかしくなっていると思います。

 今日は子供の学校の文化祭に行ってきました。男子校なので何かやっぱり雰囲気が違います。それでも父兄のバザーも賑やかで天気も何とか雨も降らず盛況でした。子供たちが伸び伸びやっているのを見ると勉強だけが学校でないことを再認識させられます。

 先生のゲリラコンサートも喝さいを浴びていました。でも道端でギターを弾きながら歌う姿は反戦運動のフォーク歌手の時代とは様変わりですね。
by antsuan | 2005-10-30 23:55 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

政府系金融機関の不良債権問題をうやむやにするな

 政府はようやく公的金融機関の直接融資をやめる気になった。あまりにも遅すぎる決断だ。竹中大臣が不良債権処理に奔走し民間銀行を合併させたり潰したりしたが、本当にそれで不良債権が無くなったかといえばそれは大間違いで、財務状態を公にしている民間の不良債権よりも公表していない政府系金融機関の方が問題は深刻だったのだ。

 政府系金融機関の不良債権の実態を暴こうとした石井紘基国会議員は暗殺されてしまって、今では政府系金融機関の不良債権がどれぐらい有ったか調べられないようになっている。名前を変えたり制度を変更したりして、古いときの不良債権を処理してしまったからなのだが、はっきり言えば国民に不良債権を押し付けたということなのだ。

 これでようやく知らんぷりをして国は金貸し業から手を引くことが出来る。民間で出来ることは民間でというけれども、実際は「民間」で出来ることは「官」はやってはいけなかったのではないか。政府系金融機関は原則撤退などという生ぬるい処理ではなく廃業するべきなのだ。民間が味わった塗炭の苦しみを官も味わってもらわなければ、会社を潰された人々の恨みは消えることがないだろう。
by antsuan | 2005-10-28 22:45 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

今週のあなたの運勢は?

 二日ほど前に職員の使っているパソコンを壊してしまい、その修理に四苦八苦の状態です。当然パソコンはウインドウズマシンで、月末の請求資料や支払い明細が詰まっているパソコンなのですが、これを購入したのがマック派の私なのです。DellやNECなどのソフトも付いている既製品のマシンを買えばよかったものをキット製品の安物を買ったがために自分が修理する羽目になりました。
 
 実は私は運命論を信じている一人なのですが、毎週、保険のおばさんが持ってきてくれるザテレビジョンの週間占いがよく当たるので、いただくとすぐ読むことにしています。最新のものを読むと、「何もかもが二度手間で多事多難」と書いてあります。まさにこのパソコントラブルのことをさしているのです。部品を買いに行っても店になかったり、店が閉まっていたり、取り付けてみたもののうまくいかず何度も組立直しをしている有り様を正に物語っています。
 
 仕事で使うパソコンは昔のオフコン感覚で、業者に保守も含めた契約で購入するのがやはり一番いいようです。全く安物買いの銭失いになってしまいました。時間もモッタイナーーイ。
by antsuan | 2005-10-27 09:40 | 情報通信・パソコン | Trackback | Comments(0)

医療費の伸びを抑えてどうするの。


 老人が増えるということは病気になる人も増えるということであって、医療費が増えるのは当たり前の話でしょう。どうも行政というのは問題をねつ造するのが好きなところだ。
 
 医療制度構造改革試案を見てみるとあちこちに問題のねつ造が目に付く。「生命と健康に対する国民の安心を確保するために国民皆保険制度を堅持する」といっているが、これがねつ造というものだ。国民皆保険制度を堅持しなくたって、安心を確保する制度はいくらでもある。税金を投入すれば問題は一気に解決する。何百億という赤字を垂れ流している国公立病院を廃止するだけで財源は確保できるはずなのだ。そもそも国公立病院のほとんどが赤字経営なのに医療費を抑えたらどうなるだろうか。公的病院の赤字が増え、それを税金で賄うことになるのではないか。完全に歯車が逆回転している。

 国家が社会保障を放棄するのならばそれもよいだろう。それなら国民は税金を納めなくてもよいということになる。そうしようではないか。借金を押し付けられるよりよっぽど社会保障を受けないほうがましというものだ。税金を無駄遣いしておいて、医療費の適正化もあったもんじゃない。
 
 税金を五割以上も取り立てるなんて、社会主義国家のやることで自由主義国家のやることではない。社会主義でもいいじゃないかという人がいる。とんでもない。社会主義になったら産業が衰退して、税収はますます減ってしまうのだ。資源がある国はそれでもよいだろう。資源のない日本がそんなことをしていたらとても国民は生きていけなくなる。
 
 医療産業の需要が高まっているのならば、そちらへ産業の転換を図り税金をつぎ込むことによって国民の健康と安心が図られるというものだ。まずなりよりも税金の無駄遣いをやめることが国民の将来への安心を確保する唯一の手段なのである。それをやらなかったら国が滅びてしまうのだ。「安心を確保する」ということは社会保障を充実させるということでしょう。それなら医療費を抑えてどうするの。
by antsuan | 2005-10-25 17:01 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

東大の赤門は平和の象徴かも知れない

 時代によって真実が隠され、歴史がねつ造されたのは何も外国に限った事ではないようだ。特に近代の明治政府は排仏毀釈など、チャイナの文化大革命みたいな派手な事をやって歴史を抹殺しようとしている。

 どうやら「良妻賢母」のイメージ作りも明治政府のねつ造らしい。昔から女の方が強かったし地位も高い女性が居たのだ。確かにそうでなければ紫式部などが源氏物語を書ける訳がない。そんな強い女性にスポットを当てた「大江戸の姫さま」の著者、関口すみ子氏によると、「姫」は結婚しても年を取っても姫と呼ばれていたそうだ。

 その象徴の一つが東大の赤門らしい。この赤門は加賀百万石の前田家に嫁いだ将軍の娘、「溶姫」専用の門だったというから恐れ入る。そんなことを考えると女性天皇容認論も割とすんなり受け入れられるのではないかと思う。

 戦後強くなったものは女性と靴下なんてことが言われているが、振り返ってみると、女が強い時代こそ平和な時代なのだと云えないだろうか。
 
   そのかみの人のまんまか十三夜
                   可白
by antsuan | 2005-10-24 20:08 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback(1) | Comments(2)

NYタイムズの批判から分かる米中帝国主義の台頭

 十八日付けの米紙ニューヨーク・タイムズは小泉首相の靖国神社参拝を「無意味な挑発」と批判する社説を掲載した。その前に同じくNYタイムズが東京発として「なぜ日本は一党に統治されることに満足なのか」という見出しの記事を載せ、また別の社説でも「小泉首相の軍事的ナショナリズムという日本の伝統の愚かな受け入れを容認することとなった」と軍国主義を歩み始めているようなチャイナの公式主張をコピーしたような記事を掲載した。

 先日、朝日新聞を批判したが、NYタイムズも似たようなものかも知れない。しかし、この一連の記事は、多分米国政府の小泉政権に対する見解と大差ないと思う。なぜならこの記事に対して米国政府は小泉首相をかばう発言をした様子が見られないからだ。

 小泉首相は賢い。ブッシュ大統領が心変わりしてチャイナに擦り寄って行った事を察知したのだろう。北朝鮮問題など外交問題で積極的に動き回ることをしなくなった。仕方がないと思う。米国は対外的には決して民主主義国家ではなく帝国主義国家なのだから。
 
 ここは一歩引いて負けて勝つ戦法に切り替えるしかない。そのうち自ら腐って崩壊して行くのを待つのが得策なのだ。小泉総理は勝って兜の緒を締めている。それで好い。
 
 英国の知日家は日本を称して最も高貴な民族といった。また或るフランスの哲学者は日本人を最も人間性の持っている国民と称した。最近の新聞でも外交問題に対して日本は教養が高すぎると論じていた。いずれも正しい見識だと思う。日本は新たな鎖国をしなければならないかも知れない。野生動物的な行動しか出来ない国から身を守るために。
by antsuan | 2005-10-23 23:57 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

宗男議員の逆襲が始まった

 政治に興味を示さないで生きていける人がうらやましいと思う。そう云う人たちは行政に苛められたことが無い人なのだろう。その汚いやり口は暴力団となんら変わらないかそれ以上なのだ。

 鈴木宗男国会議員はその汚いやり口を知り尽くしている人間のようだ。持ちつもたれずの腐れ縁的な関係だった外務省に手のひらを返され徹底的に潰されかけたが、その恨みを晴らすべく総選挙に再選されるや、その法治国家とはとても言えない行政の汚い手口を暴き始めた。
 
 面白い。徹底的に行政の不正行為を暴いてもらおう。国民はこれで官僚が腐りきっていることを再認識して欲しい。小泉人気に隠れて彼らの悪事が見えなくなっていたが、官僚とは「騙される方が悪い」と平然と言ってのける人種なのだ。
 
 どうか国民の皆さん目を覚まして欲しい。小泉劇場の裏方の腐敗ぶりを知って欲しい。行政に理不尽な仕打ちをされた一国民として、鈴木宗男議員の復讐劇は政治に無関心であることの危険性を知らしむる有意義なものであり、是非観ることをお勧めする。
by antsuan | 2005-10-21 23:59 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

このくらいの改革で喜んではいけないんですよね。

 あっけないぐらいに郵政民営化法案は可決成立した。同然といえば当然なのだ。民意に直接諮ったのだから。しかし小泉総理が選挙期間中に言っていたようにこれぐらいの改革は序の口なのだ。年金改革、公務員改革、医療制度改革、そして憲法改正をして初めて改革と呼ぶに相応しい変化といえよう。そうでなければ民間がやって来た改革より見劣りがするというものだ。
 
 民間は文字通り身を削る改革をしてきた。行政に潰された会社もあるし、行政が庇いきれなくなって膿が出てきた会社もある。どちらにしても行政に協力した会社ほど切り捨てられ、行政と戦った会社も血を流し傷を負った。
 
 議員年金の廃止は勿論、公務員の賃金引き下げや退職金の廃止も言うに及ばず、訳のわからない外郭団体は廃止か、民営化をしなければいけない。民間に出来ることを官がつまり行政が手を出すから膨大なむだ遣いが生じるのだ。
 
 医療制度改革は診療報酬の支出を抑えても意味がない。国公立病院を民営化すれば競争の原理が働き費用は抑えられる。次に国立大学が必要だろうか。いろんな研究所が各省庁にあるではないか。公務員予備校としての使命はとっくに終えているからして不要の最たるものであろう。学費の問題は奨学金制度の充実で解決できる。
 
 そしていよいよ憲法改正だ。首相公選制は必須だ。参議院も不要だ。ここまで来たら地方自治の確立まであと一息になる。そうすればあらゆる制度の許認可も今の十分の一程度に緩和されるだろう。
 
 本当にこれらが実現できたら、この二十一世紀は日本の世紀になることは間違いない、だが、もし出来なかったら米国と一緒に没落の道を歩むことになる。
by antsuan | 2005-10-20 23:59 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

外交問題の解決は期待できない

 小泉総理は外交問題で名を揚げるつもりはなくなったようだ。今回の靖国神社参拝の姿勢を見てつくづくそのように感じる。それでいいのかも知れない。とにもかくにも異論は有るだろうが、政権を担当しているうちにデフレを終わらせただけでも評価に値するし、公約どおり自民党をぶっ潰して新しい政治の時代を切り開いた。それ以上を望むべきではないのではないか。

 米国のブッシュ大統領が国内で大幅に人気を落としている中で、小泉総理の人気は逆に最高潮に達している。本来はこの人気を背負って堂々と相手国と交渉するべきだろう。其れをしないのは勝手な想像だが、落ち目のブッシュを出し抜くようなことを避けようと配慮しているからではないだろうか。あるいは北朝鮮やチャイナに個人的な弱みを握られている可能性も有る。

 いずれにしても小泉総理は最早外交に熱心ではなくなった。自ら総理大臣としての任期を区切り、次期政権に外交問題を任せるのもヨシとするべきであろう。しかし、国内問題に力を注ぐのならば、憲法改正の道筋だけはつけておいて欲しいと願わずにはいられない。
by antsuan | 2005-10-19 13:20 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)