あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:政治・経済( 613 )

日本は世界の猫になれ   (猫は人間を僕にしてしまう能力を持っている)

 「便利な使いっ走りとしてアゴで使っていた日本に、いつの間にか依存せずに生きて行けなくなっていたことを世界中の人々が知る。それが日本的な経済覇権のあり方であろう。」と、増田悦佐は主張しています。

 また、「だが、日本が世界の経済覇権を握るにあたっては、作為的に動き回るのではなく、心から世界中の人々のお役に立ちたいと思って、奉仕を積み重ねる中で、自然に覇権が転がり込んでくるというかたちになるだろう。」とも、述べております。


d0001610_21535317.jpg

d0001610_21535574.jpg

 現在の中東情勢は、馬賊や軍閥が跋扈して国家の体を為していなかった、昭和初期の支那大陸の情勢とそっくりです。

 この本と日本が敗戦の教訓から学ぶべきことは、中東情勢にもチャイナの挑発にも不作為のまま、何も手を出さないことです。

 残念ながら、安倍政権は、これらの世界情勢に不作為で居ることを米国に咎められて、火中の栗を拾おうとしているかのように思えてなりません。

 


 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2016-02-21 21:55 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

総力戦?  マッカーサーは草の根民主主義の精神も植え付けてくれた。

 今の政府は国家を破滅に追いやろうと必死になっているとしか思えません。

 米国の占領政策の一つである、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の洗脳から日本人が目覚めないうちに、日本の資産の全てを巻き上げようという算段でありましょう。


  東京新聞から抜粋
d0001610_17514676.jpg


 しかし、マッカーサー元帥は、占領政策の遂行だけではなく、これも押し付けではありますが、全体主義教育とは対極に位置する、神学的な「草の根民主主義」の理念も普及させようとしました。

 その理念こそ「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の洗脳から目覚める薬でもあったのです。

 ですから、小泉純一郎が国民の民意に諮るとして郵政解散総選挙を実施したように、国民の民意を直接諮る手段を講じることにより、必ずや、明日への道は開けると信じています。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-02-05 06:51 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

共に是れ凡夫のみ

 世界は今、第一次世界大戦前夜にもどったかのような様相を帯びています。 

 過去の教訓に学ばない政治家たちを見ると、政治家は凡人で良いのかと、つくづく考えさせられてしまいますが、果たして、過ぎ去った六十五年の自分の人生はなんだったのか。



   東京新聞より抜粋
d0001610_1224090.jpg


 「日々の光」を読んだ後だからでしょうか、自分の人生は自分のためにあるのではなく、身近な人のためにあると考えざるを得ません。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-20 07:25 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

改憲阻止!?  それこそ憲法違反!    憲法改正して直接民主制にしましょう。

 この頃の政治の腐敗ぶりを見ると、特高警察が幅を利かせていた戦前戦中のそれよりも酷いのではないかと思ってしまいます。

 少なくとも、このような政治腐敗を放置している今の日本人には、戦前戦中の政治家や軍人をとやかく言う資格はありません。


   東京新聞より抜粋
d0001610_7522184.jpg

 議会による間接民主制は帝国主義の産物です。

 憲法を改定したら昔の政治に戻ってしまうというのは嘘です。

 何故ならば、憲法改正という行為は昔の政治にはなかった直接民主制そのものなのですから、そんなことはあり得ません。

 むしろ、憲法改定を阻止する行動こそ、昔の政治そのものなのであります。

 
      *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-14 07:53 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

国は本当は大金持ちだった 日本国のバランスシートはこっそり公開されている

 日本の国家予算は一般会計と特別会計をあわせると、毎年、二百五十兆円ぐらいになることは、暗殺された石井紘基代議士が、国会質疑で明らかにしています。

 当時の塩川正十郎財務大臣が、「母屋でお粥をすすっている時、離れですき焼きを食っている奴が居る(母屋とは大赤字の一般会計、離れとは放漫な特別会計のこと)」と、官僚を痛切に批判したのは有名な話です。


ヤフー!ジャパンニュースから抜粋
d0001610_17331984.jpg

d0001610_17332325.jpg

                高橋洋一


 この記事にあるように、国の会計において特別会計を一般会計と分けずに、複式簿記で貸借対照表と損益計算書を作成すれば、経理を知っている世界中の人が一目瞭然で分かるのです。

 国が富んで実際に豊かになるのは、昔の貴族の身分にあたる、公務員であり庶民ではありません。これを帝国主義あるいは社会主義といいます。

 立憲民主制は帝国主義の産物であり、国を豊かにし国民を貧しくします。真の民主主義を目差しているのならば、天皇を元首とした四民平等の「立道民主制」こそが、最も適した政治体制といえます。



 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2015-12-31 17:44 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

米国の言いなりになっているとプエルトリコのようになりますよ。 (ウエストサイド物語からの教訓)

 映画「ウエストサイド物語」に酔いしれたのは、小学校六年の正月のことでした。しかし、単なる"ロミオとジュリエット"の現代版でないことに、その頃は理解出来ませんでした。

  今はもちろん良く理解出来ます。

東京新聞より抜粋
d0001610_14444027.jpg


  今の安倍内閣は、猛烈な勢いで米国に服従し、第二のプエルトリコになろうとしているようです。

  しかも、日本を戦争に引きずり込もうと、米国とチャイナはあの手この手を使って、日本を挑発し、怒らせようとしています。

 しかし、七〇年前の歴史の真実を知った以上、その様な昔の手は、日本にはもう通用しません。



 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2015-12-28 00:30 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

民間企業は学習能力があります

 こういう記事を読むと、日本は企業も国家も「戦略」を持たないだらしない組織だと思うかもしれませんが、和をもって貴しと為す日本人は、そもそも戦略を立てることが苦手なのではないでしょうか。

 また、民族の共存と文化の交流によって繁栄して来た日本は、戦略そのものが不要だと思っているフシがあります。

 しかし、日本を一歩出ると、そこは性悪説がまかり通る世界です。ですから鎖国をしない限り、外交的戦略は不可欠です。

 そして、確固たる戦略を立てておかないと、国家、即ち民族文化が抹殺されてしまうことは、歴史が証明しています。


 まぐまぐニュースから抜粋
d0001610_17161044.jpg


d0001610_17161661.jpg






       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-12-24 17:16 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

民族の誇りを失った恥ずかしい国

 今の日本の平和主義者は、よく、戦前の日本社会を暗黒時代というけれども、それは真実なのでしょうか。

 本来は、民族の誇りを失った国を「恥ずかしい国」と云うべきでありましょう。

d0001610_13361531.jpg

 自分の国の歴史を知らない者は、認知症に罹っているのと変わりません。

 米国の解禁された超機密文書から分かったことは、米国は真珠湾攻撃の一年前から、英国は三年前の一九三八年から日本の暗号を解読していて、何とかして日本から先に手を出させる仕掛を考えていたという、何ともやりようの無い真実です。

 そして、白人に服従しなかったのは、日本人とアメリカインディアンだけです。




 
[ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2015-12-18 07:27 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

米国は日本を中東戦争に巻き込もうとしている。今こそ日米同盟破棄の時である。

 米国のルーズベルト大統領は、真珠湾の太平洋艦隊を囮にして、戦争を仕掛けてきました。

 あの「汚名の日」の演説原稿が、真珠湾攻撃の前日に、既に出来上がっていた事実が、解禁された米国の機密文書から明らかになっています。

 米国は戦争が好きな国家なのです。

 日本が戦争をする気ならばともかく、戦争抑止力をあてにして同盟関係を結ぶには、最も相応しくない相手なのです。


d0001610_905728.jpg



 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2015-12-04 08:16 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

キリスト教という罪深き宗教。 人種差別をする白人、差別をなくそうとした日本人。

 日本人が白人を相手にして戦った大東亜戦争が終結して、「民族解放」は実現しましたが、人種差別は以前として残っています。

 しかし、今尚、「人種差別を意識しないで活きているのは日本人だけ」と云うことが、この本には書いてあります。


d0001610_16513872.jpg

d0001610_16514240.jpg

d0001610_17253290.jpg



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-11-30 17:53 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)