あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:政治・経済( 616 )

米国はベトナム戦争の敗戦を忘れたかのようだ

 まもなく米国の大統領選挙が始まります。トランプが言っているように、民主主義国家であるはずの米国でも不正選挙は日常茶飯事なのです。

 ましてや、その属国の日本で選挙が正当に行われているわけがありません。選挙の不正が無いと考える国民は、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)の洗脳に侵されたままで居るということです。

 しかし、争点を絞って、民意を問う場合の選挙において、不正をすることはなかなか出来るものではありません。

 今回の東京都知事選挙がそうであり、小泉純一郎政権時代の郵政民営化解散による総選挙も、選挙に不正の入り込む余地はありませんでした。

 その小泉純一郎は、ブッシュ大統領のイラク戦争を後押ししたことで、国民の批判に曝されています。その批判は確かに的を得ているのですが、インテリジェンス(情報機関)を駆使している米国政府を騙すには、まず味方を騙す必要があります。

 彼は「イラク侵攻はベトナム戦争の二の舞いになりますよ」と注進する代わりに、ベトナム戦争の敗戦を忘れさせて、民族戦争の泥沼に米国を引きずり込んだのです。

 その結果、この中東の民族紛争の泥沼に嵌まってしまった米国は、米国ファーストのモンロー主義に戻って、世界から軍隊を引き揚げるしか生き残るスベはなくなりました。

 今回の米国大統領選挙の争点は、この「米国ファーストか否か」なのです。

 米国国民の民意が正しく表されることを期待しています。


 
 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2016-11-03 10:02 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

ジョン万次郎は勝海舟の先生であり、明治維新を成功させた影の英雄である。

 東京新聞「筆洗」は時々秀逸のものがあるので、なかなか購読をやめられません。
d0001610_15230319.jpg
 馬鹿の番付の横綱に「魚釣りをしている人を見ている人」があげられているというお話し。また、日本人がつく三つの嘘「選挙前、恋愛中、魚釣りの後」についても、思わずニヤリとしてしまいますが、魚釣りの風刺画といえば、フランス人画家ジョルジュ・ビゴーの日清戦争を揶揄した絵が有名です。
d0001610_15175257.jpeg


 さて、「西鋭夫教授の歴史講座」にも魚釣り、正確にいえば、捕鯨の講義があります。「スパイか維新の英雄か? ジョン万次郎」という題目です。

 ジョン万次郎は土佐藩の読み書きも出来ない漁師でした。十四歳の時に遭難し、鳥島で米国の捕鯨船に助けられ、米国の学校を出て、捕鯨船の立派な航海士として世界一周の大航海を二度ほど成し遂げた後に、日本へ戻って来ました。ペリー提督の蒸気船がやって来るホンの数年前です。

 ジョン万次郎は魚釣り(捕鯨)をやめて旗本のお侍になります。

 そして、日米修好通商条約の批准書交換という重要な任務を担った咸臨丸に勝海舟と共に乗り、航海士兼通訳として太平洋を往復して帰ってきました。その間三ヶ月、ジョン万次郎は艦長勝海舟の下で仕事をしていたことになります。

 ご存知のように、この咸臨丸には福沢諭吉も乗船しており、彼は後に、艦長の勝海舟は船酔いで自室から一歩も出なかったと揶揄しておりますが、果たして、勝海舟は船酔いでひっくり返って寝て居ただけでしょうか。

 ジョン万次郎は学校に通っている間、偶然でしょうが、ペリー提督の住んでいた街に居ました。そこで、捕鯨船の補給基地として、米国が日本を植民地にしようと狙っているという情報を、耳にしていたとしても不思議ではありません。

 彼が、恵まれた不自由の無い生活をしていたアメリカ東海岸を後にして、日本に戻ってきたのは何故でしょう。

 彼は、すべての大陸が白人の植民地となっていることを、実際に目の当たりにしています。これは、西鋭夫教授ではなく、わたしの想像なのですが、ジョン万次郎は祖国が白人の植民地になってしまうことを憂いて戻って来たのではないでしようか。

 彼は、「魚釣りをしている人を見ている人」のような、馬鹿の番付の横綱になりたくなかったのです。

 おそらく、咸臨丸の艦上において、いや咸臨丸の艦長室において、艦長と航海士という関係を利用して、ジョン万次郎は勝海舟に自分が見聞きしたすべてを伝えたに違いありません。

 勝海舟を有名にしたのは、西郷隆盛との直談判で、江戸城無血開城を成功させたことです。勝と西郷が、日本のおかれた実情を認識し合意したからこそ、国家を疲弊させる内戦を避け、日本人が一丸となって本物の敵に備える体制を創ることに成功したのです。

 もし、ジョン万次郎が日本に戻って来ていなかったら、そして、咸臨丸に乗船していなかったら、明治維新は成功せず、日本は清国とおんなじ運命を辿っていたかも知れません。


 
 

 [ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2016-09-23 23:14 | 政治・経済 | Trackback | Comments(6)

小池百合子を都知事にして良かったよな。なあ、みんな。

 都知事が新しくなって、いままでの都政の不正がどんどん明らかになっていく。これが本当の意味での政権交代なのだ。

東京新聞からの抜粋
d0001610_00072935.jpg



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会http://www.zushi.jp/
NPO法人 ななくさhttp://7793.art.coocan.jp/
有限会社 コンサル長坂http://7793.o.oo7.jp/

by antsuan | 2016-09-14 23:55 | 政治・経済 | Trackback | Comments(4)

世界的経済戦争は香港と台湾が独立すれば解決する

 今、経済を世界規模で見てみると、戦争状態となんら変わりありません。

 欧州では、英国がEU離脱を決定したことで、ドイツやイタリーの銀行が抱える不良債券の保険の引き受け手がいなくなり、大手銀行がつぶれる寸前にあるそうです。

 欧州の経済が破綻すれば、チャイナの輸出産業も壊滅し、同時にチャイナの経済も破綻します。

 日本は、他国より輸出依存度が高くありませんので、経済的には持ちこたえることができます。

 しかし、不法移民が押し寄せてくるのは間違いありません。それだけでなく、チャイナは日本を侵略してくる可能性があります。

 そうです。裏で手を引くのは、米国と英国でありましょう。それにロシアが便乗してくれば、まさに大東亜戦争前夜と変わりません。

 この経済戦争から日本が勝ち残るには、今のうちから戦略を立てて、東南アジア経済の安定化を図ることが一番ではないかと考えます。

 その意味では、安倍首相のばらまき外交は理に適っています。



  過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2016-09-09 17:52 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

新東京都知事の破壊力

 日本の政治腐敗はどうしようもないところまで来ていますが、それでも、内乱も起きずに平穏でいられるのは国民が我慢強いからに他なりません。

 世界的に見ても、戦後の政治体制が曲がり角にきている事は明らかです。
 
 パーソナルコンピュータが発明されて情報通信技術革命が起きてから早くも三十年が経ち、市民があらゆる専門的情報を簡単に手に入れる事が出来るようになりました。

 そして、そのことによって、グーテンベルクの印刷革命が宗教改革を引き起こしたように、新たなる政治改革の起きる兆しが見えて来ました。

 日本においても、政治家小泉純一郎や橋下徹、小池百合子は、"権威ある議会の意向に逆らって"民意に問うと云う方法で、議会式政治体制をぶち壊しました。

 小池百合子新東京都知事はそのような時代の変化を的確に読み取る事の出来る政治家であります。それだけでなく、市民の為になる政治を実践しようとする情熱を失っていません。

 明治維新は、薩摩長州という、地方自治体が中央政権に謀反を起こした革命でしたが、現代でも、中央政権を倒すにはこの手が一番有効といえます。つまり、大阪府と東京都が手を組めば、腐敗した中央政権を改革することは可能であります。

 今度の新しい維新は、日本文明の本質を失わず、「尊民攘夷」の旗印を掲げて、日米安保解消と地方自治の確立を目差してほしいものです。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-08-06 12:43 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

民衆の逆襲が始まった。今度の都知事選挙は前回の不正選挙への怒りが込められている。

 今回の都知事選挙で、現在の政治体制に都民はうんざりしている事がはっきりしました。

 政治家小池百合子は、議会の意向に反して民意を問うという、小泉純一郎と同じ手法を使いました。

 まさに民主主義政治の正論です。欧州では国民投票が盛んに行われています。その理由は、二回の大戦を経て、議会を構成する政治家に対する不信感が在ります。

 これからの政治体制は議会制民主主義を守る必要は在りません。いやむしろ、今度の都知事選挙により、もはや議会式政治体制は時代遅れとなっている事がはっきりしました。

 情報通信技術革命は政治体制を変えてしまう程の大変革なのです。

 我が国では、小学生ですら携帯電話を持つ社会になっています。ですから、株式会社とおんなじように、行政の長や予算案に対する信任を毎年行って、体制の腐敗を監視するべきです。

 今回の都知事選挙は、それが必要である事を明確にした意味で、画期的なものであるといえます。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-08-01 08:50 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れよ。(本田宗一郎)

 森戸海岸の朝の海水浴場は、まだ子供たちが夏休みになっていないせいか、静かで閑散としています。
d0001610_741221.jpg


 日本の政治は殆ど崩壊しています。崩壊していても何とかなっている理由は、日本は米国の植民地であるからです。
d0001610_7412584.jpg

 しかし、崩壊したままで良いのでしょうか。この現状を打破しなければ、本当の平和はやって来ないでしょう。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-07-15 07:42 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)

八百長都知事選のやり直しをすれば、日本の未来が開かれる。

 舛添東京都知事のふしだらな素性は、先の都知事選挙に立候補した時には既に知られていたことでしたから、彼が当選したことで、選挙に不正が行なわれたことは、都民のみならず、国民の知れることとなりました。

 ですから、不正選挙に怒りを感じている都民は、舛添をこのままにしておくことを許すはずが無いと思います。

 従って、もう一度、都知事選挙をやり直す可能性が大いに出て来ました。

 その時には、熊本県知事だった細川さんに再度立候補してもらいましょう。

 そして、『原発の無い東京オリンピック』を選挙の争点にして戦うのです。

 自民党も共産党も今度は対抗馬を出すわけには行かないと思います。

 細川都政が実現すれば、原発テロに脅える必要が無くなるだけでなく、日本が、率先して、エネルギー革命による新しい時代を切り開くことになることでしょう。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-06-06 00:56 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)

「憲法」問題よりも「日米安保条約」を考える好機がやって来た。

   「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」 、忍耐強く機が熟すまで待っていた甲斐があったようです。

  不平等条約と云うよりも、日本国憲法を飾り物にし、日本を米国の属国と定義した、日米安全保障条約がいよいよ朽ち果てようとしています。


東京新聞より抜粋
d0001610_13191595.jpg

  しかも日本人の力ではなく、米国の大統領候補によって、つまり外圧によって変わろうとしています。我が国の政治家や官僚が体制を投げ出すのは時間の問題です。

 その時こそ、八百万の神々の下における、日本人民の日本人民による日本人民のための政治、即ち、天皇が君臨し日本国民が直接統治する、「立道民主制」の確立が為されなければなりません。


 過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2016-05-08 23:02 | 政治・経済 | Trackback | Comments(4)

タックスヘイブンはやはりうさん臭かった(資本主義=盗人主義)

 熊本大地震で、パナマペーパー事件が日本ではウヤムヤになってしまいましたが、この事件は、資本主義経済の暗部をさらけ出した大問題なのです。
        東京新聞より抜粋
d0001610_8154343.jpg


 タックスヘイブンが主に英国の統治領に存在するのは歴史的理由があります。

 昔、スペイン帝国がアメリカ大陸の植民地からの貿易を活発にしていた頃、大英帝国はカリブ海の海賊たちを公認してスペインの貿易船を攻撃させていたのです。

 海賊の島には貿易船から掠奪した金銀があふれ宝島となりました。それがタックスヘイブンの起源なのです。

 従って、資本主義経済の原点は植民地や貿易船からの掠奪であり、資本主義は正確にいえば盗人主義のことなのです。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-04-23 09:32 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)