あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:文学・教育・科学・医療( 430 )

白隠禅師座禅和讃を唱えた日々

 大学時代、縁あって白隠禅師の松蔭寺に下宿したことがあります。ここにはプロ野球巨人軍の川上哲治監督が九連覇している時代に座禅を組んだ禅堂があります。和尚に強制されたことは一切ありませんでしたが、その禅堂で座禅を組み、白隠禅師座禅和讃を唱える日々を過ごしました。

   東京新聞より抜粋
d0001610_11412214.jpg

 修業をする気で下宿したわけでもないので、当然、悟りの境地などには全く至らなかったのですが、この新聞を読み、白隠さんは悟りを開こうが開くまいが精進することの大切さを説いて居られたことに、今、気がつきました。
 
白隠禅師坐禅和讃  ウキペディアより抜粋

衆生本来仏なり 水と氷の如くにて
水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし
衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ
たとえば水の中に居て 渇を叫ぶが如くなり
長者の家の子となりて 貧里に迷うに異ならず
六趣輪廻の因縁は 己が愚痴の闇路なり
闇路に闇路を踏そえて いつか生死を離るべき

夫れ摩訶衍の禅定は 称歎するに余りあり
布施や持戒の諸波羅蜜 念仏懺悔修行等
そのしな多き諸善行 皆この中に帰するなり
一座の功をなす人も 積し無量の罪ほろぶ
悪趣何処にありぬべき 浄土即ち遠からず
かたじけなくもこの法を 一たび耳にふるる時
讃歎随喜する人は 福を得る事限りなし

況や自ら回向して 直に自性を証すれば
自性即ち無性にて 既に戯論を離れたり
因果一如の門ひらけ 無二無三の道直し
無相の相を相として 行くも帰るも余所ならず
無念の念を念として うたうも舞うも法の声
三昧無礙の空ひろく 四智円明の月さえん
この時何をか求むべき 寂滅現前するゆえに
当所即ち蓮華国 この身即ち仏なり
 



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-23 12:52 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

愛は信仰の上にあるもの     「神仏習合」は平和の必要条件

「梟通信~ホンの戯言」の佐平次さんがお奨めする キリスト教の偽善と人間の愛に翻弄されつつ、凛々しく生きた日本人女性の物語。

 キリスト教に関わったことの在る方には、特に読みごたえのある小説です。

d0001610_20463125.jpg


 我々日本人は、母の愛を「神」から見出さず、「仏」にその愛を重ね合わせます。

 「仏」は、欲望をはじめとする種々の力やエネルギーを鎮める存在であり、あるいは慈悲深い存在なのであって、「神」が父であれば、「仏」は母のような存在といえましょう。

   東京新聞より抜粋
d0001610_12181125.jpg


 一神教の社会の人々は、神とは別の仏即ち霊の存在をそろそろ考えてみるべきではないでしょうか。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-17 21:40 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(6)

平和とは女性が輝いている時をいうのではないでしょうか。

 

東京新聞から抜粋
d0001610_12205241.jpg

 

          *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-16 12:21 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

報道機関の責任を棚に上げて人生を説く東京新聞

東京新聞の随筆、「筆洗」は、時々良いことが書かれているけれども、大抵は下記に書かれているような、ろくでもないものが多いのには困ったものです。

東京新聞より抜粋
d0001610_9441952.jpg

 連合軍総司令部(GHQ)が、国際法に違反して、紙芝居と云う日本の言論の自由を封殺したことを明示しておきながら、GHQのプレスコードに従ったことを反省するどころか、「紙芝居は子どもに『お国のために』の軍国主義を教える道具だった」と、占領軍の太鼓持ちを未だに続けている執筆者の神経が分かかりません。

 紙芝居が今はマンガに取って代わられたけれども、昔から代わることなく、「正義と博愛」を子どもに教える大事な道具になっていることを、この執筆者は知らないようです。


今日の東京新聞より抜粋
d0001610_11432892.jpg

 「大人になるとは生き方に責任を持つ」ことであると認識しているのですが、社会人としてはかなり傲慢な生活をしていた、石川啄木の詩「こみ合へる 電車の隅に ちぢこまる ゆうべゆうべの 我のいとしさ」を取り上げて、「大人になるとは重荷を背負い、あの通勤電車の仏頂面の一員になることかもしれぬ」と書く。

 報道機関としての「真実を知らせる」責務を放棄して、若者に訓示を垂れるのならば、大人として是非、執筆者は名を名乗ってもらいたいと考えるのは、わたしだけではないと思います。

       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-11 13:32 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

念じれば通ずる時代がやって来る

 どうやら、思考言語を解読出来る時代がやって来たようです。

 つまり、何を考えているか隠すことが出来ないのはもちろん、念じれば、ロボットを思った通りに動かすことが出来るのです。

 しかし、人類を破滅に追いやる核反応技術のように、思考言語解読技術も人類を幸福に導くとは思えないのはわたしだけでしょうか。

 ひとつ、この思考言語解読技術をつかって、他人の心の内を覗いてみたいものです。


ヤフー!ジャパンニュースより抜粋
d0001610_19283827.jpg





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-06 21:30 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

和歌の歴史を知るだけで、神代の時代から、男女平等だったことが分かる

  韓国やチャイナが"歴史を省みよ"と云ってくれたお陰で、七〇年間も省みることのなかった歴史の真実が、明るみに出ることが出来ました。

           東京新聞から抜粋
d0001610_21584513.jpg


  どうして、昔の日本女性はこんなに高い教養を持ち合わせていたのでしょう。

  それは多分に和歌と関係するのだと思いますが、では何故、昔から和歌が詠まれていたのか、その様な風習は何故生まれたのか、不思議でなりません。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-12-27 11:03 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

肉体は尽きても、その命は多くの人々に影響を与えると云う思想が「往生」

 昨日は伊豆の山々と富士山が見える絶好の行楽日和でしたが、思いの外、鎌倉は人出が少なく、寿福寺への墓参りも、滞りなく済ますことが出来ました。

    東京新聞より抜粋
d0001610_0472255.jpg





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-11-29 00:53 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

日本女性の源流

 神代の時代から、日本では女性が強かった。というよりも、殆ど男女同権であったといえるのではないかと思うのですが、それは恋文を交わすと云う文化の高さからも伺えるのです。

 東京新聞より抜粋
d0001610_0332498.jpg




[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2015-11-29 00:39 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

私も父親や祖父の嘘が分からなかった。だからこそ、今は畏敬の念を禁じえない。

 私たちの親の多くは、耐え難きを耐え忍び難きを忍びつつ、そのことを子供たちに悟られないように笑顔を見せ、嘘をつきました。

 その嘘がどんなにか愛に満ちたものであるか、大人になればいやと言うほど分かります。


   紙面をクリックすると読みやすい大きさになります。              
d0001610_17154286.jpg
 
               今日の東京新聞より抜粋





      *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-11-22 17:40 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

文化勲章の政治利用を否定するものではないが、効果は本当にあるのだろうか。

 東京大空襲を指揮したカーチス・ルメイに勲章を贈った当時の首相は佐藤栄作である。沖縄返還との交換条件だったならば何とか理解出来るが、彼自身のノーベル平和賞受賞との交換条件だったならば、情けない話しだ。

            東京新聞より抜粋
d0001610_17321679.jpg



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-11-10 17:35 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)