あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:文学・教育・科学・医療( 437 )

村上春樹と大江健三郎、時代を遡って三島由紀夫と川端康成の人物像を考える。(その一)

 船の中でビールを飲みながら若かりし頃の音楽を聴いていたと、この前の記事で書きましたが、しかし、あの当時にわたしが聴いていたのは、ビートルズの曲ではなく、反戦歌のフォークソングでした。

 ビートルズの曲を聴くようになったのは、ベトナム戦争が終わってから、わたしの年代で云えば二十年代後半です。そのようなわけで、ビートルズの曲と題名は未だにあやふやでいい加減にしか覚えていません。

 ですから、村上春樹の本の題名がビートルズの曲名とおんなじであったことすら、知りませんでした。

 作家の村上春樹はノーベル文学賞候補に毎年上がっているのでその名を知っていますが、彼の本は読んだことがありません。ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎の本も読んだ事はありません。

 村上春樹も大江健三郎も音楽には造詣が深いようです。そして二人は反戦を主張していることでも共通しています。

 そういえば、わたしの若かりし頃は、三島由紀夫が毎年ノーベル賞候補に上がっていましたが、彼が師と仰ぐ川端康成が受賞しました。

 わたしと三島との関わりは以前にブログに書いた通りですが、実は彼の書いた本を読んだことがありません。

 しかし、今ごろになってまた接点を見いだしました。三島由紀夫の良き理解者だったジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークスの本を読んだからです。

 また、村上春樹とは新たな接点を見いだしました。彼の本を数多く英訳しているジェイ・ルービンの「日々の光」を読んだからです。

 そして、わたしは村上春樹と三島由紀夫に共通点があることを見いだしました。一方は反戦主義者であり、また一方は強烈な愛国者でしたが、この二人はウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)の洗脳を退けた作家である点で共通しています。

 ですから、村上春樹は三島由紀夫と同様に、ノーベル文学賞を受賞することは難しいでしょう。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-05-25 16:45 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

成功のための最大の秘訣は、成功するまで続けることだ。

 マックの画面はしょっちゅう眺めているのに、月刊誌の「PHP」はパラパラめくる程度でしかなかったので、定期購読を打ち切ったはずなのに、今月も郵便受けの中に入っていました。

 そこで手に取って、六月号のヒューマン・ドキュメント[永遠の夢に従い、白球を追う]を読み始めました。高校野球部監督の話です。


d0001610_18434166.jpg

 三男は、公立ではありますが進学高に入ったのにも関わらず、三年生になっても勉強そっちのけで野球をやっています。

 しかしここに書いてあるように、「人の生き方には二つしかない。”そこそこやるか”か、”そこまでやるか”」なのです。


d0001610_18432464.jpg

 また、なんとなく捲ると、「而今」という、ダウン症児として生まれた方の力強い毛筆で書かれた文字が目に入りました。「今だけに全霊を注いで、而今に生きるのだよ」。

 本当にそうだと思います。

 三男には、今だけに全霊を注いで、”そこまでやるか”と周りに思われるぐらいに、野球に打ち込んで、青春を燃やして欲しいと思っています。

『青春とは心の若さである。信念と希望にあふれ、勇気にみちて、日に新たな活動を続けるかぎり、青春は永遠にその人のものである。』

 事業がなかなか上手く軌道に乗らず、もがいているわたしですが、PHPを読んで、松下幸之助のことばに勇気づけられています。



[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2016-05-09 19:33 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

日本の政治経済を壊滅させる相模トラフ巨大地震は想定外であってはならない

ウィキペディア「相模トラフ巨大地震」より抜粋
d0001610_17155779.png



 日本は地震国であると昔からいわれていて、また、大正時代に起きた関東大震災を教訓にして、防災訓練も毎年行われていますが、東日本大震災や熊本大地震をみると、政府はそのような教訓から何も学んでいないことが分かります。

 もし、首都圏で再び大地震が起きれば、数十万人規模の犠牲者が出ると、東京都では予想しているにも関わらず、犠牲者の数を一桁低く抑えて公表しています。

 東京オリンピックは、フクイチ事変による放射能汚染により、東京都の地価が下がるのを恐れて招致したともいわれており、国民の生命と財産を守るはずの国家や地方自治体をもはや信用することは出来ません。

 原子力発電所で、電源が消失すると、放射性物質がメルトダウンしてしまうことは科学的常識であったのに、国家はそのことを公にしなかったと同じに、水面より低い位置にある地下鉄や海底トンネルは、電気が止まれば、水没してしまう事実を公にしていません。

 東京湾岸にあるガスタンクや石油タンクから燃料が漏れ、道路を埋め尽くしている自動車が燃えたら、東京大空襲以上の大火災になります。

 この様なことを想定すれば、明治時代から続いた中央政権による一極集中型の都市造りを、即刻改める時期に来ていることは明らかです。


  過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2016-05-01 10:48 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

資本主義と云う薮の中から蛇が出て来た

 桜並木も葉桜になり、山からは小鳥のさえずりが聞こえてきます。

 リスもいます。

 気温が二〇度を超して暖かくなったせいでしょうか、仕事場の近くでヘビを見ました。


d0001610_174299.jpg

d0001610_1743279.jpg


 最近になって、タックスヘイブンに資産を隠している政治家や富豪の名前が、パナマ文書という形で暴露され、騒がれています。

 ヘビは神様の召使いと神話でも云われていますが、戦後七〇年の藪の中から「真実」というヘビがようやく出て来ました。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-04-09 17:54 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

良い経営者はブレない哲学を持っている。

 借金だらけの零細企業の事業主として、昨今の社会経済をみると、お先真っ暗といった悲観的な状況の感があります。

 日本の事業経営においては一度躓いてしまうと復活は容易ではありません。何度も躓きジェットコースターのような人生を送る人は、このモスバーガーの会長のように、己の哲学がブレないから出来る事だと思います。そして、家族が協力してくれれば、事業運営は鬼に金棒となる事でしょう。


d0001610_1174335.jpg

d0001610_1174617.jpg


 幸いな事に、我が家では昨年からカミさんも長男も仕事を手伝ってくれています。そしてカミさんは、ここに書いてある七つの特性のうち、六番を除いた全てを持っています。お陰で、わたしはこの六番だけを実践する事に専念すれば良いので、未だまだ頑張れると自信が湧いてくるのです。 


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-03-04 11:11 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

少子高齢化に対する国家の無能ぶりに国民は気が付き始めている。

『国の借金は国民の借金にあらず』
まず、このことをしっかりと認識しておかねばなりません。


  東京新聞より抜粋
d0001610_1459542.jpg


 つまり民主主義国家の我が国において、国の借金のツケを安易に国民に押し付けようとする為政者は、背任罪に問われるべきなのであります。

 ですから、司法界、特に日弁連のような民間の法律専門家集団が、公約やマニフェストを蔑ろにして国民を食い物にしている為政者を、「背任罪」で告発しない理由がわかりません。





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-03-02 08:31 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

あらゆる感情を西に傾く月に移入した女流歌人の観た月と、少しも変わりはないのだろうなぁ。

d0001610_1091972.jpg


 東京新聞より抜粋
d0001610_1091185.jpg

 相変わらず女心の分からないまま、毎日まいにち口げんかして一日が終わっていきます。

 それでも、 結婚して二十六年、昔の人が観た月と変わらぬ輝きの下で、共に暮らしてきたことに感謝するこの頃です。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-02-06 10:37 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(2)

白隠禅師座禅和讃を唱えた日々

 大学時代、縁あって白隠禅師の松蔭寺に下宿したことがあります。ここにはプロ野球巨人軍の川上哲治監督が九連覇している時代に座禅を組んだ禅堂があります。和尚に強制されたことは一切ありませんでしたが、その禅堂で座禅を組み、白隠禅師座禅和讃を唱える日々を過ごしました。

   東京新聞より抜粋
d0001610_11412214.jpg

 修業をする気で下宿したわけでもないので、当然、悟りの境地などには全く至らなかったのですが、この新聞を読み、白隠さんは悟りを開こうが開くまいが精進することの大切さを説いて居られたことに、今、気がつきました。
 
白隠禅師坐禅和讃  ウキペディアより抜粋

衆生本来仏なり 水と氷の如くにて
水を離れて氷なく 衆生の外に仏なし
衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ
たとえば水の中に居て 渇を叫ぶが如くなり
長者の家の子となりて 貧里に迷うに異ならず
六趣輪廻の因縁は 己が愚痴の闇路なり
闇路に闇路を踏そえて いつか生死を離るべき

夫れ摩訶衍の禅定は 称歎するに余りあり
布施や持戒の諸波羅蜜 念仏懺悔修行等
そのしな多き諸善行 皆この中に帰するなり
一座の功をなす人も 積し無量の罪ほろぶ
悪趣何処にありぬべき 浄土即ち遠からず
かたじけなくもこの法を 一たび耳にふるる時
讃歎随喜する人は 福を得る事限りなし

況や自ら回向して 直に自性を証すれば
自性即ち無性にて 既に戯論を離れたり
因果一如の門ひらけ 無二無三の道直し
無相の相を相として 行くも帰るも余所ならず
無念の念を念として うたうも舞うも法の声
三昧無礙の空ひろく 四智円明の月さえん
この時何をか求むべき 寂滅現前するゆえに
当所即ち蓮華国 この身即ち仏なり
 



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-23 12:52 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)

愛は信仰の上にあるもの     「神仏習合」は平和の必要条件

「梟通信~ホンの戯言」の佐平次さんがお奨めする キリスト教の偽善と人間の愛に翻弄されつつ、凛々しく生きた日本人女性の物語。

 キリスト教に関わったことの在る方には、特に読みごたえのある小説です。

d0001610_20463125.jpg


 我々日本人は、母の愛を「神」から見出さず、「仏」にその愛を重ね合わせます。

 「仏」は、欲望をはじめとする種々の力やエネルギーを鎮める存在であり、あるいは慈悲深い存在なのであって、「神」が父であれば、「仏」は母のような存在といえましょう。

   東京新聞より抜粋
d0001610_12181125.jpg


 一神教の社会の人々は、神とは別の仏即ち霊の存在をそろそろ考えてみるべきではないでしょうか。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-17 21:40 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(6)

平和とは女性が輝いている時をいうのではないでしょうか。

 

東京新聞から抜粋
d0001610_12205241.jpg

 

          *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-01-16 12:21 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)