あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:身の回り・思い出( 515 )

長男の第二の故里になった「俺達の新潟」

 新潟はわたしの父の故郷でもあり、また、祖父が戦前に教鞭をとっていた場所でも在り、親戚も居ります。この地に縁あって、長男は東日本大震災の遭った三月から四年間の学生生活を過ごしました。

d0001610_14564553.jpg

d0001610_14565783.jpg

 大学も下宿先も阿賀野川を渡ったところにあり、息子はこの川を何百回と渡ったに違い在りません。
d0001610_14576100.jpg

d0001610_14585934.jpg


 また、学業はそこそこにして、三年半の長い間、同じ場所でアルバイトにいそしみ、小遣いを稼いでいたのでした。そのアルバイト先というのが、この新潟空港内に在るレストランなのです。

d0001610_14565199.jpg

d0001610_15242999.jpg

 息子にとって、新潟という自然の溢れる街で、親元から離れて生活したことが、これから本格的に社会人になるに当たって、多いに役に立つことでしょう。


d0001610_11285433.jpg


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-27 07:30 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)

鳩の日向ぼっこの散歩道

 ようやく春がやってきました。仕事のほうも何とか一息つける目処がつき、仕切り直しの算段を考える余裕ができました。

 そこでというわけではありませんが、しばらくサボっていた散歩を再開し、カミサンと葉山御用邸近くの公園まで歩いてきました。

 森戸神社の海岸を歩いていると、日向ぼっこをしているのでしょう、日差しで暖かくなっている石垣に、鳩が張り付いている光景に遭遇しました。

d0001610_1823179.jpg


 こちらは葉山御用邸近くの一色海岸へ向かう小径です。ちょっとスペイン風なので、シャッターを切りました。明るい日差しがこころをウキウキさせてくれます。


d0001610_1823980.jpg





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-01 18:23 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)

人間の運命に逆らっちゃいかん。いつの間にか、結婚二十五周年。

 生き物には全て運命というものがあると思っています。もちろん人間にも。

         今日の東京新聞より抜粋
d0001610_236010.jpg


 いつの間にか、私たち夫婦も、二十五年目の結婚記念日を迎えていました。

 二人して仕事から帰ってきて、空っぽの冷蔵庫を開けてみると、ケーキの箱が入っていたのです。なんと次男がそのことを覚えていてくれて、わざわざ用意してくれたのでした。

d0001610_2361949.jpg


d0001610_2361683.jpg




[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2015-01-28 23:22 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(10)

息子達が冬用タイヤの交換を手伝ってくれました

 元旦に、久しぶりで息子たち全員が集まりましたが、しかし、それぞれ勝手なことをして過ごしていました。

 三日目になって、仕事用のワゴン車のタイヤを冬用のものに履き替える事になり、長男が新潟で鍛えた腕を披露してくれることになりました。

d0001610_18515848.jpg


 そこに、三男や次男も手伝い始め、タイヤ交換はあっという間に終わってしまいました。

 子供たちがそろって何かをしたのは、ひょっとしたら、花巻のスキー場で遊んだ時以来かも知れません。


d0001610_1851543.jpg




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-01-12 18:45 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(8)

不安を抱えたままの正月を迎えました

 葉山の元旦は、曇り空から雪になりました。新潟から長男が戻って来たのですが、ついでに雪も新潟から持ってきたようです。

d0001610_815713.jpg


 森戸神社の初詣客は例年の半分以下という寂しさでした。
d0001610_8151677.jpg


 それもそのはず、世相はとても正月気分を味わえるようなものではないからです。
              東京新聞から抜粋
d0001610_8152268.jpg

       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-01-06 08:15 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(2)

「蜜柑とお餅」 平和だなぁ

 今年も、広島の親戚からは蜜柑が、新潟の親戚からは豆餅が届きました。もう何年もお会いしていないのに、ずっと変わらずに送り届けて下さいます。有り難いことです。

d0001610_1202081.jpg


 今年は、偽りのアベノミクスのお陰で、事業経営も厳しい試練に曝されてしまいました。しかし、何とか年を越すことが出来ました。

 来年こそは、仕切り直しをして、長期目標に向かって足下を固めて行く所存です。

 皆様、今年一年、いろいろとお世話になりました。

 また来年もお付き合い下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。



[祈りとは自然との対話のこと 
 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]

by antsuan | 2014-12-31 12:14 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(12)

ピンチはチャンスの前触れなのだ!

 富士の嶺もすっかり雪化粧して、いよいよ師走になりましたが、今年はとてもクリスマス気分になれません。

 とはいうものの、うちのカミさんは冷蔵庫の扉にさりげなくクリスマス飾りをつけていました。そして、その横にはプロ野球の著名人のことばが貼られています。

d0001610_11224781.jpg

d0001610_11224084.jpg


 「 大変というのは大きく変わるという意味。だからピンチはチャンスの前触れなのだ。」という星野仙一のことばに、元気をもらっているわたしです。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2014-12-10 08:25 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(4)

息子に元気をもらった

d0001610_953949.jpg

 お世話になった塾の後輩へ、志望校に受かった先輩としての学校案内です。三男は塾の先生の指導を守り、何とか、滑り込みタッチセーフで合格したのでした。




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2014-12-06 09:53 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(4)

寿福寺の紅葉

d0001610_19324974.jpg
 鎌倉はまるで初詣の時のように人が出て混んでいました。

 この寿福寺も、一般公開されていないのに、源氏山へ登る入り口にもなっているせいでしょう、老若男女、多くの行楽客がこの参道を通っていきます。

 今年の鎌倉は例年になく紅葉が綺麗なのです。





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/

by antsuan | 2014-11-30 19:32 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(7)

ミットもない

 高倉健も、渥美清と同様に、静かにこの世を去っていきました。報道によれば、高倉健のお母様の躾けは厳しかったそうです。

               東京新聞より抜粋
d0001610_17105079.jpg


 昭和は遠くなって行きますが、桜の花びらのようにはらはらと舞い散る日本人の男らしさの美学を、高倉健は見事に演じてくれました。
                         合掌





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2014-11-28 17:32 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(2)