あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:身の回り・思い出( 513 )

負けるとわかっている国会前デモと、負けるとわかっていた神風特攻。どちらも愚かな行動なのか。

 間もなく平成二十七年の夏も終わりです。

                真名瀬から観た江ノ島
d0001610_1657833.jpg

 わたしにとって六十六年目の夏でした。昔の人に比べたら、あるいは他国の人々と比べても、けっして短くない人生です。

 春の健康診断の結果、不整脈が在るので専門医に診てもらうように云われていたのですが、仕事にかまけて受診しないでいたら、脳梗塞を発症してしまいました。

 春ごろにろれつが回らないなと思っていたのですが、どうもそのせいだったようです。

 七十年前の日本人は、人生五十年どころか、人生三十年の感覚でいたことでしょう。

 その様な人生感覚の祖先の生き様が、七十年と云う歳月を経て、歴史と云う美しい虹となって輝いています。

 その祖先の御霊に手を合わせ、我が家族の平穏無事に感謝しつつ、正義と博愛を貫き通した祖先を誇りに思うのです。

 ですから、正々堂々と戦った日本人の汚名をそそぐためにも、わたしは真実を伝えようとしない活動や嘘のプロパガンダを許しません。

 これからも真実を伝えるための戦いを続けていく覚悟です。




  過ちては 改むるに 憚ることなかれ
by antsuan | 2015-08-30 18:12 | 身の回り・思い出 | Comments(3)

今年の夏は仕事に追われています。

  残暑お見舞い申し上げます。

 仕事に追われていて、ゆっくり街を見ていないせいかも知れませんが、今年の夏の葉山の海は活気がありません。

 それでも蝉時雨が降り注ぐ蒸し暑い夏に変わりは無く、シャワーを浴びても家でごろごろしていても疲れは取れません。

 皆様もお身体をご自愛下さい。


d0001610_9324224.jpg


d0001610_9324055.jpg


d0001610_9324789.jpg


d0001610_9324486.jpg



 私は朝鮮戦争が始まった昭和二十五年の六月生まれです。未だまだ日本は貧しかったけれども、米どころの秋田で生まれたので、丸々太っていて重たかったと母の話を何遍となく聞かされました。そのせいでしょうか、母に抱っこされたり、おんぶされている写真は殆ど在りません。

d0001610_9323613.jpg


d0001610_9323029.jpg


 我が子はというと、長男次男はベビーカーでした。そして三男は、長男と次男がふざけてベビーカーを乗り回すので、結局、お母さんの背中に避難していました。

 それを見て、長男と次男は三男をおんぶしたり、お人形をおんぶして、ちょっとだけママゴト遊びをしていました。

 お陰様で、今年の夏も皆元気です。





 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2015-08-10 12:25 | 身の回り・思い出 | Comments(2)

今年の夏の全国高校野球神奈川県大会は公立高校も強かった。頑張れ柏陽高校!

 今年の夏の全国高校野球神奈川県大会は、名門の横浜高校が決勝で東海大相模高校に破れましたが、その横浜高校へ長男と次男を通わせた影響でしょうか、三男は、県立では在りますが、高校野球部の球児となっていました。

 そして幸運にも、三男は所属する柏陽高校野球部で二年生にも関わらずレギュラーの座を獲得し、テレビ中継の在るこの大会において、見事なバントヒットを披露してくれました。


d0001610_12151914.jpg


d0001610_12152371.jpg


d0001610_12153886.jpg


d0001610_12154415.jpg


d0001610_12154641.jpg


d0001610_12154144.jpg



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-08-04 00:10 | 身の回り・思い出 | Comments(2)

柏陽高校野球部の活躍を生中継で観た

第97回全校高校野球選手権神奈川大会が始まりました。



 三男の柏陽高校野球部は、クジで開会式の選手宣誓をする事になり、一躍注目されて、新聞などに報道されました。さらに、テレビ中継のある球場で初戦の試合が行われましたので、選手の親は大騒ぎです。

 カミさんはもちろん野球場での応援でしたが、こちらは仕事場のテレビのチャンネルを勝手に変えて、職員と一緒に大はしゃぎしてしまい、他の部署で仕事をしている職員から白い目で見られてしまいました。

 しかし自分の息子が出ている試合を生中継で観られるなんて一生に一度有るか無いかでしょうし、まさかテレビで息子を観ることが出来るなんて、考えても見ないことでした。

 息子には、勉強はそこそこにして、好きな野球で思いっきり青春を燃やして欲しいと願っています。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-07-18 18:52 | 身の回り・思い出 | Comments(2)

六十五歳になりましたが、ゆっくり人生を振り返る余裕が在りません。

 今年は誕生日が慌ただしく過ぎてしまいました。
六十五歳といわれてもピンと来ません。しかし、身体がガタガタになってきたのは紛れもない事実です。

    長男からの誕生日祝いの贈り物
d0001610_731342.jpg



 年相応にのんびりと仕事をしたいところですが、現状はそれどころではなく、週休一日で若者に負けないように頑張って仕事をしています。

 日本を良くするには、まず足下を固めてからでないと。歯がゆいのですが仕方が在りません。

 それでも、久し振りに海に出て気分転換をしてきました。


d0001610_1418676.jpg




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-06-22 06:52 | 身の回り・思い出 | Comments(18)

外国でのピンチは本当のピンチだから気を付けろ!

 このところブログの更新も侭ならないほど事業のやり繰りに追われています。

 仕事を手伝い始めた長男には、ピンチはチャンスの前触れなんだと叱咤激励していますが、自分自身も精神的に厳しい状態が続いています。

 そんな時、つい春先までは、親が大変なのを見ていて自分はこの先どうなるのだろうと不安がっていた三男が、「外国ではピンチは本当のピンチだから気を付けろ」と学校の先生が話していたと、わたしに教えてくれました。
 
 つまり、父親のわたしに「大したピンチじゃないから頑張って」と激励してくれたのだろうと思います。三男もこんなに精神的に大人になったのだなぁと感心しています。

d0001610_728376.jpg

 上記の理由で、わたしは参加を見送りましたが、第二〇回ケンノスケカップヨットレースに出るつもりで愛艇を上架して整備しました。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-05-21 07:16 | 身の回り・思い出 | Comments(2)

五月人形前での家族写真   ( 家族は社会の最小単位)

 こいのぼりも子ども一匹だけでは泳がせていない。

 東京新聞の筆洗いは時々秀逸な文章が載っているので、新聞購読を止めるにやめられないところが在ります。

 旧タカラ創業者の佐藤安太さんによると、米国の子どもは早い自立を促される存在で、「子供の遊びの世界に親の人形などあり得ないという感覚」という。

 逆に、日本人は人形であろうと「子」を見守る親や家族を用意してあげたいと考える。

 この文化の違いは永久に埋まらないのかも知れませんが、家族は社会の最小単位であると考える日本人の意識が平和を築く基礎になると思えてなりません。


                                  東京新聞より抜粋
d0001610_9103956.jpg


d0001610_20521247.jpg





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-05-05 10:39 | 身の回り・思い出 | Comments(6)

今年もやって来た新緑の季節

   このところ、ブログを更新するゆとりが在りませんが、季節ははや新緑の装いとなりました。

   ここ、二三日の我が家は息子達が戻ってきたものの、みながばらばらに行動しているのでて、五月人形を飾ったのですが、はたして家族写真を撮れるかどうか今のところ不明です。

 
d0001610_14272436.jpg

d0001610_14272887.jpg

d0001610_14273626.jpg

d0001610_14274537.jpg

d0001610_1428063.jpg







       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-05-02 14:36 | 身の回り・思い出 | Comments(4)

長男の第二の故里になった「俺達の新潟」

 新潟はわたしの父の故郷でもあり、また、祖父が戦前に教鞭をとっていた場所でも在り、親戚も居ります。この地に縁あって、長男は東日本大震災の遭った三月から四年間の学生生活を過ごしました。

d0001610_14564553.jpg

d0001610_14565783.jpg

 大学も下宿先も阿賀野川を渡ったところにあり、息子はこの川を何百回と渡ったに違い在りません。
d0001610_14576100.jpg

d0001610_14585934.jpg


 また、学業はそこそこにして、三年半の長い間、同じ場所でアルバイトにいそしみ、小遣いを稼いでいたのでした。そのアルバイト先というのが、この新潟空港内に在るレストランなのです。

d0001610_14565199.jpg

d0001610_15242999.jpg

 息子にとって、新潟という自然の溢れる街で、親元から離れて生活したことが、これから本格的に社会人になるに当たって、多いに役に立つことでしょう。


d0001610_11285433.jpg


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-27 07:30 | 身の回り・思い出 | Comments(0)

鳩の日向ぼっこの散歩道

 ようやく春がやってきました。仕事のほうも何とか一息つける目処がつき、仕切り直しの算段を考える余裕ができました。

 そこでというわけではありませんが、しばらくサボっていた散歩を再開し、カミサンと葉山御用邸近くの公園まで歩いてきました。

 森戸神社の海岸を歩いていると、日向ぼっこをしているのでしょう、日差しで暖かくなっている石垣に、鳩が張り付いている光景に遭遇しました。

d0001610_1823179.jpg


 こちらは葉山御用邸近くの一色海岸へ向かう小径です。ちょっとスペイン風なので、シャッターを切りました。明るい日差しがこころをウキウキさせてくれます。


d0001610_1823980.jpg





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-03-01 18:23 | 身の回り・思い出 | Comments(0)