あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:身の回り・思い出( 513 )

悪魔がこの世の人間を資本家と労働者の二極化にしようとしている

d0001610_7364281.jpg

 とうとう昨日で六十六歳になってしまいました。しかし、悠々自適というにはほど遠く、借金返済のために生きているような状態です。

 キリスト教国家でいう『市民』とは資本家のことであり、労働者は実質的には奴隷であります。

  日本の神様は、一神教の神様と違って、働く神様です。神の臣である人も、当然のことでありますが、働く任務を負っております。働かない民はおりません。

 キリスト教の神の下における民主主義社会は、奴隷制度がなければ成り立たない、不平等で不健全な社会です。

 日本もグローバル化が進んで、人間は資本家と労働者の二つだけに分かれてしまいそうです。

 しかし、 正義の女神は、七〇年の歳月を経て、大東亜戦争の賞罰について、新たな評価を下しました。

 人種差別撤廃の先駆けとなった日本人は、信念を持って、キリスト教国家の云う「神の下の民主主義」を、率先して改める活動をするべきであると思います。

 何事も先駆けとなるには苦しみが伴うものです。




 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2016-06-22 07:51 | 身の回り・思い出 | Comments(6)

『人は一人じゃない筈さ』

「座・ロンリーハーツ親父バンド」
  ↑ 題名をクリックすると、正式の歌詞と曲を聴けるユーチューブに飛ぶことが出来ます。
・・・ 誰でもいつか年をとる、当たり前じゃないか、そんなこと。
大切なのは胸の炎、燃やし続けていること・・・

・・・生きているから楽しくて(生きているから)、生きているからこそ悲しくて(頑張れ)
生きている、辛いけど(生きているから)
明日は必ず来る(必ず)・・・

・・・いつか未来の子供たちに(子供たちに)、心のバトンをつなぐため(つなぐため)
頼りになるような、大人になるために・・・

・・・歌おうロンリーハーツ親父バンド(親父バンド)・・・

・・・若造時代に気づかない(気づかない)
本当の優しさや、愛や生命の重さを・・・


d0001610_1514297.jpg

 六月になって、海岸では海の家が建ち始め、若い時と変わらない、蒸し暑い日本の夏がまたやってきました。

d0001610_1514596.jpg

d0001610_1515182.jpg

 我等は年を取ったけれど、胸の炎を燃やし続けて、塩ッ気たっぷりの海の男になりました。

d0001610_1515526.jpg

d0001610_151588.jpg

 いつものように早めに港に戻って舫いを取ると、回りでは、あちこちでバーベキューを愉しむ人々の声が響き渡っています。 実は我々も、船の中でも安全なバーベキューセットによる試食会を計画していたのでした。

 炭火で程よく焼けた肉やピーマンをほお張り、ビールに焼酎に、夏の海の音楽といえば、加山雄三でしょう。

 ところが、ユーチューブから流れてきたのは、「座・ロンリーハーツ親父バンド」。わたしの知らない曲です。しかし、まさしく我等が歌うべき歌でした。


 

d0001610_152150.jpg

 若造時代に気づかなかった、本当の優しさや、愛や生命の重さを、こころのバトンとして、未来の子供達に伝えていきたいと思います。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-06-12 17:07 | 身の回り・思い出 | Comments(0)

我が家の庭は若緑の野原になっていました。

 いま住んでいる家は昭和初期に建てられたもののようです。ですから、関東大震災級の大地震が来たらひとたまりもなく潰れてしまいそうですが、住む家があると云うのは幸せなことです。

d0001610_6554530.jpg

d0001610_6555167.jpg

 そんな古い家の庭の手入れは、素人には手に負えません。しかし、財政事情から庭師に依頼するわけも行かず、放っておいたら、見事に野原のようになってしまいました。

 そこで、 老体にむち打って草刈りをしましたが、あまり大して変わっていないようです。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-05-11 07:00 | 身の回り・思い出 | Comments(0)

こどもの日の家族写真を今年も無事に全員揃って撮影出来ました。

 今年も、好例になったこどもの日の家族写真を、全員揃って撮ることが出来ました。

d0001610_8434984.jpg

 三男は、高校三年になって最後の野球部活動に青春を燃やしています。夏の大会が終わったら、この坊主頭をもう見られなくなるでしょう。

 次男は、正社員になって益々仕事が忙しくなるのでしょう。西荻窪にアパートを見つけて、今月からまた東京暮らしです。

 長男は、厳しい経営の介護事業を手伝ってくれています。

 カミサンも、長男と一緒に介護事業を支えています。

 わたしはというと、こんな覇気のない顔になってしまいましたが、出光佐三のように、日本経済が壊滅してもその復興の足がかりになるような事業を夢見て、情熱を燃やしております。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-05-06 00:44 | 身の回り・思い出 | Comments(10)

今日この頃のこと

 この頃、何でいまも生きて居るのだろうと思う。

 何時死んでも不思議ではないくらい歳を取った。


d0001610_664650.jpg


d0001610_663846.jpg


d0001610_665071.jpg


 桜が咲き、そして散り、雲が垂れ込めて、そして雨が降る。

 東日本大震災から五年の歳月が流れた。今度は九州地方に地震が襲った。

 一切衆生。自然災害は自然と調和しようとしない人間への天罰だと思う。

 夏目漱石は四十九歳で死んだのに、わたしはまだ六十を過ぎても生きて居る。

 未だ、この世でやらねばならない神から与えられた使命があるのだろう。

 そう思って生きて行くしかない。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2016-04-18 06:33 | 身の回り・思い出 | Comments(6)

夫婦で散歩する雨上がりの春の朝

 毎日まいにち、夫婦げんかばかりしています。今朝も、三男が高校三年生になったので、大学受験のために塾に通わせるかどうか、布団の中で言い合っていました。

 ここ二三日は花冷えのする曇り空だったのですが、朝に目が覚めるとまぶしい朝日が窓から差し込んできました。

 そこで、気分転換に散歩に行く事にしたところ、カミさんも一緒についてきました。

d0001610_7563655.jpg

 
d0001610_7591014.jpg



[ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2016-04-06 12:55 | 身の回り・思い出 | Comments(4)

クルーズコントロールのついた車でスーパー銭湯へ

 雨になった日曜日、冬支度にストーブを取り出しました。

 ところが後片づけをしないまま、カミサンの機嫌も取らず、二人の息子と一緒にスーパー銭湯に出掛けてしまいました。

 しかし、口の利かなくなった息子どもとの団欒の場として、スーパー銭湯は悪くありません。

d0001610_06284033.jpg

 [ 分かち合うことが出来れば、悲しみは半分に、喜びは二倍になる ]
by antsuan | 2015-11-09 06:33 | 身の回り・思い出 | Comments(0)

ロウソク一本が五才の長男の誕生日ケーキ

幼子の 落ち葉拾ひつ 散歩かな

抱き上ぐる 子の手の先の 八重紅葉

こんな俳句に書いた長男が二十五歳になりました。
d0001610_14244949.jpg




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-11-06 12:25 | 身の回り・思い出 | Comments(2)

昨日から朝の散歩を再開しました。

昨日の朝は青空にうっすらと雪化粧をした富士山でした。
d0001610_23585279.jpg
d0001610_23583990.jpg
今朝はお日様がまだ完全に顔を出していませんでした。
d0001610_23584078.jpg


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさhttp://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂http://7793.o.oo7.jp/

by antsuan | 2015-11-05 23:57 | 身の回り・思い出 | Comments(2)

入院中はマックでインターネット三昧といこう

 今日から三泊四日の予定で大船の病院に入院しました。

 鼠径ヘルニアの手術なので、日帰り手術の可能な病院もあるのですが、緑内障の手術をしたとき、局所麻酔で手術中の雑音が気になったので、今度は全身麻酔で手術をしてくれるところに入院しました。

d0001610_18195642.jpg


 夕食は、残念ながら、手術の前日ということで完全な流動食でした。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-10-29 18:25 | 身の回り・思い出 | Comments(8)