あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:思想・瞑想・時代考証( 614 )

略奪・強姦・虐殺。これが武力でする戦争の実態なのだ。

 戦争の実態を知らないと、戦争は必要悪だと考えたり、逆に武力を持たなければ戦争にならないと、訳の分からないことを言い出したりします。

 武力でする戦争の実態は、略奪、強姦、虐殺を公認することなのです。旧約聖書の時代から現代に至るまで、それは変わっていません。しかし、それを殆どしなかった軍隊があります。武士道の精神を持つ日本の軍隊です。

 日本では、伊達政宗の二本松の戦いが、女子供を含む村人を皆殺しにした最後の戦いと言われています。

 ところが、世界の大陸では、アメリカ大陸のエンコミエンダ、クリミヤ戦争、インドのセポイの乱、アヘン戦争、太平天国の乱、義和団の乱、第一次世界大戦、第二次世界大戦、大東亜戦争、支那の内戦(国民党軍と共産党軍の戦い)、朝鮮戦争、ベトナム戦争、カンボジア紛争など、本質をむき出しにした戦争が行なわれてきました。

 大英博物館には、戦争で掠奪した品々が堂々と飾られています。

しかし、日本軍が勝利した、日清戦争、日露戦争、日支事変ではその様なことはありませんでした。

 その様な品行方正なことをされて、腹の虫が収まらないのは植民地主義国家です。植民地主義とはとりもなおさず「人種差別が常識の社会」ですから、日本に来て日本人に接した西洋の文化人が『日本は貧しいが高貴である』と評しているのにも関わらず、白人に楯突く猿として日本人を徹底的にあからさまに差別しつづけました。

 日本の明治維新の何が凄いかと言うと「四民平等」を実現したことです。

 江戸時代は太平でした。しかし、その太平も、ペリー提督のアメリカ東インド艦隊により、植民地化の危機が迫ってきたのです。

 植民地化を防ぐためには、武士に任せていたのではダメだ! 天皇の臣は「四民平等」であるとして、高杉晋作、坂本龍馬、勝海舟などの下級武士が立ち上がって、明治維新が実現したのです。

 決して、官軍の薩摩長州土佐の侍が維新を成し遂げたわけではありません。彼らは王政復古どころか、大英帝国と手を組んで徳川幕府に変わる新しい幕府を作ろうとしていたのです。

by antsuan | 2015-11-02 07:37 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

明治維新は世界史としてみないと分からない

 入院中はインターネット三昧にふけろうと考えていたのですが、残念ながらWi-Fi環境が芳しくなく、楽しみにしていた、西鋭夫スタンフォード大学フーウ゛ァー研究所教授の歴史講座を途切れ途切れでしか聴くことが出来ません。

 それでも、明治政府は大英帝国が作ったモノだというお話の意味がよく分かりました。

 ジパングというお金持ちの国を植民地にしようと列強は日本に押し寄せてきたのです。

 アメリカのペリー提督が江戸湾に入り、その後、アメリカが南北戦争で頓挫している間に、アヘン戦争で大儲けした大英帝国が、薩摩と手を組み、日本を乗っ取ろうと企みます。

 幕末からは、日本という国を世界史の中で捕らえないと真実が見えてこないという、西鋭夫教授の講義です。

 明治政府の日本は、不平等貿易で徹底的に搾取されますが、それでも植民地にならなかったのは、勝海舟を筆頭に高杉晋作や坂本龍馬などの日本人の誇りを失わない者たちのお陰でした。

 龍馬暗殺の真相が分からないのは、犯人が明治政権の中にいたからだと、西鋭夫教授は分析しています。

 翻って、今の日本は、明治維新を成し遂げた英雄たちの血と汗と涙が無に帰してしまっています。

 ペリー提督の野望が実現し、アメリカの植民地に成り果ててしまいました。

 アメリカの基地は日本という植民地を守るために存在しているのです。あぁ!







       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-10-31 21:04 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)

ローマ法王はエンコミエンダを謝罪した。マッカーサー元帥の云うように日本に戦争責任はない。

            昨日の東京新聞朝刊から抜粋
d0001610_7113547.jpg

d0001610_1551855.jpg

 
  

 ローマ法王がエンコミエンダを公式に謝罪したことは知りませんでした。

 キリスト教の、ローマ法王がこの『エンコミエンダ』を謝罪したことは、歴史的大事件なのです。

 アメリカ合衆国(白人)の、侵略を正当化する標語であった、マニフェスト・デスティニー(「明白なる使命」「明白なる運命」)が明確に否定されたのであります。

 アメリカ大陸では、教会の名のもとに侵略が行なわれ、キリスト教に改宗しなかった先住民は虐殺され、あるいは強姦され、奴隷として扱われてきました。今尚、それに近い人種差別が公然と行なわれています。

 とりもなおさず、アメリカ合衆国の歴史は、全てが侵略し征服した歴史であります。

 もちろん島国の日本においても、黒船のペリー提督はマニフェスト・デスティニーという言葉によるエンコミエンダの正当性を掲げて侵略を試み、大東亜戦争を仕掛けて、ついに征服したのです。

 ローの法皇のこの謝罪により、米国の正しい歴史が実は負の歴史であることが、明白になりました。

 ですからあの大戦においても、マッカーサー元帥がアメリカ議会で証言したように、日本は自衛のために戦ったのであって、侵略され負けはしましたが、戦争責任は米国にあり日本にはありません。


          *  *  *



正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-10-23 07:13 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

ウォーギルトインフォメーションプログラムとは何か? 真っ先に籠絡された日本の報道機関の罪は重い。

「ジャーナリズムとは報じられたくない事を報じることだ。
それ以外のものは広報に過ぎない。」   (ジョージ・オーウェル)


d0001610_7234532.jpg

d0001610_723485.jpg

d0001610_7235082.jpg


「ウォーギルトインフォメーションプログラム」は江藤淳によって、日本においても知る人ぞ知るものであったようです。その事実が、インターネットメディアの普及により、ようやく日の目を観たということでありましょう。





[ かんしゃくを起こすと、友人を失う  嘘をつくと、自分自身を失う ]
by antsuan | 2015-10-13 12:15 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

日本人は日本を見直そう (マッカーサーの証言に嘘はない)

 戦後七十年を経てようやくこのような本が出てきました。

d0001610_8335178.jpg

d0001610_8335485.jpg



 しかし、いまの日本人はウォーギルトインフォメーションプログラムにすっかり洗脳されていて、政治家といえども、アメリカに謝罪させるどころか、靖国神社の英霊をも無視する有様です。

 "立憲民主制"は帝国主義と同義であり、そういう国の、侵略を是とする指導者が幅を利かせている限り、古くから"立道民主制"の国家だった日本は、国民が一刻も早く洗脳から目覚めて、靖国の英霊に感謝することから始めないと、本当の平和はやって来ないでしょう。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-09-29 08:36 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

七十年前の米国の機密文書は全て公開されいる。やはり、あの戦争は米国が仕掛けたものだった。

 この腹立たしい真実に日本人はいつまで目を瞑っているのだろうか。

 この本を読めば、現代を生きる我々日本人は、靖国神社に眠る英霊に対して、東南アジアの人々が感謝している以上に、尊敬の念を持って感謝しなければならないことに、思い至るだろう。


d0001610_6543010.jpg

d0001610_657073.jpg


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-09-28 07:02 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

洗脳工作(WGIP)の毒は戦争を知らない世代の今のほうがよく効いている !

 「洗脳工作」の遂行には、「検閲と焚書」による、事実の隠蔽は欠かせません。ですから、事実が「検閲と焚書」によって消し去られていたことに気がつくだけで、現代を生きる我々日本人は誇りを取り戻し、忌まわしい戦後の政治体制(レジーム)から脱却出来るに違いありません。
 
     日本人を狂わせた洗脳工作(関野通夫)より抜粋
d0001610_8583479.jpg

d0001610_858324.jpg

d0001610_8582829.jpg

d0001610_8582494.jpg




       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-09-26 00:10 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)

大東亜戦争は聖戦であった。そのことを認めなければ世界に平和はやって来ない。

 日本共産党が"日米安保条約反対"を叫ばなくなったのは何時頃からなのでしょうか。また、鎌田慧のコラムにあるように「アメリカ帝国主義の手先」という言葉もいつの間にか使われなくなってしまいました。

 日本共産党の中にもCIAの工作員がしっかり入り込んでいるのでしょう。国会前デモがすっかり収束してしまったことからも、それは充分に想像出来ます。


d0001610_817613.jpg

 日本人が何と云おうと日本は独立国家ではありません。米国の植民地であり戦利品であることは、世界の常識となっている事実です。

 日本国憲法は、帝国主義国家のアメリカが制定した、占領政策基本法なのです。ですから、この憲法を守ろうと叫ぶ日本人は、昔風に云えば、アメリカ帝国主義の手先なのです。

 大東亜戦争後に、欧米の帝国が植民地としたアジア・アフリカ地域から、数多くの国が独立した事実に目を瞑るのは愚かなことです。それどころか、そのことに無関心で居ることが世界平和の妨げになっていると思います。

 あの大東亜戦争は、東京裁判のパール判事の判決文にあるように、アジア諸国を侵略していた米英帝国を駆逐するための聖戦だったのです。



       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-09-22 08:18 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)

ワーギルトインフォメーションプログラムの洗脳から目を覚ませ!  日本人はこんなに立派だった。

  今、欧州では中東からの難民問題で大騒ぎになっています。中東からだけではありません。政情が不安定な北アフリカからも欧州へ難民が押し寄せています。
東京新聞から抜粋
d0001610_10554629.jpg


 その昔、欧州の戦争によっても何十万単位の難民が発生しました。大陸における戦争では虐殺と難民は付き物なのです。

 では、開国した日本はその様な戦争において、どのように対応したのでしょうか。それは、戦後、日本人が教えられてきた戦争史観とは真逆な人道的なものでした。


d0001610_10551936.jpg

d0001610_10552261.jpg

d0001610_10552573.jpg

d0001610_10553038.jpg

d0001610_105540100.jpg

d0001610_10553559.jpg


 ですから、ワーギルトインフォメーションプログラムがどれほど悪意に満ちたものか、現代を生きる日本人はそのことに一刻も早く気が付かなければ、戦争を正当化し続けているアメリカやロシアの暴行を放置させることになるだけでなく、彼らの牙が我々にも襲いかかってくることを覚悟しなければなりません。


       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-09-20 11:13 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(0)

マッカーサー元帥の憲法を守る前に、マッカーサー元帥の精神を守ったらどうでせうか。

 若い時に、 「マッカーサーの日本」と云う新潮社の本に、出会えたのは幸運でした。この本を読めば、マッカーサー元帥こそ最後の征夷大将軍であり昭和の聖徳太子と云えることがわかります。

 彼は日本国憲法を通じて、アメリカンデモクラシー(草の根民主主義)を、母国アメリカにではなく、この日本に根付かせようとしました。

 しかし、憲法はあくまで法律であって神の掟ではありません。従って、マッカーサー元帥の日本国憲法も、時代の変化に合わせて改正出来るように作ってあります。

 ですから、「マッカーサー元帥の憲法」を大事にしようとするならば、その前に、「マッカーサー元帥の精神」を大事にしなければ、全く意味のないことになります。

 そのマッカーサー元帥の精神とは何か。それは、降伏文書調印式典における彼のラジオ演説に表われています。

「・・問題は、基本的に神学的なものであり、過去2000年の科学、芸術、文学、そして物質的、文化的発展の、比類のない前進と同調する、精神的再生と人間性の改善に関係している。肉体を救おうとするなら、それは精神を通してである・・」



 そしてマッカーサー元帥は、天皇に接見して、日本人がその精神、即ち、「魂」を何よりも大切にしていることを、即座に理解したのであります。





       *  *  *

正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

医療法人社団 則天会
http://www.zushi.jp/

NPO法人 ななくさ
http://7793.art.coocan.jp/

有限会社 コンサル長坂
http://7793.o.oo7.jp/
by antsuan | 2015-09-10 07:32 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)