あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:自然・ブルーウォーター・競技( 632 )

デッキで寝そべる

 いま、目を覚めたらしとしと雨が降っている。昨日の日曜日は良い天気だった。久しぶりに船に乗った。沖の岩場で釣り糸を垂れるが、釣れないのでのんびりしたものだ。一人の子供が船酔いになる。顔が青い。仲間の一人は花粉症で鼻が詰まってかわいそう。陸から離れてもダメのようだ。
 遠くでヨットレースをやっているらしい。スピンネーカーと云う追っ手用のカラフルな帆をはらませて連なって走る姿はとても綺麗だ。その向こうのもっと遠くに目をやると伊豆の山々と白い富士山が霞んで見える。また反対側の東の山を見てみると、桜山と古い書物にも謳われた山が、どことなく桃色がかって見える。しかし風は冷たく、まだ咲くまでにはなっていないだろう。
 風が出て来た。船酔いの子供はキャビンの中で寝ている。錨を揚げて早く帰ろう。透き通った海の中に白いロープがよく見える。この海には、サングラスや帽子、錨や三馬力の船外機まで数多くのものを落としている。しかし、またこの場所へ来てしまう。そう葉山の海は最高なのだ。
by antsuan | 2005-03-28 06:07 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(0)

薄緑色の海

朝、海岸通りを走っていたら海の水が薄緑色がかっていた。
 どうしてこういう色になるのか解らないけれども、春の訪れと秋の始まりの時に、逗子・葉山の海の色は変わる。いよいよ海のシーズンの訪れだ。
 早く海に出て、国道134号線の渋滞で出来たスモッグを遠くに眺めながら、潮の香りの空気を満喫したい。沖に出て青い陸(おか)を見るとやっぱり自然っていいなぁと感じる。人間関係のギスギスしたことを忘れて自然の一部になれる。そういう喜びがある。自分は本来、人間嫌いなのだと思う。サッカーや野球など観るスポーツは決して嫌いではないのだが、自分でやるとなると勝った負けたの勝負事に心が疲れてしまうのだ。その点、海は山登りと同じで自分と自然との戦いである。もちろん無理をしなくてもいいのだが、時として自然は牙を剥くときがある。男も女も子供も容赦をしない、その厳しさを克服した時、大きな喜びと幸せを感じる。
 人間、自然との接触が希薄になっていくことにより、理性を失い、人間で無くなって行くのではないかと思うときがある。登校拒否の子供やニートと分類されてしまう大人たちには、もっともっと自然の世界の中に溶け込ませることが、治療の一つではないだろうか。自然の恵み、自然の愛を感じることが出来れば、もう一度人間社会に戻っても生きて行けるのではないかと考えたりする。
 舫いを外して海に出るときのちょっとした緊張と不安、そして、戻ってきて舫いを縛る安堵感。此れが何とも云えない。           右左あんつぁん
by antsuan | 2005-03-20 07:36 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(0)