あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

2017年 09月 22日 ( 1 )

『祖国とは国語』 大和言葉の源を辿ると、古代日本人の世界観が見えてくる。

d0001610_10420688.jpg
d0001610_10421270.jpg
d0001610_10421646.jpg
d0001610_10422194.jpg
d0001610_10422706.jpg
d0001610_10423184.jpg
d0001610_10423610.jpg
d0001610_10424123.jpg
d0001610_10424813.jpg


 このことから、古代日本人は人と草木を同列に見ていたことが解ると思います。

 そして万葉集を見ると、和歌は神様を褒め称えたり恋人に思いを伝える時の特別な形式であって、古代の日本人は、他の文化と明確な違いを象徴するものとして意識していたと推測されるのです。

【大和魂とは子孫を愛する心のことである】


by antsuan | 2017-09-22 12:20 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)