あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

2017年 09月 02日 ( 1 )

子供たちは逃げなさい。女たちも逃げなさい。

 8月30日に発信された上野動物園の公式ツイッターが評判を呼んでいると云う報道があり、わたしも立ち寄ってみました。
d0001610_13504692.jpg

 子供たちは現代の人間社会に息の詰まってしまうことが多くあると思います。その"逃げ場"として動物園を指定した所が都会ならではの発想と云えるでしょう。

     『叱られて』


 人間社会にはいろいろな形態があります。家庭は小社会です。国家は大社会です。その大社会で活きる道について、明治女大学には次のように記しています。

 ・・大社会に対する道は種々ありと雖も、この主なるものは、正義と博愛となり。正義とは、我れ、他人の生存及び福利を侵害せず、又、他人をして、我が生存及び福利を侵害せしめざるを云う。博愛とは、さらに、進んで、他人、あるいは社会・国家の福利を増進するを云う。
 如何なる事も、如何なる徳も、正義に基づかざるべからず。

d0001610_14445981.jpg
 占領軍が、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)によって、真っ先に日本人の頭から消し去ろうとした言葉は「正義」です。

 今日、九月二日はマリア・テレサ山路鎮子元清泉小学校校長先生が帰天された日であります。と同時に、日本が戦艦ミズーリ号の艦上にて降伏文書に調印した日です。

 ですので、わたしはこの日を『正義と博愛を考える日』にしたいと思います。


[「祈りとは自然との対話」 こころで尋ねれば こころからの答えがもらえる]
by antsuan | 2017-09-02 13:58 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(10)