あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

2017年 03月 05日 ( 1 )

月月火水木金々の日々を過ごしています。

 昭和天皇の終戦の詔「耐え難きを耐え、忍びがたきを忍び・・」とは、こういうことだったのかと身にしみて感じる日々を過ごしています。

 自分の思い込みによる正論によって、どれだけの仲間を傷つけてきたことか・・。しかし、真理を曲げるわけには行きません。それは祖先を裏切ることになるからです。

 幸いに、わたしの信念を理解出来なくとも、付いてきてくれる家族が居ます。有り難いことです。本当に。

 
d0001610_16213616.jpg

 先週の金曜日に東銀座に行ってきました。仕事が終わったらとんぼ返りの時間のない一時でしたが、久しぶりに銀座の空気を吸ってきました。


【大和魂とは子孫を愛する心のことである】


by antsuan | 2017-03-05 16:22 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(0)