あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

非売品のカセットテープ

 もう記憶が薄れてしまって定かでないのだが、この非売品のテープはこの女学校の卒業生だった母の下に送られてきたものだと思う。古い録音でもあるせいか音は余りよくないけれども、何十回となく聴いた。
d0001610_1062841.jpg

d0001610_1073629.jpg

d0001610_1712582.jpg

 この小沢征爾指揮の校歌はまるで歓喜の歌のように聞こえる。三人姉妹の母はここに通い、ここで歌っていたのだ。だから小沢征爾のことが話題になるたびに母のことを思い出し、この歌を聴きたくなるのだ。
by antsuan | 2009-06-19 10:28 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9879537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2009-06-19 22:37
会社経費の件でちょっと立ち寄って(笑)、深く立ち止まってしまいました。

この建物が、私が通っている頃、高校生向けの売店になっていて、小学校から帰り道を外れて、雑木林をぬけてロシアケーキを買い食い(もちろん小学生は禁止)したところであるか、ずーっと考えています。
私が通っていた頃はこういう木造の校舎が木立の中に点在して残っていました。きっとお母様もそういう中で学ばれたに違いありません。
この校歌は初めて目にしました。

そしてもうひとつ森山直行さんの「さくら」という唄
丘の上からというくだり、お母様も体験なさったに違いありません。
川沿いに桜が咲き、池の横に坂道がありました。
桜はきっとお母様の女学生時代もそれはそれは見事だったと思います。
初夏には池にいっぱいに睡蓮が咲いたものです。
もう40年以上前の思い出です。
お母様が通われたのは何年くらい前でしょう。
Commented by antsuan at 2009-06-20 06:58
・ミキさんのところのコメントを読んで、ひょっとしてshinn-lilyさんの声がこのテープに吹き込まれているのではないかと思って、みみずすましさんのところで誘導尋問をしました。(笑)
 母が在籍していたのは昭和十四五年あたりではないでしょうか。やはり合唱部に所属していました。女学校の校歌はもう歌われていないのですね。当然と云えば当然ですが、やはりさびしい思いがします。
 母はリンクした写真にもあるように、当時は中原と呼んでいた今の世田谷代田の近くに住んでいて、一番楽しかった時代を過ごしたようです。女学校時代の思い出と女心をいろいろ聞かせてもらいました。
 お立寄り有り難うございます。
Commented by antsuan at 2009-06-20 07:20
・shinn-lilyさん、追伸です。
写真をクリックすると大きくなるので読めると思いますが、成城学園の校歌は昭和五十二年収録とあります。合唱団に所属していたのならこの記念公演の時に参加されていたのではないですか。また、このようなテープかCDはOBのところには送られてきていないのでしょうか。音が劣化しないCDを手に入れることが出来たらと思っています。
Commented by shinn-lily at 2009-06-20 22:26
追伸への返信♪
ふたたび、お邪魔します。
はい、大きくして、つらつらとみておりました。
私は大学1年の時1年間だけ合唱部に所属し、2年からは美術部に転部しました。
卒業後、OB/OGの合唱サークルがあることは知っていて、参加したいなとは思っていましたが、当時は余裕がなかった・・というわけで、このカセットの存在を今回初めて知りました。お役にたてず残念です。
お母様のご在籍から考えますと、丁度大正15年生まれの母と同じ年代かと、ですからわたしの小学生時代からも20年位の在籍差がありますね。
女学校時代を成城で過ごされたお母様はantusanさんがテープからききとられたように世の中がどうあろうと、おおらかな良き学生時代であったはずです。
私の小学校時代も私の人生の中の宝物ですから。

なお、成城学園の校歌の方はテープを聴かなくても今も聞こえてきます。
巧妙な誘導にまんまとひっかかり(笑)、よかった!
懐かしい思い出と出会えて感謝です。
     P.S.訂正→森山直太郎
Commented by antsuan at 2009-06-21 07:04
・叔母が二年前に成城に行ってみたら何から何まで変わっていて、面影すら残っていなかったそうです。あの当時は学年で皐月とか百合とかシオンなどと云っていたようなのですが、大学ではそんなことないでしょうね。母は皐月で、宝塚でも定番の「リラの花咲く頃」が学年の持ち歌だったようで校歌よりもこちらの方を口ずさんでいました。
 こちらこそ、母の思いでの接点が出来て感謝です。有り難うございました。