あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

流行性感冒 新型だからってどうなの?

 マスクというといつもなだいなだの奥さんのことを思いだします。そのことは前にも書いたので省略しますが、今回の新型インフルエンザの騒ぎで、学校を休校にしたり、銀行の職員が全員マスクをしているのを見ると、もんぺや国民服の着用を強要された時代の体制となんら変わっていないのではないかと、薄ら寒くなります。

 インフルエンザなんて言わずに流行性感冒といえば、鳥から感染しようが、ブタから感染しようが、流行るのが避けられない病気だということが分かるでしょう。

 マスクをするのは大いにけっこうなのですが、ただでさえ無表情な日本人が口を塞ぐマスクをすると、まるで機械人間が動き回っているようで、不安が増長されるのは私だけなのでしょうか。また、こんな無意味なことを平気でしているのをみると、人間は二十世紀からまだ一つも進歩していないのではないかと思ってしまいます。
 
 そう言えば、世紀末にはウインドウズの二千年問題というのがありました。情報に振り回される現代社会の人間は、古代人よりもよっぽど愚かになっているに違いありません。
   
危機対応徹底に追われる 銀行や企業、イベント中止も

 兵庫県、大阪府での新型インフルエンザの感染拡大を受け、大手銀行や企業は対応を一段と強化し、対応に追われた。

 銀行は通常、感染が深刻化した場合に行員を自宅待機にしたり、他店から応援を呼ぶ交代勤務などの対応を取ることが危機対応のマニュアルで定められている。18日に行員の感染が確認された三菱東京UFJ銀行もマニュアルに基づく措置を講じた。みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行なども応援要員の確保についてチェックするなど、感染拡大を防ぐとともに営業に支障が生じないように懸命だ。

 ライオンは大阪府と兵庫県で開催予定の会議や消費者向けイベントを原則、中止することを決めた。ダイハツ工業は、子どもが通っている学校が新型インフルエンザで休校した場合、上司に報告、相談の上で有給休暇を取得するようにした。

2009/05/18 12:28 【共同通信】

        2009/05/18 20:04 【共同通信】の記事の写真
d0001610_4282836.jpg

by antsuan | 2009-05-19 04:43 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9745870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 好都合な虚構 at 2009-05-19 11:13
タイトル : 世の中、変わった!   
50代半ばだったある年の1月3日、正月らしく朝酒をやろうとしたら何となく熱っぽいのです。測ってみたら39度。私の平熱は35.5度前後なのでかなりの高熱に感じます。慌ててベッドに入りました。 意識が戻ったのは6日の朝でした。人事不省になっていた3日間の最高体温は42度だったそうです。家族が手分けして近隣の病院に入院を申し込みましたが全部満床。「年齢順です!」とニベもなく断られたというのです。 この「季節性インフルエンザ」により、人口14万弱のあの都市で200人を超える、主として高齢者...... more
Commented by convenientF at 2009-05-19 07:02
>もんぺや国民服の着用を強要された時代の体制となんら変わっていないのではないかと
>流行性感冒といえば、
>こんな無意味なことを平気でしているのをみると、人間は二十世紀からまだ一つも進歩していないのではないかと
>世紀末にはウインドウズの二千年問題というのがありました。情報に振り回される現代社会の人間は

以上、同感!
Commented by antsuan at 2009-05-19 10:04
・どんどんコワイ時代になってきたように思います。
convenientFさん、昔を知る者が、不幸を経験したことの無い、お坊ちゃん政治家に振り回されてはいけないと思うのです。これが有識者のやることかってあざ笑ってやりましょう。
Commented by anthonbergdk at 2009-05-20 04:52
いやー、外国からインフルエンザAが来ると思っていたのか、空港で完全チェックをしていたのに渡航歴ない人から出ちゃって、しかも世界4番目に患者数が多い国になってしまってなんと言うか予防方法がズレてる?
しかも学校休校にしてもみんな遊びに出てるらしいし。何のためにお祭りやイベント中止にしているんだかでしょうね。
上の写真怖すぎ!下の子寝てません?(苦笑)

インフルエンザって生きている以上マスクしても感染する可能性があるし、空気感染の可能性のあるウイルスは100%防ぐ事が不可能だという知識を持った上で予防しないと、マスクしていた人が感染したらまた『原因』探しに力入れちゃうんでしょうね…。
友達が『インフルエンザだけどAじゃなかった、ラッキー!って話じゃないだろ?どっちも病気だって!』と言ってたけどそうだよね。日本人はみんなと同じ事していないと不安なんですよね…。
Commented by antsuan at 2009-05-20 05:10
・anthonbergdkさん、情け無いの一言。防疫の概念が十九世紀のままの我が国です。
Commented by みみずすまし at 2009-05-20 07:52 x
新型はきかんぼう(笑)

僕住む地なんて早々と県教委が修学旅行中止にしちゃって、日本中から責められて撤回。
なのに行ける旅行先がなくなっちゃったじゃない。
該当する小中学生がかわいそうだわん。
Commented by gabefunyaa at 2009-05-20 09:30
流行性感冒で大騒ぎしてるのですが
ちょっと待った!!
麻疹のほうが、今回流行しているタイプより致死率高いし、
ワクチンの接種率が低くて日本が麻疹の流行の発生源になっている
ってことがすっかり忘れ去られているのが怖いです。
昨年から始まった(ようやく他の国と同水準!)2回目の麻疹の予防接種の必要性が忘れ去られそうで・・・。

兵庫・大阪は学校休校ですが、・・・人の行き来のある奈良・京都は休みではないんですよ。
(学校の所在地できめられているから、上が奈良県の学校に通っていて
下が大阪府の学校なら、同じ屋根の下で生活していても、学校に行くものと行かないものがいる、という変なことになってます)
例年の季節性インフルエンザでは、兵庫県の公立高校は(40人中10人が欠席しようとも!)学級閉鎖すらやってないので、対応の余りの落差にちょっとあきれているところです。
Commented by yuuko-11 at 2009-05-20 10:43
毎年のインフルエンザも今のようにすればいいってことかな?
他の地域の発表はいつなんだろうかなと
(だって、兵庫・大阪だけって、どう考えてもおかしいかと…)
で、こちらでも、マスクが売り切れ状態でつ。
Commented by antsuan at 2009-05-20 19:47
・みみずすましさん、こんなに大騒ぎしてネズミ一匹じゃないですか。これを風評の被害と云わずして何を云うですよね。

Commented by antsuan at 2009-05-20 19:47
・gabefunyaaさん、日本の医学会も地に落ちていると云うべきでしょう。
麻疹しかり、エイズしかりです。
この様な混乱を起こさないために、専門の研究者がきちんと責任ある声明を出さないといけないのだと思います。

Commented by antsuan at 2009-05-20 19:47
・yuuko-11さん、そうそう季節性とかいってるけど、毎年、新型になっているのがインフルエンザであり、そのために新しいワクチンを毎年作っているんじゃないですか。

ワンちゃんを見て「オオカミが来た」と云っているようなもんです。