あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

信用保証協会はえらい

 楽しみにしていた党首討論は民主党代表の小沢さんの突然の辞任表明によって中止になったようですが、次の代表が決まるまでは小沢さんが代表でいるわけですから、遠慮しないで堂々と党首討論をすればよいのにと思うのですが、やはり、あそこの世界は魑魅魍魎の住むところなのでしょう。次から次へと不可解なことが起こります。

 さて、そのようなわけの分からない行政のお陰で、我々の住む社会も随分とおかしくなって来ました。何とか安定した経営をしたいと、今日は、銀行の担当者と一緒に県の信用保証協会に相談に行ってきました。
d0001610_19264692.jpg

d0001610_1927122.jpg

d0001610_19272291.jpg

 信用保証協会というところは横文字で云うリスクヘッジをしてくれるところです。つまりこちらが銀行からの借り入れを返済出来なくなった時、その肩代わりをしてくれるのです。バブルが弾けて当の銀行経営がおかしくなり、貸し渋りが横行する中で何とか頑張って来れたのも、この信用保証協会が支援してくれたお陰でした。

 政府系の金融機関にも助けてもらいましたが、最期は貸し剥がしや融資打ち切りの憂き目に遭いました。それを考えると、もう公的金融機関なんていらないと断言出来ます。

 資本自由化やビックバンは間違っていたというけれど、我が国の場合は、郵貯や政府系金融機関が幅を利かせて民間銀行の手足を縛っていたからこそ、証券会社、投資銀行の暴走を許したのです。そこのところをしっかりと認識しておかないと、我が国の産業は資金不足のためにどんどん衰退してゆくでしょう。
by antsuan | 2009-05-13 19:30 | 政治・経済 | Comments(3)
Commented at 2009-05-14 08:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-14 08:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by antsuan at 2009-05-14 19:01
・鍵コメさん、h 入れたら見れました。(*^_^*)
とってもムードがあっていいじゃないですか。
あの暗がりのムードが何とも云えません。(笑)

今日、実は三十五年ぶりに卒業した大学の沼津にある校舎に行ってきました。そこの図書館ではちょっと甘酸っぱい想い出があるのですが、図書館の暗がりにはご用心を。半分マジですよ。(笑)