あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「昭和の日」でしたね

 庭の草刈りをして、くったびれてしまいました。でも、次男も手伝ってくれたので一遍に終わり、ホッとしているところです。
 
 四月二十九日は、昭和の日というよりも天皇誕生日といった方がピンとくる年代ですが、恐らく昭和初期に建てられたであろうこの建物も、この葉山の海風にさらされてだいぶ傷んで来ました。しかし、私の生きているうちは、まだまだこの姿でいて欲しいものです。
d0001610_18384915.jpg

d0001610_18383453.jpg

by antsuan | 2009-04-29 18:37 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9660960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukiwaa at 2009-04-29 20:50
前栽のある家は少なくなりました。
縁側もあって、昔の人の近所付き合いはこの場所がしていたのかと思いました。日向ぼっこもできるし、人生が豊かに熟成していった家・・と言う感じですね。何時までもこのままで、楽しんで下さい。
内障子もいいですね。時間がゆったり流れるようです。
Commented by みみずすまし at 2009-04-29 23:08 x
庭のある家で夫婦仲良くすることを夫婦善哉。
                 ↑↑
yukiwaa さんの言ってる前栽の意味がわからなくてググった結果の苦しいシャレでごんす。
Commented by nakanokeiichi at 2009-04-30 07:25
張り替えられた 板は浸透性の防腐防虫撥水塗料を塗られたほうが よいと思います  ほんまは全部洗って塗装したほうがよいのですが 莫大な金額になるので。
Commented by antsuan at 2009-04-30 10:05
・yukiwaaさん、こうやって写真を見ると、そこに祖父や母がいるようです。本当に、時間がゆっくり流れる空間なのです。
私もみみずすましさんと同じくクグってしましました。(苦笑)

Commented by antsuan at 2009-04-30 10:05
・せっかく趣のあるまま残そうと思っているのに、子供たちが、サッカーをやったりバッティングの練習をしたりして、次から次へと壊していきます。(TOT)

Commented by antsuan at 2009-04-30 10:05
・うちは、もうそこら中が穴だらけ。
nakanokeiichiさん、本当は板の方までは手を付けないつもりでいたのですが、材木屋をやっている友人が見かねて、売れないからっといって節目の多い木材を提供してくれました。
Commented by chiyoko1960 at 2009-04-30 14:59
先日、国際展示場でリフォーム展のようなものを見てきました。やはり、機能重視の「アフター」よりも昭和らしい「ビフォー」のほうに心が吸い寄せられて、展示場の方の顰蹙を買いました。そういえば、私が生まれた家にもあったなあ、縁側の下に大きくて平らな石(名称がわからない)。
Commented by cazorla at 2009-05-01 07:09
窓の広い家 いいですね。
庭に面した所もあけっぱなしにすれば しっかり風を呼ぶ。
日本の家ですね。
こう言う家を今も作っていくべきですよね。
夫婦善哉。
Commented by antsuan at 2009-05-01 08:22
・chiyoko1960さん、縁側があると身も心ものんびり出来ます。そういう昭和のサイクルにまた戻りたいです。
Commented by antsuan at 2009-05-01 08:22
・カソルラさん、スペインでは道路側に窓を設けないとか。
この時季、庭の朝露に濡れた草木の香りが何とも言えません。高原ほどではありませんが。
夫婦善哉にはほど遠く、ここで子どもたちとバトルを繰り返しております。(笑)
Commented by cazorla at 2009-05-01 19:20
スペイン 道路側にも 窓つけますよ。
窓ないと なんだか 美的にも変ですもん。
でも古い家は 暑さ寒さが入らないように 窓は小さめです。
湿気がない国の 対処法です。
でも 窓が大きいほうが開放感があっていいですね。
Commented by antsuan at 2009-05-01 20:40
・カソルラさん、治安の問題でスペインは中庭のほうに窓を着けて道路側にはなるべく窓をつけないと、聞いたことがあります。昔のことなのでしょうね。

 窓に、夏は陽が入らず、冬には射し込む、この庇の長さに感心しています。
Commented by cazorla at 2009-05-01 22:30
いえいえ 昔であれば なおさら 治安はよかったので 窓はありました。
うちの家だって 三百年前の家ですから。
昔は ドアもあけっぱなし。
良い時代でしたね。
Commented by hanaco at 2009-05-02 00:24 x
写真みてて、思い出しました。
窓拭きしなくちゃ・・・!!!
連休前半、すっかり忘れていました。
今日、家庭訪問があって、先生とお話ししている間に、
フト、窓を見たら、あ゛~!やるの忘れてる・・・!

山形は春になると、急に、外が明るくなって(晴れている日が多くなるということ)窓の汚れが目立つようになるんですね、冬の間は、全然気がつかなくて・・・。そして、雨戸と言うものがないんです、この地方。だから余計に汚れが目立つ。

あんつあんのお家、とても大切にされているんだなぁと、思います。たくさんの思い出がつまっているんでしょうね。
Commented by antsuan at 2009-05-02 09:52
・カソルラさん、
そうか、そちらの方がずっと治安が良かったはずですよね。

そうそう、昔は玄関なんか何時も開けっ放し。だから押し売りも入ってこれたんですよね。本当に昔の方が良き時代だった。次の世代にはそういう良き時代に戻したいものです。
Commented by antsuan at 2009-05-02 09:52
・ハナコさん、変なことを思い出さないで。 うちも春の嵐で、窓だけでなく廊下も畳も汚れてしまいました。きっと掃除の手伝いをさせられるだろうな。(笑)