あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

寮歌集

 今は殆ど歌われなくなりましたが、昭和の時代までは、寮歌なるものをまだ懐かしく歌っていたものです。「嗚呼玉杯に花うけて」や、「春爛漫の花の色」の寮歌は有名ですが、実はこれ、毎年、学園祭というか紀念祭の時に創られ披露されていたようなのです。そして、寮は東西南北中の五寮在って、それぞれの寮生が寮歌を作っていたらしいのですが、祖父も一高時代に寮歌を作っていたことが、この寮歌集をめくってみてわかりました。
d0001610_19164263.jpg

d0001610_19165490.jpg


        祖父が作詞した寮歌
d0001610_1917611.jpg

        嗚呼玉杯に花うけて
d0001610_19171893.jpg

        春爛漫の花の色
d0001610_1921957.jpg



 この寮歌集、昭和十五年のものなのですが、もう著作権が消滅しているのならば複写して本ごとブログに保管してみようと思うのですが、どなたか著作権に詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
by antsuan | 2009-04-27 19:20 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9652721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by convenientF at 2009-04-28 04:37
著作権については、日本もアメリカも死後50年が原則なのですが、現代ではレコード会社その他の作者以外の権利者が絡んでくるので単純ではないようです。

旧制高校卒業生が毎年沖縄に集まって「寮歌祭」をやってますよ。
Commented by antsuan at 2009-04-28 09:23
・convenientFさん、有り難う御座います。
これだけ情報通信技術が自由化されているんですから、著作権ももう少し自由化して欲しいものです。

まだ、寮歌祭をやっているんですね。座布団帽ももう見なくなってしまいましたが、伝統として残して欲しいと思います。
Commented by convenientF at 2009-04-29 03:16
物凄い経歴の爺様たちの中には制服制帽をまだ持っている人がいるようですよ。写真を見せて貰ったことがありますが、可愛い。

皆さん軍歴があるから軍靴もうたいますし、兵隊たちが隠れて歌っていた反戦歌、猥歌も...
Commented by antsuan at 2009-04-29 07:12
・理想とか夢を歌っている中にも、赤裸々な現実をしっかり見詰めているのが、読み返してみてよく分かります。 
convenientFさん、やっぱりあの時代のほうが今よりもっともっと温かい人間味があったように思うのです。