あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

法は偏って行使してはならない


 法律を偏って施行したならば、それはもっとも凶悪な犯罪といえます。そしてまた国会議員を民間人のように簡単に逮捕出来ないようになっているのは、国会議員、つまり政治家は市民から選ばれた公の人であるからです。

 民主党代表である小沢代議士の秘書を逮捕し、代議士事務所に警察が踏み込んだと云う行為は、議会制民主主義における政治制度を踏みにじる、国家の大犯罪です。官僚独裁政治の腐臭がします。

 市民一人ひとりは弱いから政党と云う団体を作り、代議士を選出して議会による政治統制を行う、それが議会制民主主義制度なのですが、いまや欠陥だらけの政治制度です。もう情報化時代の今日には不適切です。

 二十一世紀の今日、我が国民は、読み書きの出来る教育を受け、かつ自己判断の出来る情報収集手段を持ち合わせているのですから、これからは、国民一人ひとりが直接議決する直接投票制度を取り入れるべきです。



 という提言を、私の支援する国会議員に送りました。今は、電子メールで気軽に提言出来る時代なのです。
by antsuan | 2009-03-27 08:56 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(2)
Commented by みみずすまし at 2009-03-28 19:18 x
検察への抗議じゃなくて、代議士への提言とするあたりにあんつぁんの冷静さを感じます。
Commented by antsuan at 2009-03-28 19:59
・社会問題を個人の問題として誤魔化すのが検察の狙いですからね。
みみずすましさん、ここは本筋から外れないように充分気を付けないといけません。