あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

洋上追悼式

 自然を愛し、海を愛し、ヨットを愛した「ひなの」のオーナーの洋上追悼式に、船で参加してきました。

 葉山から千葉の富浦まで、以前の全長八メートルの「しおかぜ」では六時間かかりましたが、今度の「バレリーナ I I (舞姫)」は全長九メートルですので、悠々四時間で行くことが出来ました。

 油壷の手前でフルセールで富浦に向かって行くのを見付けた、一緒に参加する予定の「第一花丸」ですが、あっという間に引き離され見えなくなって、先に港で「ひなの」と岸壁に並んで待っていました。

 まもなく、その港から「ひなの」と「第一花丸」が出て来て、いよいよ式は始まりました。時折雨がパラつく風の強い天気でしたが、「ひなの」にとっては大したことのない風です。そうです、この雨は涙雨なのです。

 別れはやはり寂しい。しかし、海を知っている者の別れは潔が良いのです。洋上で献杯し、花を投げ、汽笛を鳴らしてお別れをしました。

 式は無事終了し、港に戻る「ひなの」に別れを告げて、再び東京湾を横断し、向かい風になった冷たい北風のしぶきを浴びながら戻ってきました。まるで、海の洗礼を受けたようです。

d0001610_20131427.jpg

d0001610_20132719.jpg

d0001610_2015613.jpg

d0001610_20145499.jpg

d0001610_20151888.jpg

by antsuan | 2009-03-08 20:17 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(4)
Commented by eWIND at 2009-03-09 23:20 x
「ひなの」のオーナーに心から哀悼の意を表します、別れは淋しいけどあの世で見守もっててくれるかもしれませんね。
鐙摺でも去年は4人の仲間が逝きました。
Commented by antsuan at 2009-03-10 07:04
・eWINDさん、本当に寂しいです。でも海に出た時に、先に逝った方々と会えるような気がします。
Commented by つーせ at 2009-03-10 18:56 x
ありがとうございました。。。。。
モノトーンの写真が私たち皆の気持ちを表しているようです。
献杯用の一升瓶を手渡すことができず、残念でした。
Commented by antsuan at 2009-03-11 13:22
・つーせさん、それは残念。もっとも、本人も我慢したことですし、こちらもちっとは我慢しないと怒られますね。(笑)
海に出る時、見守られているかと思うと、心強い気持ちになります。
ご冥福をお祈り申し上げます。