あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「許す心」ではなく「許し合う心」

 日本人は長い歴史の中で「許す心」の大切さを理解している数少ない民族だと思います。しかしながら、この「許す心」即ち寛容であることの大切さを理解出来ない人々に対して、充分に説明しないと、相手の驕る心を助長し、それがために、また新たなる争いの火種にもなることを、心に留め置く必要があります。
 
 敢えて言えば、「許す心」ではなく「許し合う心」を身に付けるべきなのです。したがって、相手の我が侭な態度を許すことは、共存するという「許す心」の目的から外れた、危険な行為であることに注意しなければなりません。

d0001610_17102724.jpg

    讀売新聞朝刊より 新聞欄をクリックすると読みやすくなります。
by antsuan | 2009-02-02 07:52 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9279677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。