あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

アメリカの再生に必要なもの

 今日のラジオで、寺島実郎氏がオバマ新大統領のアメリカ再建政策について述べていました。その中で寺島氏は、オバマ大統領のやろうとしているグリーンニューディール政策にしろ、自動車や電気、その他のあらゆるアメリカの産業の再生には、我が国の技術協力なくしては何一つ出来るものはないと断言していました。

 つまり、アメリカの再建には日本を無視しては出来ないのです。オバマ新大統領はそのことを好く理解しているのでしょう。就任演説のなかで、祖先が戦った戦場をいくつかあげていますが、その中に日本と戦った戦場の名前はありませんでした。また戦った相手についても、ファシズムとか共産主義との戦いに強固な同盟関係があったと述べ、日本を敵国であったことを暗に否定しています。

 このように、いままでの大統領が上からの目線で評価していたのと違い、同盟国としての日本を、オバマ大統領は弟の目線で頼りにしていることが伺えます。この人種差別を克服したアメリカ合衆国に対して、平和を希求する我が国は何をすべきか。いままで以上に、国際社会に貢献する意義を考えるときが来ているようです。
by antsuan | 2009-01-23 23:10 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9241646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2009-01-23 23:54
よくわかりました。
分からない人は多いかもしれませんけど。
Commented by antsuan at 2009-01-24 12:18
・HOOPさん、あの就任演説は日本国民にも訴えかけているように思えるのは私だけでしょうか。