あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

集団的個別指導??

 健康保険制度って、世界に誇れる制度ですか。

 厚生労働省の地方部局である関東信越厚生局より、医療機関の管理者、開設者に直接指導するので集まれと云う、集団的個別指導の通知が来たので、訳の分からないまま横浜へ出かけてきました。集団的個別指導って何なのでしょう。こんな言葉聞いた事がありません。

 会場に行って聞いてみると、案の定、規制強化のお達しでした。社会保険庁が解体された嫌がらせのようなものだと考えます。「会計検査院からいろいろと無駄を指摘されたけれども、それは医療機関が不適正で不正な保険請求をしているためだ。世界一の保険医療制度をぶち壊して困るのはお前たちだぞ」と、まぁ、こんな感じの有り難くないお話でありました。

 しかし、ほんとうに健康保険制度が誇れるものなのでしょうか。「保険制度が無くなってしまったら、自由診療になってしまったら、お金がなければ病気を治すことが出来ないのだぞ」と言いたいようですが、本当にそうなのでしょうか。

 そんなことはありません。保険制度ではなく、社会主義国のように税金で医療制度を維持して行けばよいのです。お役人がそうはさせじと抵抗しているのは、この健康保険制度の特別会計という美味しい蜜を手放したくないからに違いありません。国民の皆さんは、この辺のからくりに騙されないようにしましょう。


  横浜桜木町のみなとみらい地区は、不況など関係無いかのような賑わいです。
d0001610_1424822.jpg

d0001610_14242454.jpg

by antsuan | 2009-01-15 12:39 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9204173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2009-01-15 16:00
一般 国民としては 越えられない壁 なんですが・・
Commented by antsuan at 2009-01-15 16:43
・保険料を払っているのは国民一人一人なんですから国民に越えられない壁なんてあるんでしょうか。
道路特定財源の一般会計化のように、今の健康保険料を、医療目的税として徴収すればいいだけの話です。そうすれば、国民健康保険料は税金となり未納者は殆どいなくなるでしょう。
nakanokeiichiさん、厚生省が金を集めているから国民の医療に使わず、官僚が不正をするのであって、厚生省はただ予算を執行する機関として存在すればよいのです。
Commented by Emitan at 2009-01-15 17:58 x
私が現役で歯科医業をして居た時、保険の評価がドイツの5分の1でした。手を抜けば、抜くほど収益が増えるシステムで、勉強すればするほど、手抜き出来なくなる様でした。私は最善以外の治療をしたく無かったので、アメリカ基準の診療レベルと治療費を設定して、保険にとらわれない治療をしていました。ちまたでは歯科医師(ハカイシ)破壊師と言えるほどお粗末な処置が横行していました。どうせ保険だからと言いながら・・勉強していない人は知らないから悪い事していると思って居ないようでした。遠い昔の話です。
Commented by nakanokeiichi at 2009-01-15 18:18
でも キャプテン 
 派遣のコトでも そうなんだけど
  だれかが 国民健康保険料不払い運動 派遣切りの企業不買運動
など 付いて行ける街道の門を開いてくれないと どうにも・・・ですよ。
Commented by antsuan at 2009-01-15 22:32
・Emitanさん、口腔外科名誉教授のうちの院長が言うには、安易にインプラントを埋め込んで、骨まで悪化させる歯科医が後を絶たないそうです。
税法式にすれば解決するわけではありませんが、同じ部署が収入と支出を管理していれば必ず腐敗するのが世の常ですね。
Commented by antsuan at 2009-01-15 22:32
・nakanokeiichiさん、派遣は別だと思いますけれど。
ホテルのドアマンやボーイ、ウエイターなどは、客を満足させることによってチップという報酬を受け取る個人営業の職人(プロフェッショナル)です。派遣はそういう意識を持つべきです。
医師もチップを受け取って良いことにすれば、俄然良い仕事をすると思いますよ。それを認めない保険診療はやはり制度疲労を起こしているのではないでしょうか。
Commented by みみずすまし at 2009-01-15 23:22 x
国保料って「料」という名の地方税なんじゃ?
ある意味一番用途がハッキリしてる税だと思いますし、一番ちょろまかしようがないとも思います。
あくまで、他の税に比べればということですけど。
まあ、だから、そういう意味でのお役所の自画自賛なんじゃ?
でも、いろんな事情のある自治体に対して、対処法が一律というのはいかがなものか?とは思いますけど。

集団的個別指導って、ニュアンスは伝わるけど日本語じゃないなぁ(笑)
Commented by Emitan at 2009-01-16 00:01 x
インプラントの技術より一番大切な歯磨きを完全にマスターして習慣になってもらってから施術すれば可也トラブル回避出来るのですけどね。それに咬み合わせの調整が完全に出来ない歯科医師が現金に走ると悪化するのです。勉強して居ないとは恐ろしい事です。先日以前の医院に訪問したら私が25年前に入れたインプラントが存続している、リコールの患者さんのレントゲンを見る機会に遭遇しました。
Commented by antsuan at 2009-01-16 00:16
・みみずすましさん、税なんだけれども、官僚の意のままに使える「特別税」で御座いまする。それで足りない部分を一般会計に請求していたんですね。
ところが調べてみると、ちゃんと徴収していないことが分かっただけでなく、いろんな名目で自分たちの懐に入れていたことがバレてきました。たとえば、診療報酬改定説明会の講師料や、寺銭と同じ支払い基金の手数料なんてものもある。じつはチョロマカシし放題だったということです。

わざと分かりにくくして仕事をしているふりをしているんですね。
Commented by antsuan at 2009-01-16 08:24
・Emitanさん、歯磨きってそんなに難しいのですか。私の歯はほとんど金属をかぶせていて、そこに食べ物のかすが溜まるのですぐに虫歯になってしまうのです。
素晴らしい! 算盤を気にしなければならない今の保険医療制度では、技術の向上は望めませんね。