あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

国家は何のためにあるのか

岡山の直営病院閉鎖へ=非正規8百人規模削減も—三菱自
                  1月8日6時2分配信 時事通信

*三菱自動車 <7211> が経営する三菱水島病院(岡山県倉敷市)が、3月末で閉鎖されることが7日、分かった。医師不足や診療報酬の改定などにより業績が悪化。昨年11月に8診療科に減らし経営改善を図ったが、施設の老朽化や母体の自動車産業の不況も重なり、閉鎖に追い込まれる。 

 国公立の病院は、固定資産税などが免除されているにもかかわらず、慢性的に赤字運営をしています。このような官製経済のままの医療制度では、技術革新もなければ無駄の排除もなく、良質の医療など望むべくもありません。

 さらに、大企業が運営する病院でも立ち行かなくなってきている現在の医療制度の意味するものは、国民の生命を守る責務の放棄です。国民の健康よりも、道路を造ることを優先する政策は、軍艦や大砲作りを優先した帝国時代の政策となんら変わりません。

 我が国は、財政的には破綻していなくとも、国家理念としては、既に破綻の危機に瀕しているといって良いでしょう。
by antsuan | 2009-01-09 23:10 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(4)
Commented by HOOP at 2009-01-09 23:59
まさに、国家は何を為すべきか、という問題かと思いますが、
道路が無駄なのではなく、
道路に向けられた財源が道路になっていないことこそ、
最大の問題ではないでしょうか。

国家の理念が崩壊しているのではなく、
国家の理念など持っている、ろくでもない人間は
政治家たりえないようにする仕掛けが、どこかにあるのでしょう。
Commented by Emitan at 2009-01-10 00:34 x
武見太郎さんが居た時が懐かしく思えます。もおう骨のある人は出て来ないのかな?医療施設での支払いより薬局での支払いの方が遥かに高額ですね。医術を何と心得て居るのか!でも治療方針は点数表に左右されると言うシッステムは誰が作ったのか?厚生省の役人は仁術と言う言葉を知っているのだろうか?経済的に余裕が無くなると、治療へのさい配も余裕が無くなりますよね!
Commented by antsuan at 2009-01-10 12:35
・HOOPさん、国土対道路の面積比率からすると我が国は世界一だそうです。もうこれ以上道路はいらないでしょう。
法案を官僚に作らせているのが一番いけないのだと思います。
米国のように、予算案といえども全て議員立法にすればよいのですが、議案の提出は二十名以上ではないと受け付けないとか、事務手続きを牛耳っている官僚に好きなようにやられているのが現状で、閣議決定において事務方(官僚)を無視した安倍内閣は、ごらんのように潰されてしまいました。

Commented by antsuan at 2009-01-10 12:36
・Emitanさん、患者さんが望む治療を出来ないなんて本末転倒も酷過ぎます。
医療機関に対する寄付をせめて免税にすれば、まだ少しは持ちこたえることが出来るかも知れませんが、それもやらないとなると、医療機関は民間だけでなく公的なものもどんどん潰れていくことでしょう。