あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

どんぶり勘定だった大蔵省

d0001610_21513044.jpg

 わが国の金融財政は危機寸前だった。
大蔵省においても、東大法学部出身が牛耳っていて、市場経済理論の分かる者が居らず、国債金利の逆ざやで、生命保険会社のように破綻する可能性があったらしい。つまり、バブルが弾けるまで、国もどんぶり勘定で運営していたということだ。

 まだ読みかけだが、わが国の財政を知るためには必読の書のようだ。
by antsuan | 2009-01-07 21:50 | 政治・経済 | Comments(0)