あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

湯たんぽ

d0001610_12401590.jpg


 二十歳を過ぎてからは使った記憶がありませんので、省エネのためというより、懐かしさの余り購入したというのが本当のところなのですが、何十年ぶりかで、湯たんぽを使っています。

 炬燵で暖をとるのも気持ちの良いものですが、この湯たんぽもそれに負けず劣らずに気持ちよくて、どうしてこれを使わなくなったのか不思議です。断熱がしっかりしているマンションや洋風建築の家が一般的になって、セントラルヒーティングが当たり前のようになってしまったからでしょうか。

 それが、去年の原油高騰で、冷暖房の無駄を見直すきっかけになったとしたら、それはそれで良いことではないかと思っています。同様に、世界的な大不況により、あらゆる無駄を見直すきっかけになることでしょう。

 それはまた、未だに一般的なものとして存在している「人を信ぜず力のみを信じる社会」を見直すきっかけともなるのではないでしょうか。資源の無駄、時間の無駄、そして命の無駄。戦争は無駄の極みであることに気付いた我が国が、力を信じるのではなく人を信じることにより、平和を築いていることを、世界に知らしめる良い機会であると思います。

 しかし、武力による収奪国家が近くに存在していることを考えると、人民の集合体である国を信じることは、まだ時期尚早であると云えましょう。湯たんぽでさえ、直接触れると火傷をするのですから。
by antsuan | 2009-01-06 17:34 | 政治・経済 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9163327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みみずすまし at 2009-01-06 23:08 x
我が家も湯たんぽつかってます。
ふーちゃんの寒さ対策に(マジ)
風呂の残り湯を入れてます。
金属製じゃなくてプラスチック製ですけど。
猫に小判ならぬ猫に湯たんぽ。
ちょっと間違った使い方だなぁと思いつつ(笑)
Commented by eWIND at 2009-01-07 00:56 x
クラシックタイプですね、昨年のヒット商品です(でもプラスティック)
冬場はいつも積んでます、無い時はペットボトルで代用しますが冬はこれが一番、湯たんぽも使い方間違えるとやけどしますが死ぬ事はないでしょう
しかし9条が政争の道具に使われてるようでは日本的考え方は世界からどんどん孤立していきます。
シビリアンコントロールと自衛隊改革を国民を交えた上で論議すべき時期がきているのではないでしょうか?
Commented by antsuan at 2009-01-07 07:30
・みみずすましさん、そりぁ最高の贅沢、人間様以上じゃないですか。
こういう応用が医療業界でも通用するといいんですけれどね。

Commented by antsuan at 2009-01-07 07:30
・eWINDさん、今年も宜しくです。
プラスティックのものって、すぐに冷めてしまうような気がして買うのをやめました。
シビリアンコントロールの意味をすり替える事態は、統帥権干犯問題と同じで非常に危険ですね。誰が信用出来るかという判断まで放棄してしまったら、武力を放棄する意味がなくなってしまいます。憲法改正の時が来ていると思います。
Commented by hisako-baaba at 2009-01-07 09:48
温暖化や世界不況で、色々と暮らし方を思い直すチャンスかもしれませんね。
人を信じず力のみを信じる・・・変わって欲しいです。

湯たんぽ、ウチのもプラスティックですけど(当時ブリキを売っていなかった)そんなに冷めません。
でもブリキは懐かしくて、小判型がいい感じですね。
Commented by yuuko-11 at 2009-01-07 15:05
我が家は犬が湯たんぽでつ。
あんつぁんはカミさんたんぽ?
Commented by antsuan at 2009-01-07 17:05
・hisako-baabaさん、やはり教育環境が充分に整っていないところでは難しいと思います。

氷枕と同じで、湯たんぽはあの形でないと。(笑)
Commented by antsuan at 2009-01-07 17:05
・yuuko-11さん、マロンは高待遇なんだ。
湯たんぽを買った理由をお考え下さい。(苦笑)