あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

嬉しい贈り物とえらい出来事


 新潟の親戚から、またお米をいただきました。やっぱり新米は違います。そして、広島の親戚からは、待っていました、みかんです。こちらも店で買うみかんとはぜんぜん違います。どちらも、すぐに無くなってしまいそうです。本物の味を味わえることの幸せに感謝しなくっちゃ。
d0001610_22232117.jpg

 さてさて、水道の検針に来るおばさんが、何処かで水が漏れているようですよと教えて下さいました。どうやら水洗トイレ付近が怪しいと水道屋さんにみてもらったところ、そこだけでは無いとのこと。しかし、場所が特定出来なかったので、何十年ぶりかで縁の下に潜ってみました。
d0001610_22234684.jpg

d0001610_22271149.jpg

 しかし、土は乾いていて水漏れしている様子はありません。年の瀬と云うのに、大掛かりな修理になりそうです。


 こちらは昨日の朝の逗子海岸からの景色です。風が非常に強くて白波が立っていました。
d0001610_22242887.jpg

by antsuan | 2008-12-07 22:33 | 身の回り・思い出 | Comments(6)
Commented by nakanokeiichi at 2008-12-08 11:31
縁の下 潜れますか・・
 田舎の家には 芋倉があって籾殻の中にサツマイモを保存していたのを 思い出しちゃいました。
Commented by antsuan at 2008-12-08 18:02
・ nakanokeiichiさん、増築部分は潜れませんが、古い木造のところは結構余裕で潜れました。電線に古さが感じられます。
Commented by yukiwaa at 2008-12-08 18:28 x
新米・・私も福井から貰いました。地のモノは違いますね。みかんも美味しそう!!
家・・古くなるとメンテがかかりますね。
10年単位で母はしてました。マメでした。昔の人は「おいえ」と言って大切にしたなぁ・・と思います。
Commented by antsuan at 2008-12-08 22:24
・yukiwaaさん、おすそ分けって日本の良い習慣ですね。有り難いことです。
家は一生に一度直せばいいと思っていましたが、二十年に一度は修繕しなくてはいけないようです。
Commented by みみずすまし at 2008-12-08 23:12 x
中野さんのコメ見て「え?」なんですが、縁の下って潜れない場合があるんですか?
我が家の場合は床下収納の開口部から潜れます。
ただ、中腰に歩くにはかなりきついですけども。
しかも無開口基礎なので中はかなり暗いです。

で、で、で、縁の下の力持ちって諺あるでしょ?
それに引っかけてコメしようと思ったのですが(力持ちクンは具体的に何になるのか、みたいな。例えば「束」がそれに当たるのかとか)、こんなん見つけて目から鱗です。
ttp://www.itc-japan.com/htdocs/mt/archives/000538.html
Commented by antsuan at 2008-12-09 10:22
・みみずすましさん、建て売り住宅の縁の下って今じゃ殆ど潜れない造りになっていると思います。天井も低めに造られているし、良く言えばバリアフリーなのでしょうが、靴を脱ぐ習慣が有る日本では、そして湿気を防ぐ意味ではやはり高床式の方があっていると思います。
ま、まさに私にぴったしの諺。でもそれで満足しているんだから良いじゃん。 最初の"h"が抜けてるヨン。