あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ふりがなの勧め

 長男の友達が小学一年生ごろの話。テレビで「ウルトラマン」シリーズばっかり見ているので、父親が心配して「そんなものばかり見ていると頭がパーになるよ」と叱ったら、その子に、「心配しないで、今、世界を平和にするための勉強をしているから」と言われてギャフンとしてしまったとか。

 確かに昔を思い起こしてみると、小さい頃に読んだ我が国の漫画やアニメなどは、世界平和を正義とするための作品が結構多くあったように思います。けっして、活字離れが人間の生き方をあやふやにするものではないと確信するのです。が、しかし、人間の細かい心のひだを理解するには、やはり読書に勝るものは無いとも考えています。

 漫画好きの総理大臣が、漢字を読み間違えてその品格を問われています。とは云っても、「万歳」を"バンザイ"と発音するようになったのは、明治天皇をお迎えしたときに、時の政府要人が今まで"バンセー"と云っていたのを、あらためたのか間違えたのか、"バンザイ"と発したのが始まりのようです。ですから、麻生総理は威厳を持って、「未曾有」は"ミゾユウ"であると、お決めになられたらいかがなものでしょう。幸いにして、いまの本には殆どふりがなが振られていませんから、それを主張するのは可能なのです。

 しかし一番良いのは、公文書や新聞雑誌などのあらゆる文章にふりがなを振れば、小学生でも、外国人でも、平仮名を覚えるだけで活字離れを防ぐことが出来て、本を読むようになり、ひいては人々の心のひだを理解するようなり、結局、それが世界平和に繋がるのではないでしょうか。
 
by antsuan | 2008-12-06 10:41 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/9023170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2008-12-06 12:56
みんなが正しいと読み方を覚えてしまうと、政府要人を識別する方法が一つ減ってしまいませんか?
Commented by みみずすまし at 2008-12-06 13:47 x
「重箱の隅」の頃、オフクロが旧仮名遣いの小説にふりがなをつけてくれたことを記事にしたことがありましたよね。
病床の僕はそれを読んで昔の人の思いにふれました。

>明治天皇をお迎えしたときに、時の政府要人が今まで"バンセー"と云っていたのを
知りませんでした。
マンセーとはもちろん違うんでしょうが、そこらとも関わりがあったりするのでしょうか?
紛らわしいから言い換えたとか。
Commented by antsuan at 2008-12-06 14:51
・ハハハ、HOOPさん、そんなことで政府要人を識別していたらどーなっちゃうんでしょう。それよりかは、もっと威厳があっても良いような気がするのですが。

Commented by antsuan at 2008-12-06 14:51
・みみずすましさん、お母様とそういう触れ合いがあったなんて羨ましい。
ブログでもふりがなをつけてくれると、もっともっと心のひだが解ると思うのですが。ときどき読めない漢字があります。(苦笑)

当時は、江戸の言葉と薩長の言葉と公家言葉が入り乱れて、どれが標準語だったのかはっきりしていなかったと考えています。
Commented by sweetmitsuki at 2008-12-06 19:06
新しいも、「装いも新たに」というように、本当はあらたしいと読むというとかいわないとか。
私も「ベルばら」で歴史の勉強してました。
Commented by antsuan at 2008-12-06 20:42
・「ベルばら」って、フランス革命を軸にした物語だそうですね。何で日本人がと思っちゃいますが、歴史を漫画にするってことも凄いことですね。現代の源氏物語と言ってもいいかも知れませんね。

mitsukiさん、今の総理には、小泉さんみたいに開き直るぐらいの度胸を持って欲しいです。期待はしていないけれど。
Commented by のびぃ太 at 2008-12-07 05:09 x
麻生首相「振り仮名法を示唆」・・・
今年のエープリルフールのうそ新聞の見出しになりそうですね。
でも、4月までもつかなあ。(*^_^*)
Commented by antsuan at 2008-12-07 12:25
・のびぃ太さん、麻生首相の場合、何でもありですね。でもこんなジョークを云っている場合じゃない。(i_i)