あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

江ノ電の駅を通って

 今日が、父の命日だったので家族で墓参りに行きました。葉山から鎌倉へ、海岸まわりの道は気持ちがいいものです。
d0001610_1329336.jpg

       葉山マリーナ前

d0001610_13295158.jpg

       逗子海岸からの富士と江ノ島、波乗りをする人達

d0001610_13301424.jpg

       由比ヶ浜を一望するトンネル ここから鎌倉

d0001610_13303471.jpg

          寿福寺の庭
d0001610_13305222.jpg

          墓地の前の井戸

d0001610_133193.jpg

          墓地の階段

d0001610_13313476.jpg

          和田塚駅の踏み切り

d0001610_1331585.jpg

          材木座海岸の道
by antsuan | 2008-11-30 13:32 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/8994498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by narumimizu at 2008-11-30 20:50
♪彼の車に乗って
と歌ったのは平山みきでしたっけ。
みきさんの赤いチェロキーから由比ヶ浜の水着のおねぇちゃん達を眺めたのは、、、真夏の出来事(笑)
Commented by anthonberg at 2008-11-30 21:45
お墓参りって子供の時は何のために?と思ったけど大人になってから必要だなーって感じるようになりました。でもうちの場合は『お墓』はないのでお寺に行くだけです。うちの父は娘2人には墓は守れないと言ってお寺の納骨集合所?みたいな場所に保管されています。しかも父方の宗派じゃなくて母方の方に入っちゃった。末っ子は本家の墓に入れないと言われていたので、父は母が通いやすいように家から近い母方の宗派に入ったんですよ。おかげで私達もお参りに行きやすいです。私の場合はもう3年行ってませんが(汗)。やっぱり通いやすい場所、というのもその後お参りに行けるかどうか差が出ますよね。
Commented by antsuan at 2008-11-30 21:58
・ナルミミズさん、雪を被った富士山と、水着のおねぇちゃん達と、どっちがいい眺めなんでしょう? (笑)
Commented by antsuan at 2008-11-30 21:58
・外国の墓参りってやっぱり命日に行くンでしょうかね。
anthonbergさん、祖母がお墓をこっちに持ってきなさいと言ってくれたお蔭で、こうやって気軽に観光がてら行けます。(笑)
Commented by anthonberg at 2008-12-01 02:02
お墓参りに行く人ってあんまり聞いた事がないです。命日なんて特にないです。日本のように一周忌や三回忌、七回忌などやるなんてあり得ないです。夫の叔父が2年前に亡くなりましたがお葬式をして、それで終わりでしたよ。(教会での葬儀の後、亡くなった人の家でお茶は飲みますが)あっさりしていますし、残された人達は生きていかなければいけないのであまり泣き暮らさない感じがしてそれはそれでいいのかなぁ、とも思いました。
Commented by antsuan at 2008-12-01 09:24
・anthonbergさん、ここが根本的に違うところでしょうね。
アメリカか何処かは勤労感謝の日だったか何かの日が、先祖を思う日として、墓参りをすると聞いたことがあります。