あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

昔の句

     枯るるなら 一糸纏はぬ 曼珠沙華

     十二月 来てをり熟柿 落ちもせず

              「万蕾」主宰 殿村菟絲子



     喧騒の ガードの下ゆ 秋の風

     踏み石に 一葉残る 散紅葉

 昔、「万蕾」という句会に入っていました。その時の俳句です。
by antsuan | 2008-11-28 21:54 | 身の回り・思い出 | Comments(0)