あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

歴史は曲げられる


沖縄集団自決訴訟、元隊長側が二審も敗訴 大阪高裁判決
 太平洋戦争末期の沖縄で起きた集団自決を命じたなどとする記述で名誉を傷つけられたとして、旧日本軍の当時の隊長らが岩波書店と作家の大江健三郎さん(73)に「沖縄ノート」の出版差し止めや損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が31日、大阪高裁であった。
 小田耕治裁判長は、請求を退けた一審・大阪地裁判決を支持、元隊長側の控訴を棄却した。
 判決理由で小田裁判長は、集団自決について「日本軍が深くかかわったことは否定できず、総体としての軍の強制ないし命令と評価する見解もあり得る」と指摘した。
               nikkei net(07:00)


 
 一個人が命じたかどうかを審議しない裁判なんて。

 声無き声はそのまま黙っていろと言うことなんでしょうな。
by antsuan | 2008-11-01 07:53 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(0)