あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

女心と秋の空 (反省と言い訳の考察)


 雨と涙の違いが分かりませんでした。

 以前の「箪笥のおかげ」では、いろいろなことを言いたかったので、指摘を受けた通り、焦点がぼけてしまいました。もう一つ議論したかったことは「女性への配慮」のことです。ですから、当然あのようなことを書いたら女性が怒ることは計算のうちだったのです。つまり確信犯と云うヤツです。しかし、怒らせるつもりだったけれども、悲しませる気は毛頭ありませんでした。(毛なんてもうとっくにありませんけれどね)

 ところが悲しいと言われて、あの人の涙顔を思い浮かべたら争う気力がいっぺんに失せちゃいました。で、白旗を揚げたのですが、やっぱりこれも言っておきたいなぁと思って、ここに書き足します。

 皆さん女性の方は、私に「女性の気持ちが分かっていない、いろんな女性がいるんだから配慮しなさいよ。そう言われて傷つく女性もいるんですよ」と、おっしゃっていますが、「違いますよ。女性への配慮が欠けているのは女性なんですよ」と云いたいのです。

 男は、女性が百歳になっても女性は女性だと思っています。母親を女性じゃないなんて考える男はいませんよ。ところが、女性は「もうわたし女じゃないの」とか、「とうとう女でなくなっちゃった」とか、わりと人前で言います。おかしいじゃないですか。

 ゲイは女心を持っているから男じゃありません女なのです。「問われし人の知能技術」にも書きましたが、日本人の男が、料亭の芸者や銀座のバーのホステスに会いに行くのは、女性機能があるからでも、女性の能力が優っているからでもありません。女心の豊かな人だから逢いに行くのです。

 ですから、女心を持っている人は、どんなに年取っても、手術をして生理機能を失っても「わたしは女です」と毅然として言ってほしいのです。絶対に言うべきなのではないでしょうか。女性の方こそ、雌の機能を有しているかどうかを気にし、そのことで、女性を差別しているじゃないですか。全く「女性への配慮」が欠けていると思います。女心があれば、どんな身体になろうとも「おんな」と言うべきです。私はそう思うのです。

 そんな論争を女性に挑もうと思ったのですが、やっぱり一粒でも涙にはかなわん。
by antsuan | 2008-10-26 05:44 | 身の回り・思い出 | Trackback | Comments(32)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/8823742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yoshie at 2008-10-26 14:17 x
>やっぱり一粒でも涙にはかなわん。

正体見たり!
Commented by cazorla at 2008-10-26 16:25
太地喜和子さんが はやく あがって 女じゃなくなって良い俳優になりたい と 昔 よく言っていました。 なんか あんなに女ぷんぷんの人が言うと なんかかっこよかったですね。
だから あがって すぐに 亡くなってほんとうに残念だな と思いました。

灰になっても女 ということばもあります。
こう言う時の女は またちょっと違う意味なのかもしれませんが。
女にしてくれる男性の存在もあります。
そんなことを言うとフェミの人にしかられますが
どちらにしても 相対的なものなのかもしれません。

女性の機能って なんでしょう。
更年期というのは たぶん とてもさびしいのだと思います。
毛が落ちていく時と 同じくらいか もっと。
そのさびしさを自虐的に もう女じゃない という表現で
痛めつけながら 慰めているのかもしれません。
気持ちの用意をしなくてはなりませんね。
Commented by antsuan at 2008-10-26 19:27
・ Yoshieさん、 そう、わたしは弱〜い男なんです。おてやわらかに。

Commented by antsuan at 2008-10-26 19:27
・カソルラさん、 男から見ると料亭の女将さんなんて、物凄く色っぽく見えますよ。やっぱり女心の問題なんだと思うんです。
男の私には分からないのですが、自虐的になるほど寂しいものなのでしょうか。それでも、手術をして早くから失ってしまった女性に対して、ほかの女性はもっともっと配慮してもいいと思うのです。
Commented by yukiwaa at 2008-10-26 21:22
今までの、経緯は殆ど読んないので、何をいい訳されてるのか分からないので、少しずれるかと思いますが、女性の更年期のお話ですか・・私も立派に迎えて「女でなくなるのか?」と一瞬は思いましたが、とても楽です。色んな垢が落ちてゆくようで。そんなに、 自虐的に、痛めつけながら認めるようなものではないですよ!少なくとも私はそうです。
夫婦の関係もこの時がお互いが人間らしく認め合い求め合います。とても、大人の関係になるのです。信頼と絆が増します。そして、本当の優しさで相手を見ようと思います。
更年期は第二の青春を迎えたような感じです。大丈夫です。生理的に女でなくなっても、女はおんなですよ!女の心で旦那に接してますから。男も同じ更年期があるのですよ!だから、同じように衰えてゆきます、でも、男も衰えても男なのです。男として女房を見ています。更年期welcomeです。
その後の老化は人が人として通る道ですが脳の海馬が衰えて物忘れがひどくなるのが悲しいです。。。私はそちらの方が悲しいですね。
Commented by cazorla at 2008-10-27 01:01
配慮しないことが配慮ってこともありますしね。
自虐的ギャグって 日本の文化ですよ。 ははっ
心と体が結びついてるから つらい気持ちになるのではないかしら。
それは 論理ではないから。 終わったらそれはそれでいいんだろうけど
終わってないけど 子供は作ってはいけない状態が20年以上続くわけですよね。 それって けっこうきついのかもしれない。
赤ちゃん抱っこするとやっぱ きゅんっ てなりますもの。
論理では 片づけられないことが世界にはいっぱいあります。
失ってないから悲しいこともいっぱいあります。
そんなこと言ってはいけないのはわかってますが。
Commented by hanaco at 2008-10-27 02:31 x
ずっと読み逃げしていました。内容がとても私にとって辛いことだったので。今の発達した医療のおかげで授かった二人の娘です。出産にあたっても多分有能なお産婆さんがいたとしても私か子供のどちらかの命がなかったかもしれません。なので産婦人科の先生は私たちの命の恩人なのです。今その現場を離れる医師が多いのは悲しい現実で、たらい回しのニュースは心が痛くなりました。それから、ブログのコメントのこと。頭で考えて自分の言葉を自分の耳で自分の声として確認し、相手の目を見て伝えることの大切さをあらためて実感しました。指先でキーボードを打って発信される言葉は、受け取る側によっては、書き手の思わぬ方向へ行ってしまうこともあるということ。だから、ブログ上で不特定多数の人にむけて自分の意見を書くことがどれほど難しいかということも。でも、ずっと気持ちはあんつあんと一緒のつもりで読んでいました。とても勉強になりました。また、明日に起こり得るだろうたくさんの出来事を楽しみに、もう寝ます。おやすみなさい。
Commented by antsuan at 2008-10-27 07:34
・ yukiwaaさん、貴女にお会いした時、女として輝いていましたよ。だから夫婦円満なんだと思いました。 ほんとうにモノポールのパンは夫婦円満の味がします。(笑)
Commented by antsuan at 2008-10-27 07:34
・カソルラさん、本当にそうですね。しかし、日本人はどんどん不健康になって行くような気がします。そこのところが心配です。
歳の近い叔母に「三人も子どもを産んでもらって、奥さんに感謝しなさい」って、言われてしまいました。 ちゃんと感謝しましたよ。暗がりでね。(笑)
Commented by antsuan at 2008-10-27 07:35
・ハナコさん、カソルラさんから教えてもらったのですが、本当に日本人は不健康になってきているようです。それを医療人だけでなくみんなで、考えて行かねばならないと思います。 遅くまで起きていて不健康なんだから。(笑)

インターネット回線がまだうまく繋がりません。読み逃げも出来ない状態です。お許し下さい。
Commented by 戻りミミズ at 2008-10-27 09:27 x
僕の主観であることを前置きして。
「私のブログ主義」にあるtoco-luglioさん上のコメントを読んだ印象として、toco-luglioさんはご自分の一連の発言にケリをつけたように僕には思えます。

さて、騒動が起きた要因の中には僕も大きく絡んでるんでえらそうなことは言えないのですが、ブログが荒れたおかげで、あんつぁんの記事(主張)に対して「いろいろ言いたかった人達」が皆黙ってしまう結果となりました。
その人達の沈黙は、あんつぁんの追加記事による説明に理解を示して、納得してのものではないように僕には思えます。

他の人がどう見ているかわかりません。
でも、僕から見て今回の「箪笥のおかげ」シリーズの中で、あんつぁんはどなたの質問にもまともに答えていない気がします。
そこで提案ですが、「箪笥のおかげ質問コーナー」的な記事を挙げたらいかがでしょう?
例えばキリスト教との絡みの件もカタはついていませんしね。
おそらく、今そこにコメントを寄せる人は、表現などの枝葉末節に目を奪われない、きちんとした議論のできる人ばかりだと僕は思います。
Commented by 戻りミミズ at 2008-10-27 09:27 x
あんつぁんは自分の意見を広く投げかけたわけでしょう?
問題提起をしたわけでしょう?
このままで終わらせてしまって、誰かが何かを得ることができたでしょうか?
悲しさと、むなしさしか残らなかったんじゃないかと、僕は思っています。
このままで終わらせてしまうなら意味のなかった記事だと僕は考えます。
ご自分で考えて、説明責任を果たしたと思いますか?

もちろん、インターネット回線がつながりにくいなどの状況もあるでしょうし、月末で多忙な時期ではあります。
ですから、質疑応答のペースはあんつぁんが主導すればいいと思います。
それに苦情を言う人などいないでしょう。
Commented by antsuan at 2008-10-27 09:54
・戻りミミズさん、ご意見、大いに参考になります。が、白旗を掲げたのにそこまで虐めなくても・・。(←すっごい弱気)
こちらも大いに頭に血が上ってしまって、相当な冷却時間が必要と思われます。ブログを閉じる事はしませんが、とても平常心で質問に答えられる自信がありません。それは逃げだと言われればそれまでですが、まぁ、気持ちを察して欲しいなぁ。
Commented by rorie at 2008-10-27 11:30 x
追い打ちをかけるようで申し訳ありませんが、冷静に対処できない可能性があるのであれば、あのような危険なやり方で問題を定義するのは、本当にどうかと思います。
もうお気づきなので、これ以上は必要ないこととは思いますが、この一連の文章が刃となり、傷ついた女性はたくさんいると思います。わたしもその一人です。傷ついたなりに、質問をして、きちんとした答えが得られない。。とてもむなしい気持ちになりました。
医療現場に接し、多くの疑問を持ち、悩みつつその疑問をぶつける女性もたくさんいるかと思います。もしantsuanさんがそのアプローチとして有効な手段をご存じなのであれば、そこから始めていただくのはどうでしょうか。
Commented by antsuan at 2008-10-27 12:25
・rorieさん、
こんなに直ぐ追い討ちが来るとは。昨日の景色のようだ。(笑)
貴女は、私をまともな男だと思って下さっているから、こういうコメントを下さるのでしょう。戻りミミズさんもね。
それは、おおいなる勘違い。右の欄に書いてある挨拶文をお読みではないのですか。私は、みんなが右を向いたら左を向くへそ曲がり、右左(ミギヒダリ)あんつぁんなのです。つまり、女性を無神経に傷つけてしまうバカな男なんですよ。
 質問は受け付けません。問題を提示しましたが、後は、「"全ての女性"が自分で考えろ」と言っているのです。答えはいくつもある。「答えを求めるな」と言っているのです。「"全ての女性"に真剣になって考えろ、そして、自分で答えを出せ」と言いたいのです。
 こんなバカな男に答えを期待する貴女はバカだ。
Commented at 2008-10-27 14:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-10-27 14:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rorie at 2008-10-27 15:16 x
バカでいいですよ。
わたしはよくバカって言われますけど、そんなに気にならないです。本当にバカだからかも知れませんが・・(笑)
antsuanさんの「自分で考えろ」というメッセージに、わたしは「考えてますがな」とお答えしておきます。
「議論がしたい」と、antsuanさんがコメントなどに書かれたことを、わたしはバカ正直に信じていますから。
ひねくれ者も、くるっと横綱アラレのように回りきれば、元通り。そんなものじゃないでしょうか。


Commented by cazorla at 2008-10-27 15:29
わたしがトラバして そのうち記事を書くと思います。
今 色々で なかなかまとまったものが書けないのですが。
そして それにまたトラバしてくだされば 良いかと。
>問題を提示しましたが、後は、「"全ての女性"が自分で考えろ」と言っているのです
 

これでは マチスタって 言われちゃいますよ。
ほんとは 愛妻家で 家では 小猫おやじと呼ばれているのに。
Commented by 戻りミミズ at 2008-10-27 16:44 x
白旗を揚げるってのは降伏ってことじゃまいの?
敗戦国が権利を主張できるとは思えないんですけど(笑)
(↑ここ、ネタにもってこいでしょ?)

まあ、お好きなようにですけど、議論がしたいって言いながら口論だけで終わっちゃったら、これがホントの婦人公論。
キマッタ!と思ってるんですけど、、、ど?
それはさておき、右左あんつぁんの(ミギヒダリ)は、右も左もかえりみないってこととは違うと信じてます。
裏切られたら宣戦布告するかもですよ。

まあ、とりあえずは回線が落ち着くまでゆっくりお休みください。
Commented by antsuan at 2008-10-27 17:50
・鍵コメ2008-10-27 14:45さん、 貴女にも傷つけてしまったのに、この様なご理解を賜り有り難う御座います。
白旗を掲げているのに、休戦協定も結ばしてくれない。ブログを閉じたくなる気持ちよく分かります。

Commented by antsuan at 2008-10-27 17:50
・鍵コメ2008-10-27 14:53さん、男も感情の動物です。そこのところをご理解下さり有り難う御座います。

Commented by antsuan at 2008-10-27 17:50
・rorleさん、私は白旗を掲げているんですよ。それなのにドンパチ撃ってくる。ブッシュだってそんな事はしませんよ。
「議論がしたい」と言ったのがいけないのならば訂正しますよ。「問題提起をしたかった」と。
しかし、何で禅問答しちゃいけないのか、私の流儀で回答しちゃいけないのか。私を教師と思わないで下さい。バカな禅僧だと思って頂ければ、答えをご自分でお探しになる事でしょう。
Commented by antsuan at 2008-10-27 17:51
・カソルラさん、わたしは闘う意欲を無くしているんです。なにとぞお許しを。

それとお願いがあるんですが、横文字の言葉、すっごく苦手なんです。知ったかぶりしたくないのです。マチスタって何ですか。意味がよく飲み込めません。
自分ではいちおう亭主関白のつもり。うちでは、それで許してもらっているもんね。

Commented by antsuan at 2008-10-27 17:51
・あぁ、戻りミミズさんにまで嫌われちゃうなんて。
無条件降伏しろと。無条件降伏って事はブログを閉じて撤退せよというのですか。ヒデーッ。恥を晒しているって云うのに。

宣戦布告!? 心臓が止まっちゃいそー。うちんとこのAED、もうバッテリー切れてるし、心マしてくれる優しい看護師さんもいないし、目の前が真っ暗になってきた。

Commented by antsuan at 2008-10-27 20:19
・戻りミミズさんに質問なんですが、お答えいただけますでしょうか。鍵コメでも、メールでも構いません。
>きちんとした議論のできる人ばかりだと僕は思います。
と、戻りミミズさんがおっしゃったんで考えもせず頷いてしまったのですが、今一寸考えてみたら、本当にそうだろうかと思うのです。
トコさんは、ちゃんと自分の城(ブログ)を公開し私以外の者が攻めて来るのを許したし、素性も明らかにして攻撃してきましたが。今度の方はそうじゃありませんよね。城も公開せず、身元も明かさず、まるでビルの陰から攻撃しているように感じるのですが、こういう人はきちんと議論の出来る人なのでしょうか。
このやり方って、ブログの世界でやってはいけないものの一つではないかと思うのです。

この戦闘から撤退するにあたり、こそこそと逃亡したと思われたくありません。堂々と退場したいと思いますので、ご面倒ですが、レフリー役を引き受けて頂けないでしょうか。
Commented at 2008-10-27 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rorie at 2008-10-27 21:10 x
すみません、わたしのことかと思います。ずぼらなもので、失礼しました。
cazorlaさんのところから来ました。最初に書いておくべきでしたね。

鍵コメにも入れさせていただいたのですが、遠慮のない書き方をしたので、本意とは違う結果になってしまいました。
わたしは、「議論がしたい」というのを、揚げ足をとるようなつもりで使う気ではありませんでしたが、そうとられても仕方がないなとantsuanさんのコメントを読んで思いました。
この議題に執着したのではなく、今まで通り議論をぶつけていくblogであっていただきたいという気持ちで書きました。
いろいろと配慮が足りませんでした。ごめんなさい。
Commented by 戻りミミズ at 2008-10-27 21:52 x
今度の方ってrorieさんのことですか?
と、仮定して話します。
お答えいたします(←この占い師の名前、、、以前教えてもらったのにまた忘れた)

どこかで見かけたブログには、コメントの条件として「必ず自分のブログをリンクしてください」と書かれていました。
僕は、バカジャネーノと思っています。
理由の①まず、自分のブログを持っていない人はどうすればいいのかということ。
②コメンテーターがブログを持っていても、そのブログが特定のテーマだけを扱ってるとします(写真ブログとか)。
その場合、そのブログの存在を教える意味があるでしょうか。
教えられた方も、教えられたことに意味があるでしょうか。
③誰が言ったかなんて問題じゃないと思います。
大切なのはその人が何を言ったかじゃないでしょうか。
もちろん、素性をあきらかにせずに誹謗中傷を行ったとなれば話は別です。
そうなるともう議論の次元じゃなくて、犯罪ですから。
Commented by 戻りミミズ at 2008-10-27 21:53 x
意見交換に素性が関係あるでしょうか。
僕は、2ちゃんねるの、全員が名無しさんというスタイルが好きです。
議論における名前なんて、個人を識別できればいいと思います。
(人生における名前の重みは違うと思いますが)
他にもいくつか思いつく理由はありますが、こんなところじゃダメですか?

逆に、例えば実名で議論をする時の利点は、発言に社会的責任が伴うので安心できるということだけじゃないかと思います。
でもその安心って何だろうと考える時、つまるところ「バカ、アホ」の展開になった時に通報できるということだけじゃないでしょうか。
自分の身の安全を守るということと、その相手と議論が成立するかどうかは、全く次元の違う話だと考えます。

rorieさんは論点を外していません。
主張もぶれません。
立派な方だと思いますけど。
それに、意図的かどうかわかりませんが、タンポンに引っかけたのだとしたらネーミングのセンスもあります(笑)
あんつぁんにバカと言われても笑い飛ばす大きさもあります。
手強いだろうなぁ、、、と(笑)
Commented by antsuan at 2008-10-28 09:26
・rorieさん、有り難う御座います。 あらためて、はじめましてと申し上げます。 矛を収めることに同意していただけたと解釈いたします。私がこの戦いに撤退する理由は、次の二点です。
 鞭声猛々しく、涙の河を渡るつもりはありません。実はあまりの涙の河の深さにがく然と致しました。遅きに失したと悟ったのです。これは医療人も男も一緒になって声を上げなければならないと気がつきました。被害者に声をあげろといっても無理な状況になっています。本日(十月二十八日)の記事にも載せますが、マスメディアも、手遅れではありますがようやく声を上げ始めましたので、様子を見たいと思います。
 もう一点は、管理者自身がバカだ変人だと言っているのに、真面目に付き合ってくれる人が余りに多い事に気がついたのです。そんな変人の方達と同好会を作るつもりはありません。変人は孤独が好きなのです。(笑)
Commented by antsuan at 2008-10-28 09:26
・戻りミミズさん、
私もパソコン通信や電子掲示板を経験してきました。それでブログに辿り着いたのです。
>意見交換に素性が関係あるでしょうか。
ブログと電子掲示板にはこの違いがあると思うのです。ブログはご存知のように個人の公開日記の要素を持っています。ですから、そこにコメントする人は他所の家に伺うときと同じ心得を持つべきだと考えます。
しかし、レフリーをお願いしたわけですから、不服ではありますが決定には従います。撤退はしませんが矛は収めます。東京裁判は認めないが、判決には従うというのと同じです。あとはバンザイ突撃しかないなぁ。(笑)